ITコンサルタント養成講座

  • ¥0

    無料

「ITコンサルタント」に求められる必要な知識である経営戦略、情報戦略の手法や手順を中心に解説していきます。このメルマガを読まれる方に何らかの仕事の足しになればと思っています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ITコンサルタント養成講座
発行周期
週刊
最終発行日
2018年07月17日
 
発行部数
501部
メルマガID
0000118350
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 経営学・経営理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

~ITコンサルタント養成講座~

第685回 「第32回配布:事業体のITガバナンスアプローチ1」

皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

COBIT5の日本語版が2013年2月から順次発表されていますが、4年が過ぎています。
また、近年のビッグデータ、AI、IoTといったIT主導の経営改革が浸透する中で、
ITガバナンスの要求が高まってきています。
このITガバナンスに世界のデファクトスタンダードであるCOBIT5をITガバナンスの
中核に据えて導入する企業がかなり増えてきました。ビジネスがグローバル経済として
進む以上、必然的な選択であろうと思われます。

ところが、このCOBIT5は非常に難解と言われています。
それは「欧米文化色が前面に出ていること」、「学術的あいまい表現が多いこと」、
「経営戦略も踏まえて幅広い知識が要求される」ことにあります。
当メルマガではこのCOBIT5の難解さを日本的視点で解釈して解き明かそうと思います。
使用します基本情報は拙著「日本企業視点でのCOBIT5のITガバナンス」からの抜粋です。
⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html

 今回は、「第32回配布:事業体のITガバナンスアプローチ1」をお届します。
 
事業体の目標は、売上や利益といった収益の向上が最終的な目標です。
そのためには、顧客を始めとしたステークホルダーの満足を向上させることが必要になります。

このガバナンス目標はステークホルダーの満足を達成する要素を定義したものです。
ガバナンス目標には3つの構成要素として「効果の実現」、「リスクの最適化」、
「資源の最適化」を設定しています。

事業体におけるITガバナンスアプローチは、この「ガバナンス目標」の下で、
その関係要素を「ガバナンススコープ」、「ガバナンスイネーブラー」、
「役割、アクティビティ、関係性」を定義し、その定義順序を提示しました。
それぞれの要素とその関係を次回に概説します。


次回は、「第32回配布:事業体のITガバナンスアプローチ2」を解説します。


======================================================PR================
◆◆古代史セミナー・シリーズ5「神社と神々(熊野大社)」を7月25日から開始します◆◆
*セミナー内容は⇒
http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180610series5kumanojinnja1%20.jpg
*会場⇒ アイプレスジャパン株式会社
  http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20180610series5kumanojinnja2.jpg
*申込先⇒ 福 西(TEL:080-3918-1880)、 メール:fukunishi@i-press.jpn.com
 ご興味のある方はご参加下さい。
担当者にTELかメールをすれば、申し込み手続きをご案内します。
===PR===================================================================
======================================================PR================
 ◆◆新刊本「日本企業視点でのCOBIT5のITガバナンス」を平成29年11月3日から発売◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/-cobit5-it-ism.html
===PR===================================================================


【盂蘭盆(うらぼん)】 
一般には、「お盆」と言われ、毎年7月13日から15日(地域によっては8月13日から15日)
までの3日間祖先の 御霊 (みたま) をまつり、その冥福を祈る行事で、
また「魂祭り」「お精霊祭り」とも言い、 その由来は「盂蘭盆経」というお経によっています。
梵語 (ぼんご) (古代インド語)ウランバナの音訳、「逆さまに 吊 (つる) されるような苦しみ」
を除くという意味の行事です。

「盂蘭盆経」によりますと、お釈迦さまの十大弟子の一人で「神通第一」といわれる
目連(もくれん) さまが、ある日、亡くなった自分の母親のことを神通力を使って見ていると、
なんと母親は餓鬼の世界に落ちて、苦しみにあえいでいました。
びっくりした目連さまは、お釈迦さまのところへとんで行き、どうしたらよいかを相談しました。

するとお釈迦さまは、「90日間の雨季の修行を終えた僧たちが7月15日に集まって
反省会を行うから、その人たちにごちそうをして、心から供養しなさい」とおっしゃり、
そのとうりにすると、目連さまの母親は餓鬼の苦しみから救われました。

お釈迦さまはさらに「同じように、7月15日にいろいろな飲食を盆にもって、
仏や僧や大勢の人たちに供養すれば、その功徳によって、多くのご先祖が苦しみから救われ、
今生きている人も幸福を得ることができ よう」とお説きになりました。
これがお盆の行事の始まりです。

お盆には精霊棚を飾ってご先祖をお迎えし、菩提寺 (ぼだいじ) の和尚(おしょう) さまに
回向(えこう) していただき( 棚経 (たなぎょう) )、また菩提寺へ行ってお墓参りをして、
数多くのご先祖を心からご供養いたしましょう。(浄土宗・盂蘭盆会)

【新着情報】
======================================================PR============
◆IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.0対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
 を開催します。◆
 こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html
=======PR===========================================================
======================================================PR================
 ◆◆「ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.0対応版」を平成29年4月1日から発売◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/post-22.html
===PR===================================================================
======================================================PR====================
◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆
 試験対策本⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html
 研修コース⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
===PR========================================================================
=====================================PR=============================
◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
 こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
=======PR===========================================================
======================================================PR===========
◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
◆◆「COBIT5ガバナンス応用コース」を平成27年5月から開催します。◆◆
 こちらです
 ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
===PR==============================================================

【重点コース】
======================================================PR===========
◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成27年1月5日から発売◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
======================================================PR===========
======================================================PR===========
◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
===PR==============================================================
=====================================================PR============
 ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
===PR==============================================================

【弊社サイトのコンテンツご紹介】
 ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
 ★弊社のIT経営研修コース体系です。
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
 ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
 ★お客様内での研修コース実施要領です。
 こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

【協業パートナー募集】
◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

         -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
            (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
             ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
              代表 井上 正和
                e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
               URL:http://www.ISM-Research.com/
         -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ