ITコンサルタント養成講座

  • ¥0

    無料

「ITコンサルタント」に求められる必要な知識である経営戦略、情報戦略の手法や手順を中心に解説していきます。このメルマガを読まれる方に何らかの仕事の足しになればと思っています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ITコンサルタント養成講座
発行周期
週刊
最終発行日
2017年07月18日
 
発行部数
536部
メルマガID
0000118350
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 経営学・経営理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

~ITコンサルタント養成講座~

第638回 「第116回配布:イノベーション知見のポイントまとめ-4」

皆さん、おはようございます! 当メルマガを担当しています井上正和です。
現在、企業の生き残りに必須といわれる「イノベーション戦略」を取り上げます。
 今まで経営戦略は企業経営の最上位にありましたが、
近年ではイノベーション戦略が経営戦略に置き換わっているのではと思います。
どんな新奇なイノベーションでも3年以内にコモディティ化し、
安値競争の泥沼に入るといわれています。
ということは、現在の経営環境においてイノベーションを
戦略として打ち出せない企業は成長できないことになります。

 今回は、「第116回配布:イノベーション知見のポイントまとめ-4」を解説します。
 
◆オープン・イノベーションの知見
ヘンリー・チェスブロウが「オープン・イノベーションとは企業内部と
外部のアイデアを有機的に結合させ、価値を創造すること」として
提唱したイノベーションである。
オープン・イノベーションの捉え方は、自社中心ではなく、
まず事業環境としての共生的な企業間の関係を作り、
そのなかでの自社の在り方を捉えていく。
そのケイパビリティとは、自社の内部資源だけでなく、
ネットワーク効果を活用して、外部資源と組み合わせて製品、サービス、
ソリューション、プラットフォームを構築する企業能力である。
このイノベーション・ケイパビリティで発揮する関係の枠組みを
「インサイドアウト型」「アウトサイドイン型」の生物が息をして呼応するエコシステム
(生態系システム)として提唱している。
このエコシステムによるイノベーションは、
複数の出口(市場)への進出が可能になることである。
例えば特許をライセンス化して外部に供給するアウトライセンス、
技術スピンアウトのベンチャー企業を設立し、新市場に新製品やサービスを提供するなど。
現行市場に対する自社のマーケティングは活かしつつ、
新たな販売経路が多岐にわたることになる。
ビジネスの拡大は従来のクローズ型イノベーションに比べ規模と
スピードの観点で格段の違いが出ると述べた。




次回は、「第117回配布:イノベーション知見のポイントまとめ-5」を解説します。


======================================================PR============
◆IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.0対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
 を開催します。◆
 こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html
=======PR===========================================================
======================================================PR============
◆コンテン堂古代史セミナー シリーズ2「古事記と日本文化」(全5回)を開催します。◆
こちらです ⇒
http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20170626kontendotirasiseisiki.pdf
=======PR===========================================================


【大暑(たいしょ)】 
大暑の時期や意味と食べ物について!
大きく暑い、と書く「大暑」。何だかとても暑そうな感じは伝わりますよね。
また、大寒とは相対関係である大暑(大暑と大寒は互いに半年後・半年前の関係)ですが、
大寒ほどメジャーな言葉ではないため、大暑と聞いてもいまいちピンと来ないのが
現状ではないでしょうか。
 使われている漢字から、暑い日だということは読み取れるものの、
猛暑や酷暑と何が違うのでしょうか。今回はそんな、大暑について色々調べてみました。
大暑の時期や意味は勿論ですが、興味深かったのはその食べ物について、です。
皆さんは、大暑の食べ物って何だか知っていますか?
2017年の大暑は、7月23日です。
または、7月23日から立秋までの期間を、大暑と呼ぶ場合もあります。

夏の時期に暑中見舞いを出す方も多いと思いますが、暑中見舞いの暑中とは
暑い中=大暑(もしくは小暑)という意味で、この時期に出すから暑中見舞いと言うそうです。
大暑は、書いて字の如く、一年で最も暑くなる時期を指します。
夏真っ盛りというところでしょうか。 
 大暑の日に、食堂に入るとてんぷら定食が一押しメニューになっていたり、スーパーで
てんぷらが安く売られているのを目にしたことはないでしょうか。
 実は、大暑の日はてんぷらの日として、土用の丑の日、8月29日の焼肉の日と並んで
「夏バテ防止三大食べ物記念日」とされています。
 どうして天ぷらかなのかと言うと、「暑さに負けないように、栄養豊富なてんぷらを食べて
また、大暑を始めとした夏の暑さに打ち勝つためには、「う」のつく食べ物を摂るとよいとも
言われています。
具体的に挙げると、
うなぎ、梅干し、うどん なのだそうです。
うなぎには夏バテ防止効果があるビタミンB1やビタミンAが豊富に含まれていますし、
梅干しは疲労回復に役立つクエン酸が効果は発揮してくれます。
是非、暑い夏はスタミナのある物を食べて、夏バテにならないように気を付けましょう。
(豆知識PRESS)


【新着情報】
======================================================PR================
 ◆◆「ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.0対応版」を平成29年4月1日から発売◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/post-22.html
===PR===================================================================
======================================================PR====================
 ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆
   試験対策本⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/ititcpgl30.html
   研修コース⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
===PR=======================================================================
======================================PR=============================
◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
 こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
=======PR===========================================================
======================================================PR===========
◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
◆◆「COBIT5ガバナンス応用コース」を平成27年5月から開催します。◆◆
 こちらです
 ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
===PR==============================================================

【重点コース】
======================================================PR===========
◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成27年1月5日から発売◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
======================================================PR===========
======================================================PR===========
◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
===PR==============================================================


=====================================================PR============
 ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
===PR==============================================================
======================================================PR===========
 ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
===PR==============================================================

【弊社サイトのコンテンツご紹介】
 ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
 ★弊社のIT経営研修コース体系です。
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
 ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
 こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
 ★お客様内での研修コース実施要領です。
 こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

【協業パートナー募集】
◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

         -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
             (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
             ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
              代表 井上 正和
                e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
               URL:http://www.ISM-Research.com/
         -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ