トラブル防止!経営者のための人事労務の必要最低知識

  • ¥0

    無料

長時間労働、人手不足、労使トラブルなど、人事・労務に関する問題は年々、企業経営における重要度を増して来ています。このメルマガでは、人事労務に関する最新の法改正情報や経営者・人事担当者が知っておきたい実務に役立つQ&Aなどを毎月2回発信していきます!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
トラブル防止!経営者のための人事労務の必要最低知識
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年06月05日
 
発行部数
1,507部
メルマガID
0000119069
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■□                       2018.06.05号
□■ ”知らなかった!ではもう遅い!!”
■□『トラブル防止!経営者のための人事・労務の最低必要知識』Vol.245
□■ http://toma.co.jp/mailmagazine/mag_human.html
■□       発行者:TOMA人事コンサルタンツ株式会社
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆メルマガコンテンツ◆
このメルマガでは、人事労務に関する最新の法改正情報や経営者・人事担当者が知っておきたい
実務に役立つQ&Aなどを月に2回発信しています。

1. 本日のテーマ 『働き方改革「勤務間インターバル制度」』
2. TOMA主催セミナーのご案内
3. その他ご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□■ 本日のテーマ □■

働き方改革「勤務間インターバル制度」

◆Q:勤務間インターバル制度とは?
 A:事業主が、前日の終業時刻(時間外労働を含めた終業時刻)と翌日の始業時刻の間に一定時間を
   設け、従業員の休息時間を確保するための制度のことです。
   働き方改革に合わせて、労働時間等の設定の改善に関する特別措置法が改正され、事業者は、
   前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に一定時間の休息の確保に努めなければならない旨の努
   力義務が課されました。
   
◆Q:制度導入でどんな効果があるの?
 A:一定時間の休息を確保することで、従業員は、プライベートな時間や睡眠時間を確保すること
   ができ、ワーク・ライフ・バランスや健康の確保が可能となります。また、従業員の長時間労
   働の是正にもつながります。

◆Q:どうやって導入するの?
 A:就業規則への明記や、労使協定の締結により導入することが可能です。
   導入後も明確な勤怠管理や、従業員への周知が必要となってきます。インターバル確保の確認
   などは事後にならざるを得ないため、実際の運用においては社員への啓発活動が重要となりま
   す。
<規定例>
第○条 会社は、1日の勤務終了後、次の勤務の開始までに少なくとも○○時間の継続した休息時間
    を与える。
  2 前項の休息時間の満了時刻が、次の勤務の所定の始業時刻以降に及ぶ場合は、翌日の始業時
    刻は前項の休息時間満了時刻まで繰り下げるものとする。
  


TOMAグループでは就業規則見直しサービスを承っております。
詳しくはこちら

http://toma.co.jp/services/human/shugyokisoku/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□■ TOMA主催 セミナーのご案内 □■

【 人事・労務セミナー 】 http://toma.co.jp/term-seminar/human/

◆社内の労務問題をスッキリ解決!最新 労働問題と対応策セミナー◆
 ~弁護士&社会保険労務士が分かりやすく解説~

 パワハラ・セクハラ・解雇・過重労働などの労働問題について
 企業はリスクを適切に把握し、防止策・対応策を用意する必要があります。
 弁護士・特定社会保険労務士が近年の裁判例の動向をふまえ分かりやすく解説

 開催日 6月26日(火)14:00~16:30 http://toma.co.jp/seminar/h300626/


◆働き方改革に対応した就業規則作成セミナー◆
 ~「会社・社員・社会の三方よし!」の就業規則を作りませんか?~

 罰則付き時間外労働の上限規制、同一労働同一賃金等、働き方改革に対応した
 規則作成が急務!以下のポイントを盛り込んだ条文例と共に徹底解説。

 1.労働トラブルから会社を守る
 2.働きやすい環境で社員も満足
3.長時間労働削減で法令遵守
4.生産性向上で会社が発展

 東京  7月10日(火)14:00~16:30 http://toma.co.jp/seminar/h300710/



【TOMA特別講演会】

◆サイボウズが実証した生産性向上の近道 ~働きがいを高める組織風土改革◆

 第1部 講演:多様性が個人のモチベーションを引き出す
        生産性がアップする「チームワーク」の作り方
     講師:サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野 慶久 氏

 第2部 Q&Aセッション 100社100様 自社を成長に導くワークスタイルとは
     青野氏 × TOMA代表 市原和洋

 開催日 7月3日(火)14:00~16:50
 会 場 コングレスクエア日本橋(東京都中央区日本橋1-3-13)
 参加費 おひとり様 5,000円(税込)/ 1社2名様まで
 対 象 経営者 後継者 経営幹部 定員:300名(先着順)

 ▼詳細・お申込はコチラ (事前振込チケット入場制)
 http://toma.co.jp/seminar/20180703special/



---▼そのほか、近日開催のセミナー一覧 詳細はこちら▼ 必ず事前にお申込みください

  http://toma.co.jp/seminar/

※同業の方のご参加はお断り申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□■ TOMAグループ新刊書籍のご案内 □■

 『会社の“本気”を後押しする 過重労働防止の実務対応』

 平成31年4月の法施行へまったなし!
 「働き方改革」実現へTOMAの専門家が、具体策をご紹介!
 長時間労働の削減や「働き方改革」の実現のための基本的な施策から、
 実際に効果のあった対処法、そして労働基準監督署の調査対策および
 従業員の健康管理としての労働時間管理まで、実務上の課題解決に
 向けたポイントをコンパクトに整理し解説します。

 [編著]TOMA社会保険労務士法人 [刊]清文社

 ご購入はコチラ ⇒ http://toma.co.jp/book/kajurodo/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■ 発行者 ■ TOMA人事コンサルタンツ株式会社
  〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3
        丸の内トラストタワー本館3階
  TEL:03-6266-2551  FAX:03-6266-2556

≪関連組織≫
TOMAコンサルタンツグループ(東京/静岡/シンガポール〔アジア統括〕/アメリカ)
http://toma.co.jp

TOMAコンサルタンツグループ(株) TOMA税理士法人
TOMA社会保険労務士法人     TOMA監査法人
TOMA弁護士法人         TOMA行政書士法人

藤間司法書士法人 http://toma-ju.co.jp

≪当グループのスタッフ≫
税理士28名・国税局OB税理士9名・税理士試験科目合格者37名・公認会計士6名
米国公認会計士1名・社会保険労務士7名・社会保険労務士試験合格者9名・
中小企業診断士5名・弁護士2名・司法書士4名・行政書士9名・不動産鑑定士1名・
土地家屋調査士1名・宅地建物取引士17名・M&Aシニアエキスパート4名・人事労務
コンサルタント20名・経営コンサルタント10名・医療経営コンサルタント10名・
ITコンサルタント10名・ファイナンシャルプランナー40名・相続診断士1名・
賃貸不動産経営管理士2名・知的資産経営認定士1名・登録政治資金監査人1名
総人数200名

-------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、以下のサイトのご協力により発行しています。
  『まぐまぐ』    http://www.mag2.com/
  ★アドレスの登録・解除はこちらから行えます★
       http://toma.co.jp/mailmagazine/mag_human.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
このメールへのご意見ご感想は、e-mail : jinji@toma.co.jp まで
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ