東大生50人から学ぶ勉強法

  • ¥0

    無料

「東大生50人が教える勉強法」から、プロの塾講師が実際に生徒にやってみて効果のあった勉強法を公開します。成績アップのコツは「悪いムダをはぶいて要領よく」にあり。さらに、要領良く、

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
東大生50人から学ぶ勉強法
発行周期
不定期
最終発行日
2018年05月23日
 
発行部数
1,558部
メルマガID
0000119639
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
教育・研究 > 中学生向け > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんばんは。

学習ジム・コーチの堀です。

日大アメフト部の話題で、最近ではテレビ、ネットとも一杯ですね。

途中までこのネタで書いていましたが、辞めました。再度書き直しています。大切なことは

「人の批判よりもそれを自分にどう生かすのか」

ですね。私が気になったのは内容よりも内田監督の心理です。

「そんなの監督が悪いのよ」

と言えばすみますが、実は内田監督も前監督から引き継いだときと方針が変わったいます。

最初前監督から引き継いだとき反則した選手を叱責して次の試合には出さなかったそうです。

それがなぜ今反則をさせるのか?

簡単に書きますと、内田監督の前監は40年以上率いた名伯楽、篠竹監督です。

この監督在任中に40年の間に15回日本一になっています。まちがいなく名監督ですね。これ間違いなくすごいです。

そして、内田監督交代。内田監督になってから、昨年でようやく1回です。27年ぶりです。

もちろん、1回でもすごいですが、今年連続優勝がかかっていて、かなり自分でもプレッシャーだったのか?と

厳しい指導ではありましたが、以前は決して「反則をしてまで勝て」という人ではなかったと。

【何が指導を変質させたのか?】

別に同情している・・何て、全然思いません。冷静に考えてもし指示したのが事実であれば話にならないレベルです。

それに反則プレーしたあとも選手を咎めなかったということであればそれもおかしいわけですから。

ただ、気をつけないのは

「指導する立場である先生、親も同様のことをしないかどうか」

です。受験になると親も気持ちが変わります。

「不合格」

という恐怖に負けて普段ならしないとようなことを子どもにするかも知れません。

実際に「先生」「親」ともそんなことが過去にありました。

大手の塾の先生も生徒の獲得、合格者数で本社からプレッシャーをかけられることもあります。

中には会議で突き上げを喰らうことも。そして、子どもにプレッシャーをかけたり、親に言ったりします。

そうすると、今度は親が子どもにプレッシャーをかけます。

他の例では

「旦那さんが勉強ができた場合」

です。でも

「子どもが勉強がそれほどできない」

という場とき。お母さんがつらい思いをするときがあります。旦那さんは気にしなくても

「姑からのプレッシャー」

です。雰囲気では

「私の息子は賢かったのにあなたの血が混じったから孫はできない」

というオーラが。とくに医師の家系だったり、ハイレベルの大学出身だったら特にです(これも実話)

「このままではダメ」

と。それの度がすぎるとそのために子どもがチックになったり(顔がケイレン)、発疹が出たりした子もいます(すべて実話)

また、ストレスを自分にためないでそれを他の子どもをいじめて発散するという子もいるくらいです。(これも実話)

本当は指導する側(先生、親)が、自分の中に余裕を持たせて

「これがこの子のために本当になるのか?」

という視点をどこかに持っていければと思います。

そうしないと

「似たようなことをしてしまう」

のです。

「そんなことはしない」



「思っても追い詰められたらどうなのか?」

というのはわからないものです。そんなことを考える事件でした。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ