実践!社長の財務-財務アプローチで儲かる会社を作る

  • ¥0

    無料

経営は数字がすべて。強い会社・儲かる会社を作るための数字の考え方、財務哲学を、数々の企業の盛衰を見てきたベテラン税理士が、毎週月曜の朝、熱く語る。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
実践!社長の財務-財務アプローチで儲かる会社を作る
発行周期
週刊
最終発行日
2018年06月18日
 
発行部数
3,192部
メルマガID
0000119970
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2018/06/18(第763号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで強い会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップするには、まずは会計から変えよう!”
■■        http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
 税理士の北岡修一です。

 いよいよW杯、日本初戦明日に迫ってきましたね。
 明日は私のやっているビジネス交流会と重なってしまいました
 が、何とそこで皆で大画面で応援しよう、ということになりま
 した。
 
 今回のW杯は厳しそうですが、皆で応援すれば何とか勝てそう
 な気もしてきますね(笑)。是非、頑張って欲しいです!

 ということで、本日も「実践!社長の財務」をよろしくお願
 いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  事業承継の基本
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●平成30年度の税制改正で、新事業承継税制が創設され、施行さ
 れています。

 新事業承継税制を受けるための「特例事業承継計画」の受付も
 始まっています。

 昨今ではその書き方のセミナーも多くなってきましたね。


●経営者は50代も後半になれば、事業承継のことも考えていく必
 要があるでしょう。

 新事業承継税制は、事業承継に関わる株式の承継を、ほぼ無税
 で行うことができます。

 そのためには、これから5年以内に「特例事業承継計画」を、
 都道府県に提出する必要があります。


●これは、10年内に事業承継をするという計画を出すものですが、
 必ずしもその通りになる必要はありません。

 途中で変更することも可能です。

 ただ、無税で株式承継をするためには、5年内の計画提出が、
 どうしても必要となってきますので、新事業承継税制を使おう
 と考えている方は、これだけはやっておかなければいけません。


●事業承継はなかなか難しい、と言われていますが、これは税金
 だけの問題ではないでしょう。

 継ぎたい、と思えるような会社じゃない、ということも多いも
 のです。

 業種的な問題もあるでしょうし、大きな問題としては資金繰り
 が厳しそうな会社だとか、あまり将来性を感じられない会社だ
 とか、そんな面もあるかも知れません。

 中小企業で楽な会社なんて、あり得ないかも知れませんが、最
 低限、資金繰りが苦しい会社からは、脱却しないと後継者が引
 き継ぐのはつらいですね。


●特に、個人保証を引き継ぐというのは、誰であってもできれば
 敬遠したいものです。

 いつでも会社の資産で返せそうな範囲の借入金ならまだしも、

 現状の資産ではとても返せそうもない借入金の保証など、受け
 たくない、というのは当然です。
 

●ですから、事業承継の一番のポイントは、このメルマガで書い
 ているような「儲かる会社・強い会社」にしていくことです。

 利益率が高く、財務内容もいい、できれば無借金の会社であれ
 ば、後継者も引継ぎやすくなります。

 万が一後継者が継いでくれなくても、そのような会社になって
 いれば、会社を継続していく道はたくさん出てきます。


●役員や社員が引き継ぐようにしてもいいでしょう。この場合に
 は、配当還元価格など低い株価で、従業員に譲渡していくこと
 も可能です。

 財務内容のいい会社ですから、賞与などを多めに出して、株式
 を買い取ってもらうこともできます。

 創業者は、退職金規定を整備しておいて、しっかりと退職金を
 取ることもできます。


●また、同業者との統合なども含めた、様々なM&Aの手法など
 も取れるでしょう。

 高収益で財務内容がいい会社は、様々な手法が可能になるし、
 連携したい相手もたくさん出てくるものです。

 だから、何はともあれまずは「儲かる会社・強い会社」を目指
 していくということが、すべての基本である、ということです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

──────────────────────────────
■相続、事業承継対策などに関心のある方は、下記メルマガも
 是非、お読みください。

   【併せて読みたい 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念』を追求することにより、中小企業の成長発展に
 貢献する。

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの
  中小企業が、「強い会社」・「儲かる会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
  お気軽にメールください。必ず返信します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【編集】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )       ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>  
 
 6月末は少し社内の改装をするため、今は書類の整理をしたり
 廃棄をしたり、倉庫に持って行ったり、少しずつやっています。
 昨日も倉庫に運んだりしていました。

 それにしても、整理をすればする程、捨てるものがたくさんあ
 りますね。何か書類があると、これは後で見るからとファイリ
 ングしますが、後ではまったく見ない、というものがほとんど
 です...。最初から保管しておかなければいいのですが、変
 な心理ですが、とっておくとそれで安心なのですね。

 まあ、これからは場所を取らないPDFにして、紙は捨てる、と
 いうようにしていった方がいいですね。



 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ