実践!社長の財務-財務アプローチで儲かる会社を作る

  • ¥0

    無料

著者サイト

経営は数字がすべて。強い会社・儲かる会社を作るための数字の考え方、財務哲学を、数々の企業の盛衰を見てきたベテラン税理士が、毎週月曜の朝、熱く語る。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2017/05/22(第707号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで強い会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップするには、まずは会計から変えよう!”
■■        http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
 税理士の北岡修一です。

 今日は、先日読んだ個人のお金の使い方の本からヒントを得て、
 会社の経費の使い方を考えてみました。


 ということで、本日も「実践!社長の財務」よろしくお願いい
 たします。 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  投資か、消費か?
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●会社で使われる経費には、様々なものがあります。

 当然、それらは事業活動に必要な出費であるはずです。

 ただし、会社が利益を上げ、さらに高い利益率を上げていくた
 めには、できるだけ経費を節減していく必要があります。


●そのため、常に経費の見直しや、効率的な方法、コストのかか
 らない方法、低コストでできる方法を検討していることと思い
 ます。

 利益目標の達成が困難な時や、業界が不況に陥ってしまってい
 る時などは特に、まず経費節減を、という声がかかるでしょう。


●ただし、経費を見直す時は、その経費が投資か、消費(あるい
 は維持費)かを、よく見極める必要があります。

 投資とは、今および将来の収益につながっていく支出であり、
 かけていかなければならない経費です。

 消費あるいは維持費は、事業をしていくために最低限かかって
 しまう、かけざるを得ない経費です。


●この投資か、消費(あるいは維持費)かを、すべての経費につ
 いて考えてみることをお奨めします。

 これは、必ずしも正解はどちらかではありません。
 会社によって、経営者の考え方によって、変わるものです。

 たとえば、給与はどうでしょうか?

 これを投資と考えるか、維持費と考えるかで、会社はずい分変
 わってくるでしょう。会社の雰囲気も変わってきますね。

 
●広告宣伝費は、投資と考えるかも知れません。

 家賃などは、維持費でしょうか?
 店舗の家賃などは、投資かも知れませんね。

 消耗品費は、ほとんどが消費あるいは維持費ですね。

 研修費は、将来の投資と考える方がしっくりきますね。


●というように考えてみてください。

 その上で、消費または維持費であれば、いかにコストを下げる
 か、できるだけ効率よく使うかを考えます。

 投資であれば、効率やコストよりも、いかに将来のリターンが
 多くなるように使うか、場合によっては安いものよりも高いも
 のを選んでいく、ということもあるでしょう。


●投資と消費では、使う時の考え方が違うのです。
 
 これを勘違いしないことですね。

 全社一律経費節減、などと言って、投資も消費も同じように
 節減していったら、会社の将来もなくなってしまうかも知れま
 せん。

 理想的には、すべてが投資に属する支出であるとなれば、会社
 には一切のムダがない、強い会社になるのでしょうね。

 「うちは経費ゼロ」なんて書いてあった本があったような気が
 します。

━━【弊社セミナーのご案内】━━━━━━━━━━━━━━━━

■「事業承継&自社株対策」セミナー
   講師:税理士 北岡 修一
   http://www.tm-tax.com/seminar/
──────────────────────────────

 平成29年度税制改正により、本年度から自社株評価が変わって
 います。
 場合によっては、皆様の会社の「株価」も大きく変わるかも知れ
 ません。さらには、事業承継税制も使いやすくなってきました。

 そこで、自社株に関するあらゆる悩みをお持ちの方を対象に、
 事業承継&自社株対策セミナーを、4月に引き続き開催すること
 にしました。

 4月セミナーにても、大変わかりやすかった、とご好評をいただ
 きましたので、是非、4月に来れなかった皆様にもいらしていた
 だければと思います。

 詳しくは、下記の弊社サイトをご覧ください。
  → http://www.tm-tax.com/seminar/

 ●日時:平成29年6月8日(木)
      受付開始/14:00
      セミナー/14:30~16:30
      個別相談/16:00~ または当日予約受付
 ●会場:ホテルローズガーデン新宿 別館2Fローズルーム
      丸の内線「西新宿駅」1番出口1分
      http://www.hotel-rosegarden.jp/access/
 ●参加費:3,000円(東京メトロポリタン相続クラブ会員は無料)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念』を追求することにより、中小企業の成長発展に
 貢献する。

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの
  中小企業が、「強い会社」・「儲かる会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
  お気軽にメールください。必ず返信します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【編集】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )       ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>  
 
 昨日は母校の野球の応援に行ってきました。9点も取って気持ち
 の良い勝ちっぷり!最高の試合でした。10人くらいの仲間で応援
 しましたが、やはり勝利の気分&お酒はおいしいですね!



メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
実践!社長の財務-財務アプローチで儲かる会社を作る
発行周期
週刊
最終発行日
2017年05月22日
 
発行部数
3,341部
メルマガID
0000119970
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ