マイクロ小説

  • ¥0

    無料

物語は、どこまで凝縮できるのか? 読み始めたらエンディング、超短編小説作品をお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
マイクロ小説
発行周期
不定期
最終発行日
2018年04月16日
 
発行部数
28部
メルマガID
0000120123
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > 小説

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

 マイクロ小説 【第141号】        久慈 誠・TOMAKI
└─────────────────────────────────┘

2003年に創刊した、この「マイクロ小説」というメールマガジン。
今はもっぱら執筆の場がブログとかウェブメディアとか、各種SNSになってたりして。すっかりこのメールマガジンのことを思い出すことも少なくなってしまいました。前回の配信が、2016年だもんね。

前回の配信が、140号だったのか。暗に夢オチを想起させるような、一言だけの内容だけど。

来週、機械翻訳と電子書籍をテーマにした勉強会のようなワークショップのようなものを開催しようと思ってて、で、過去に執筆した文章を掘り返してたら、自分のメルマガの原稿を見つけた、と。ついでに、しばらくぶりに何か配信しようかな、と。


■パルクールとドローン
相変わらず、面白そうなところへなりふり構わず飛び込んでく癖は抜けなくて、ついこの間は街中を走ったり飛び越えたりする「パルクール」体験をしてきました。基礎的な動きを学んで、ちょっとした柵を乗り越えたり、台の上に飛び乗ったり、飛び降りたり。モンキーウォークとか、ヴォルトとかね。面白かったですよ。

で、昨日はドローンの操縦体験。3331 Arts Chiyodaの体育館で、DJI社製のドローンを飛ばしてきました。面白いね。凧のように自由に飛ばすってのはできなさそうですけど、ルールを守って決められた場所で飛ばせば、すごく遊べる。凧揚げよりもよっぽど簡単。ただし、1機10万円とかするから、なかなか気軽には買えないけどね。でもそろそろ、家庭用のドローンも手の届く価格になってきたようだから、ちょっと頑張って買おうかな、とか。


■飛び込んだあと、どうする?
パルクールもドローンも、とりあえず飛び込んでみて、ちょっとの時間その世界にどっぷり浸かって、「すげぇー楽しいな」ということでこの先も続けたいと思うんだけど、なかなか後が続かなかったりするんですよね。プロジェクトをしっかり計画的に遂行するための何かしらの工夫が必要だな、とか思っています。ここらへんで、良い感じのライフハック的なコツを思いつくと良いんだけど。

そもそも、今隙間時間を使って必死にやりたいことをやってるけど、生み出せる時間にも限界はある。アウトプットだけでなく、インプットの時間も大切にしたいし。とかとか。まぁ、本当にやろうと思えば寝食忘れてひたすらやれよってことなんだろうけど。

なにかしら、良い感じの解決策を模索しますよ。


■ヤドカリの引越し
ヤドカリが成長するにつけ自分の殻を引越しするように、僕も最近デジタルデータの引越し中。NASのデータをまるっと新しく買った3TBの外付けHDDに格納して、そこにいろんな記録メディアからデータをまとめてアーカイブ化しているところ。と、FlickrとGoogle フォトのクラウド上に、写真データをアップしたり。おもいでばこも活用してますよ。

実験的にひとつブログをつくって、そこに過去日付でどんどんコンテンツを投下してみようかな、っていう企画も。ドメインをとって、テストはした。あとは、実際にやってみるだけ。このマイクロ小説メルマガの文章も入れて良いかもな、と思った。

いろいろ、計画中。


■あとがき
ひさしぶりのメルマガ配信。即興でその場で書いて、そのまま配信だけど。
何か、メルマガの方でも企画をやろうかな。うまいことなにかできるかな。

あるいはまた、2年くらい放置することになるのかもしれないけど……

┌─────────────────────────────────┐
 著 者:久慈 誠・TOMAKI
 発行者:TOMAKI( mag@tomaki.info )
 Webサイト: http://microstory.mobi/
 登 録・解 除: http://www.mag2.com/m/0000120123.htm
 発 行 元 :株式会社まぐまぐ http://www.mag2.com/
 (c) 2003-2018 TOMAKI All rights reserved.
└─────────────────────────────────┘

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ