PMP試験対策

  • ¥0

    無料

プロジェクトマネジャー、リーダーの皆さん、実力あるPMPを目指しましょう!【PMP試験対策メールマガジン】です。合格者の声、試験範囲、PMBOK GUIDE解説や練習問題、様々な受験情報を連載しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
PMP試験対策
発行周期
概ね週刊
最終発行日
2018年07月05日
 
発行部数
2,812部
メルマガID
0000120232
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > ビジネス系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PMP(R)試験対策                       20180705
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
INDEX
■第六版試験に対する現時点の戦略
■問題集が出ました!
■編集後記:第六版の特徴・・・
             有限会社システムマネジメントアンドコントロール
                      http://www.meridionalis.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 野村です。第六版試験でも合格者が出ています!今のところ、第五版ベースで学習していても、合格できると思います。試験はそれほど大きく変わっていません。
 弊社WEBには、9月までの予定を掲載しました。9月は日程変更のおそれがありますが、逆に、受講スタイルについても意見をもらえたらと思います。35時間を、3日+2日で詰め込む事自体、それで良いだろうか?と、考えています。平日14時から17時30分までの3.5時間コースなども、働き方改革の観点でも、面白いな、と、思っています。色々検討していますので、ご意見下さい。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMBOK(R)ガイド少々在庫あります】
http://www.meridionalis.com/misc/guide6.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FAQ、メルマガバックナンバーなどを掲載したサポートページを再開しました!
http://www.meridionalis.com/support/
★皆様からの質問をお待ちしています!
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第六版試験に対する現時点の戦略
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ガイドは第六版になり、PMP(R)試験も第六版ベースのものに変わりました。しかし、今回も、急激な変化はありませんでした。
PMP(R)試験は、「試験の設計書(PMP(R)Content Outline)」と、その設計書から参照される「ガイド(PMBOK(R)ガイド)」によって、問題が作られています。この、設計書と、設計書から参照されるガイドは、このところ、およそ2年ずれたタイミングで適用、今回は、ガイドのみが改訂された状況です(現在のContent Outlineは、2016年1月から適用)。
 今回の第六版の適用ですが、前回同様、試験の大きな変化はありませんでした。試験は、時間をかけてじわじわと変わっていきますが、現在の状況だと「ガイド第五版ベースの市販の問題集と、ガイド第六版の精読」で十分、試験に対応できます。第五版試験を目指していた方も、今までの学習にプラスαするだけで、合格できると思います。
 実際の試験で何がどのくらい出るのか、などはあまりここでは述べることが出来ませんが、【ガイド五版時代に出題されたもの+アジャイルを含めたガイド六版の範囲】を押さえておけば大丈夫だと思います。 



■問題集が出ました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 私のコースでは完成編で紹介しているContent Outline、それに沿った、鈴木さんの問題集の最新版がリリースされました。
★PMP試験対策テキスト&問題集 PMBOK第6版対応版
https://amzn.to/2KAipUb
 他の問題集は知識エリアごとにまとめられていますが、この問題集は、設計書をベースとした問題集です。知識エリアとクロスで学習するのが効果的でしょう。落ちてしまった方は試験結果を見ていると思いますが、自分の苦手なところを再確認するために使うことができます。

 これまでに数冊の参考書&問題集が出版されています。
http://smc-ls.jp/2018/07/第六版時代のpmpr受験に必要な本/
↑こちらにまとめていきますが、まだまだ、内容が薄いですね。少々お待ち下さい。

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○Facebookページ http://goo.gl/Dsdje
○FB上「PMP(R)を目指す人の勉強会」グループ
https://www.facebook.com/groups/pmpexamprep/
↑既存受講生、合格者が集まってますよ☆
○PDUsも獲得可能なPMP(R)向け無料勉強会「羽鳥会」 http://goo.gl/ZvKTG
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【第六版対応】
★PMP(R)試験対策
http://www.meridionalis.com/prep/prep6.html
★PMP(R)試験対策 完成編
http://www.meridionalis.com/prep/prep_g6.html
定額で受講できる合格パッケージがお勧めです
→http://www.meridionalis.com/exam-prep/set.html
━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記:第六版の特徴・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ここに書くようなことでもないのですが、第六版、全体的に、「組織の戦略を実行する」色が強まっています。100%請負なプロジェクトのマネジメントではなく、新製品、新サービス開発のプロジェクトのマネジメントにシフトしています。そもそも、ガイド3版の頃からの傾向ではありますが、その傾向が強まっています。アジャイルも、当然、同じ理由で必要なのです。

 言われた、求められたことを実行する世界は、さらに精度を求められ、新たな挑戦の世界では、さらにリーダーシップと速度と統合を求められている気がします。ここ10年、ずっと新サービス開発をコンサルしてきましたが、ようやく、プロジェクトマネジメントがその領域に入ってきた気がします。

 ではまた次号。

 本メールマガジン、PMP(R)試験、PMP(R)資格などについてご質問やご意見、トレーニング(セミナー)を受講されたかた、されていない方からの合格・不合格の報告、PMP(R)受験体験、私宛の叱咤激励のお便りなど、どうぞ、pmpseminar@meridionalis.com までお寄せください。
 よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PMP(R)試験対策 377号】
発行・編集元:有限会社システムマネジメントアンドコントロール 野村隆昌
       system management and control, limited
       PMP EXAM PREP MAIL編集部
問い合わせ:08054150860 pmpseminar@meridionalis.com
WEB:http://www.meridionalis.com/
FB:https://www.facebook.com/systemmanagement

有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute (PMI))による審査を受け、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに同意しています。有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。
トレーナはPMP資格取得者です。

登録/解除(まぐまぐ/melma!)
http://www.meridionalis.com/mail/pmp_exam.html
※本誌、まぐまぐ版は、配信会社からの広告が入りません
Copyright(C)2018 system management and control, limited.
転載を禁じますが、本メールマガジンの紹介のために、ご友人ご同僚に転送していただくことは構いません。是非ご紹介下さい。


PMI、PMP、PMBOKは、米国プロジェクトマネジメント協会PMI (Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ