ギリギリ探偵白書

  • ¥0

    無料

T.I.U.総合探偵社の現役探偵が、実際に体験した事を語ります。アクションあり、感動あり、お笑いあり、役立つ情報あり!!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ギリギリ探偵白書
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年07月11日
 
発行部数
1,951部
メルマガID
0000121372
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 生活

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

----------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------
////・・〜〜〜〜
////----□□■   「 ギ リ ギ リ 探 偵 白 書 」
<><><><>
<><><><>   2017 / 7 / 11 
<><><><>
<><><><> http://www.go-tiu.com/ T.I.U.総合探偵社
--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------
「ギリギリ探偵白書」は、T.I.U.総合探偵社のメンバーが
実際に体験した調査をご依頼者様の許可を得て作成されています。

また、ストーカーに遭わない方法や浮気の見抜き方など、
探偵的リスクマネージメントについての紹介をしていきます。

面白い!役に立つ!と思ったら友達にも転送して勧めて下さいね!


   <<<<<<<<<<<<<<<<<<---------------->>>>>>>>>>>>>>>>>>


<<目次>>

・ ご挨拶
・ ギリ探
・ お知らせ
・ メルマガ紹介
・ 編集後記


_______________________________
_______________________________

■ご挨拶

「伝説の探偵」
http://www.mag2.com/m/0001673137.html
ある意味、ギリ探より過激派。。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

7月9日放送の関西テレビマルコポロリ!さんにお邪魔してきました。
多分、GYO!とかの動画配信サービスで閲覧できますので、ぜひご覧
ください。
今日受けた報告によれば、今年3番目に良い視聴率だったとか・・・。
まあ、私の影響ではないと思いますが・・・。

それでも良い報告は気持ちが良いものですね。

では、ギリ探スタートです。


〜〜〜お知らせ〜〜〜

まぐまぐニュースさんで記事になっています!
ぜひ「いいね」や「シェア」をして注意喚起をしてください!

最新の「伝説の探偵」(http://www.mag2.com/m/0001673137.html)
から、NTTのチラシの謎に迫ったレポートは、人気記事となって
います。ぜひご一読ください!!

http://www.mag2.com/p/news/249131

そのほかの記事も!!是非是非!!

http://www.mag2.com/p/news/243996


http://www.mag2.com/p/news/232871

こちらもぜひ、横浜市の原発いじめ問題の記事です。

http://www.mag2.com/p/news/236150




・すげーメルマガ出しています!要登録です!
有料版でも初月無料!太っ腹!

「伝説の探偵」公開中!
http://www.mag2.com/m/0001673137.html




・いじめ対策のDVD出ました!
有料ですが、一部はNPOユース・ガーディアンの資金にあてます。
http://myhoumu.jp/ijimetiu/


・情報収集セミナーがDVDになりました。
有料ですが、こちらもどうぞ!
http://myhoumu.jp/online/lp/tanteiskill/
http://myhoumu.jp/premium2/1weekab.html


「いじめと探偵」
https://www.amazon.co.jp/いじめと探偵-幻冬舎新書-阿部-泰尚/dp/4344983092

・・・いじめで悩む方に一冊いかがですか?そろそろ在庫切れになって
しまいます。

===============================

■「ギリ探」

===============================

◯ 登場人物

===============================
・代表 阿部 
T.I.U.総合探偵社代表、難件解決の実績があるが、現在は後輩らの指導にあたり現場
にはほとんど出ない。

・代表代理 サザビー
代表阿部のパートナーで調査現場の総指揮者。探偵調査のエキスパートであり、他社
の調査員からも信頼が厚い。


・調査主任 下山
高校卒業と同時にT.I.U.の門を叩き、教育を受けた1年後、調査員となる。若いなが
らも調査経験が豊富で、人当たりも良く、23歳で調査主任、責任者となる。コマさ
んの後輩。実はイケメン、アニメ好き。

・元調査員、現・田中探偵社(仮名)代表 田中
T.I.U.当初に在籍した元調査員。家業である調査業の修行のためにT.I.U.へ。5年の
経験を積み、家業を継ぐも、一人社長で寂しいため、用事もないのにT.I.U.にやって
くる。巨漢で柔道有段者、食いしん坊。

・ベテラン調査員 ゲンさん
元大手探偵事務所の名物調査員。業歴は40年。大手探偵社のやり方に嫌気が刺して
いたが、定年退職の退職金目当てに勤め上げ、知り合いであった代表阿部のいるT.I.
U.の門をたたく。主に聞き込み調査や情報収集を担当し、責任者へ的確なアドバイス
をする。

・女探偵(準調査員)きく子
元潜入調査員。スパイ活動中に代表阿部に摘発され、T.I.U.で一から調査を学ぶ。現
在、探偵歴7年目(2015年)。あらゆる調査の要となる活躍をするが、何よりも
プライベートを優先する今時娘の側面もある。

・調査員(インターン) 大学生 秋川
現代社会の研究をするためにT.I.U.の探偵学校に入校、当初は研究レポートの作成の
ためであったが、その人間模様にはまり、調査員としての道を歩み始める。代表阿部
との約束で、本業は大学生、T.I.U.での身分はインターンとして経験を積む。(修行
中)

・調査員(探偵学校所属、研修中) 杉山
目標もなく生きていたいわゆるニートから、代表阿部が出演していた詐欺師追跡番組
を見て、T.I.U,探偵養成学校に入所する。探偵学校所属ながらも現場での研修に入る
ことが調査部から許可され、一般調査にサポートチームの一員として参加する。

・T.I.U.総合探偵社(実在)
総合的な調査を行う探偵社として、平成15年7月に設立。設立当初は、ストーカー
撃退のホープとして、その地位を確立し、詐欺事件や虐待事件、セクハラ・パワハラ
事件、いじめ問題調査など社会問題に関わる証拠収集において国内随一の実績を誇
る。



===============================

本編   「謝罪」

===============================

「謝罪」

相当な技術者だったらしいと下山は阿部から聞いていた。
片足が不自由なのは不摂生が原因らしい。
大酒呑みで、癇癪持ち、強面な顔に、太い指。。
大きな手の割に手先は芸術を生み出すほど器用。

どこで歯車が狂ったのだろう。
彼は姿を消し、すでに十数年も経っている。

日本という国は、しっかりしているようで、実のところ、
しっかりはしていない。

そもそも、行方不明者は年間10万人、うち
7割は自己帰宅するというが、その割合の数%は、痕跡す
らないのだ。

今回の対象者のように、名を捨て、家を捨て、根無し草のように
姿を消す者も確かにいるのだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「どんな人でも探し出せるような凄腕の探偵を知らないか?と
聞いたらあなたを紹介されたのだ。」

阿部は肩をすくめた。
聞けば、ある県の警察官の紹介らしい。確かに阿部は、一夏で
4体の遺体を同県警の管轄で発見した。

いずれも自殺で、行動の痕跡というものは、全く無いに等しかった。
捜索中、阿部は不眠と耳鳴りに悩まされていた。発見したのは、偶然
がいくつか重なってのものであった。

阿部   「それは少し違いますよ。私とて発見できなかった対象者は
      いますから。絶対はないですよ。」

そういうも阿部は、なぜか、やってみようかという気になった。

調査は行方調査。
十数年前に会社をたたみ、姿を消した凄腕の職人を探すというものだっ
た。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

早速、下山は聞き込みをした。
会社をしていたということから、閉鎖の登記簿などで当時の彼の住所
はすぐにわかった。

そして、彼がなぜ姿を消したのかが見えてきた。

調査対象者は、技術がウリの職人で、工場を経営していた。
姿を消すに至る1年前に、彼は孫を亡くしている。
そして、その4年前に病気で妻が亡くなっていた。

夏休みに孫が泊りがけで来たのも、そうした背景があった。
孫は買ってもらったスケボーで遊んでいる時、道路に飛び出してしまい、
大型のトラックに轢かれてしまった。

その時は相当非難され、本人も自分自身を責めるような感じだった。

息子夫婦はこれを原因として不仲となり、離婚した。

近所の住人によれば、その工場で作っていた製品は名のある企業からの
発注が多く、有名なアメリカの企業もあったそうだ。

だが、彼は仕事をする意欲をなくし、ついには工場にあるものや家財な
ど、財産と呼べるものはほぼ全てを売り払い、従業員や近所の住人に配った
りして、忽然と姿を消した。

あっという間の出来事のように記憶していると近所の住人は証言した。

下山は事務所に戻り、証言を時系列に並べた。

阿部   「いきなり波乱だな。」

下山   「なんか可哀想ですね。」

阿部   「まあ、そうなんだが、、まずは探すにはどの情報に注目
      するかだな。」

下山   「?」

阿部   「ある意味だ、昭和から丁稚で修行して、一人前の技術を身につけ
      てだ、寝る間も惜しんで働いて、一国一城の主になったわけだ。
      一男一女、子に恵まれ、仕事も順調、従業員もいたわけだな。」

下山    「そこらへんはまだ、ちゃんとは・・・。」

阿部    「想像力だよ、で、子供らは独立していき、気がつけば、老夫婦
       2人での生活、老夫婦といっても、まだまだ現役だな。
       でも、妻は病気で先立つ。息子が元気を出せと孫を毎年のよう
       に、連れて帰省し、きっとサラリーマンだった息子は先に帰っ
       て仕事だな。で、孫が欲しがっていたスケボーを買ってやった。
       それで、目を離した隙に、交通事故が起きた。」

下山    「・・・」

阿部    「そこから、全てが壊れていく。生きていていいんだろうかと自問
       自答もしたが、、」

下山    「・・・まさか」

阿部    「そのまさかも念頭に入れるべきだ。だが、これはあくまで、勘
       だが、死んではいないはずだ。」

下山    「・・・」

阿部は孫の事故を調べるところから始めろと言って、席を立った。

事故はちょうど工場の目の前の道路で起きた。
聞き込みの最中、元従業員という男性から話を聞くことができた。

元従業員によれば、彼は工場に併設されたプレハブの社長室で、客の対応をして
いたらしい。孫はその間、スケボーの練習を工場の敷地でしていた。

敷地はフェンスで覆われ、外に飛び出すようなところはなかったが、なぜか事故が
起きた時、孫は敷地の外で遊んでいたということだった。

ちょうどその辺りだと指出したところには、未だに花が飾られており、お菓子が
供えてあった。

今後のためということもあり、下山はこの元従業員の連絡先を聞き、自分の名刺を渡
して、その場を後にした。

そのことをまた、事務所で経過のメモに打ち込んでいると、阿部が声をかけて来た。

阿部    「で、お葬式はどこでやったの?」

下山    「そこまでは・・・」

阿部    「じゃあ、すぐ、その、元従業員の人に聞いて、明日訪ねて行って。」

下山    「え?」

阿部    「んでな、お墓があったら、裏を見ていつが命日なのかとか調べておく
       それで、月命日は必ず張り込む。」

下山    「月命日?」

阿部    「ああ、毎月何日が月命日なのか、あと、お墓の様子とか、掃除がちゃ
       んとされているか、花が枯れていないかとか、色々、観察。それから、
       お線香とかお花とかちゃんとな、しもやんも手を合わせてくるんだぞ。」

下山    「わかりました。」

下山はすぐに電話をして、お葬式をやった会場を聞き、そこからお墓のある墓地につい
ても聞き出した。

月命日の早朝、作業服姿の老年の男性が御墓参りをしている様子を調査チームは捉えた。
そこで撮影された男性の様子をすぐに依頼主への確認に回す。

”ずいぶん痩せてしまってはいるけど、本人だと思います。”

動き出そうとする調査チームには老年の探偵であるゲンさんがいる。
ゲンさんは指示を出そうとする下山の手を止めた。

ゲンさん  「もう少し話させてやりないさいよ。」

下山は一時待機を指示した。

浅黒い顔色の老人は、ビニール袋から大粒のブドウを出して、何かを話しながら、それを
そっと供えた。一回、大きく太い指で目尻を少し擦り、見上げるようにして、何か口を動
かしているように見えた。

無線で、対象者が乗って来た自転車が判明したと報告がきた。

下山は監視するように伝え、一旦、彼の監視を解くように指示した。
下山は車から折り畳み自転車を出し、すぐに組み立て作業をした。

対象者が自転車で帰った先は、そこからほど近いアパートであった。
表札はなく、ポストにはチラシが詰まっていた。

下山が対象者に声をかけると、驚いたように振り返り、不思議そうな顔をして下山を
覗き込んだ。

下山が依頼主を名前を告げると、対象者である老人は、もう済んだことだと下山に言い
部屋に入ってしまった。

”様子がおかしい”
下山はそう思った。

事務所に下山ら調査チームが戻ると、代表の阿部が苛立った様子で、資料をまとめて
いた。

阿部   「依頼者に報告はどこまでやった?」

下山   「一応、現場で撮った写真の確認までです。」

阿部   「現場は誰か残っているか?」

下山   「ええ、ゲンさんが車で残っています。」

阿部   「そうか、しもやん、悪いが、ちょっと付き合ってくれ。」

下山   「どこにですか?」

阿部   「依頼主のところだ。」

阿部は何か引っかかると思い、この事案についてイチから資料を読み込んでいた。
そこでわかったことは、調査対象者の取引先に依頼主の名前がないということだった。

そして、阿部はあることを発見した。
依頼主は、事故を起こした張本人であることだ。

なぜか名前が変わっているのは、依頼主自身が現在の妻の婿養子になっているという
ことであった。

依頼主の自宅に阿部は車をつけると、すぐに降車して呼び鈴を鳴らした。

”家にいることはわかっている、説明をしてもらいたい。”

玄関先に出て来たのは依頼主の妻であった。
すぐに依頼主がかけてきて、頭を下げた。

”ちゃんと謝りたい。許してくれないのはわかっている、
ちゃんと謝りたいのです。”

依頼主はそう言うと、阿部に再び頭を下げた。

阿部   「事故の現場に未だに花を置いているのも、近所の住人から苦情もないのも
      行政の撤去もないのも、あなたがやったことですね。」

依頼主  「そうです。」

阿部   「業務上過失致死、そう言う罪になるんでしょうね。それは償った?
      過去から解放されたいと言うのならば、この依頼は当初の段階で、
      私は断っていた可能性が高い。」

依頼主  「そうだと思います。だからこそ、あなたに依頼した。」

阿部   「あなたがいくら頭を下げても、施しをしても、お孫さんは戻ってこない。
      謝りたいと言うのも、私にはあなたのエゴに聞こえる。」

依頼主  「そう思われて当然です。」

阿部   「私は今から対象者のところに行って、事の経緯を説明し謝罪します。
      彼の意思でこの件は報告するか否かを決めます。それで、よろしいですね?」

依頼主  「はい、そのように・・・」

阿部は対象者の元に向かった。
そして、頭を下げて謝罪をし、事情を説明した。

阿部は仏壇に手を合わせることを許され、線香に火をつけた時、その火が立つように大き
く膨らんだ。阿部が少し驚いた表情で下山の方を振り返ると、その真横にいた対象者が、
少しだけ微笑んだ。

”いきなり会うのはちょっと辛いところがありますから、しばらく考えさせてください。”

阿部は頷き、その場を後にした。

時に依頼主は巧妙な嘘をつく。
だが、それはいずれ発覚する運命にある。
ただし、すでにサイは投げられてしまっている。
戻るも正解、進めるも正解なのかもしれない。
世の道理に、決まり決まった正解などないだろうと阿部は思う。


それから1ヶ月ほど後の事、阿部は依頼主と対象者の面会に立ち会うことになった。





_______________________________
■相互紹介コーナー
===============================
★「着ぐるみ通信 @全国こども福祉センター」
・弊社代表阿部と同じく、こどもたちへ直接入り込んでいくアウトリーチ
活動によって、こどもたちの居場所を作ったりする団体さんのメルマガ
です。
大学生などの若者が主体となり、街頭のパトロールを着ぐるみを着て
行うというのは、ニュースでも取り上げられています。
数少ない、アウトリーチを主体とした活動をしています。

こどもの福祉や居場所の問題など、大人ばかりが共感している活動は
あります。そういう団体も良いと思いますが、こどもたちの支持は、
その実、得られているでしょうか?

日本広しといえど、こどもたちから多く支持されている活動であるこ
とは間違いありません。
本来、こうしたこどもたちから支持される活動をしている団体こそが
有効性の高い社会貢献ができると考えます。
大人の支持は得ていてお金はいっぱい持っている団体はありますが、
実際、こどもたちからは支持されていません。
それでは、無意味なのです。

アウトリーチは、技術で言えば相当な技能が必要ですが、その中心は
本来ハートです。真に寄り添い、逃げ場であり、居場所であること、
それを実践できる団体は、本当に少ないのが現状です。

中心となる活動地域は名古屋駅周辺、東京にも支社があります。
ぜひ、近くにお住いの方は、応援よろしくお願いいたします!
そして、メルマガの登録もぜひ、お願いします!!


「着ぐるみ通信@全国こども福祉センター」
http://www.mag2.com/m/0001669343.html


_______________________________
■お知らせ
===============================
★「伝説の探偵」
・すげーメルマガ出ます。要登録です!
有料版でも初月無料!太っ腹!
ぜひぜひ、ギリ探と併せてご登録ください!!

「伝説の探偵」創刊
http://www.mag2.com/m/0001673137.html

多分、初となる社会貢献型メルマガです。有料版ですので、この料金
の大半は、社会貢献活動に使用されます。
読者が増えれば、悪党をどんどん倒せる!困っている人を救える!
その活動をメルマガで報告します。




★「こちら探偵社」

 T.I.U.のブログです。過去のギリ探を再掲載してます。
 最近、毎日更新を目標にブログってます。
 お時間のある方は一見を。

 http://blog.goo.ne.jp/tantei-tiu/


★ギリギリ探偵団のメンバーでもある大阪のおっちゃんさんが
 「ギリ探」の感想を書いてくれたりするブログを作ってくれた!

 時には、辛口コメントも!?
 大阪のおっちゃん! がんばれ!!おれもがんばる!!

 「ギリギリ探偵団・G.T.O.F.C」
 http://blog.goo.ne.jp/syorizumidesu


★防犯意識に革命を!!
 ヤフーショップ「防犯王」

 防犯グッズ販売しています。
 買ってね♪

 http://store.yahoo.co.jp/bouhan-king/index.html


_______________________________
■NPO法人ユース・ガーディアン

平成27年1月15日に発足したアウトリーチを主体としたいじめ問題の
解決を得意とした非営利活動法人です。

PTA主催講演会やセミナー、教育委員会などが主催する講演会へ講師と
して代表理事阿部が全国規模で活動しています。

ホームページ
http://www.ijime-sos.com
相談ナビダイヤル
0570-090-112
_______________________________
_______________________________

CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC

■編集後記    by阿部

T.I.U.探偵養成学校がついに始動!!生徒募集中!
→ http://www.tanteischool.com


本日は探偵学校講義の日でした。
今日の講義は、科学鑑定と鑑定眼。
現場の調査員が、現場状況の瞬時の把握と次の展開を考察するに必要な
鑑定的知識や鑑定眼を教え、指紋鑑定など各鑑定についての基本的知識
と適切な現場保存方法を教えていました。

後遺体と対面する機会が比較的多い私は、現場で様々な知識と技術を身に
つけました。ですから、それをそのままこれから調査員になっていく受講
生に伝えたのです。
例えば、吉川線とか死斑、指紋ならば蹄状紋や7つの特徴点などもそのカ
リキュラムの範疇です。

ただ教えられることは技術や知識ばかりで、心までを教え込んでいくには
1年間の受講期間では難しいです。
本当は心が一番大切なんですが、こればかりは時間をかけてじっくりと育
てていくしかありません。

何か大切なことをしっかり現場で教えていければ良いのですが・・・。

さて、今日のギリ探「謝罪」
面会の立会いの後どうなったか?

特に変わりはありません。ただ、その後2度3度と面会はありました。
今は息子さんも加わっていますが、どうしたら交通事故が起きないように
できるか、話すことが多くなっています。

当時対象者だった爺さんが言ってました。
「顔は前についているだろ?目はどこを向いている?前だろ?前を見て進む
か、足元を見て立ち止まるか、それしかないんだよ。
老い先短い老人だ、過去に立ち止まってもいいじゃないか、、、、」

そう、私は何かを勧める気もありません。彼の人生は彼のもの、誰かの正義
や正解が彼にとって正しいかなどわかりませんから。
それに正しいことが全ての答えではないし、答えなどないことの方が多いの
ではないかと思うのです。


心のままに、どうぞ、それが私のスタンスです。


ではまた次回!!
ここまで読んでくれてありがとうございます!!


「伝説の探偵」創刊
http://www.mag2.com/m/0001673137.html
ギリ探より過激な内容、しかも詳しい。。。一度ご覧あれ!
高齢者を狙った詐欺や悪質商法の実態や解決法も!

「あべたん」
URL: http://www.abetan.xyz
阿部泰尚の発信ウェブです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回発行予定は、7月25日火曜日です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
amazon Kindleバージョンで
さらに詳しい描写、なかなか書けなかった部分をさらに追加!

「探偵裏事件簿」

として、好評発売中です!
ちなみに、amazonさんが「Kindle」1周年記念のキャンペーン本
に選んだ本です!

入手先
http://amzn.to/XysgVO



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■好評販売中!!

「いじめと探偵」(幻冬舎新書)
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4344983092/ref=mp_s_a_1_1?qid=1374575715&sr=
1-1&pi=AA75


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Twitter。時々つぶやいています。
http://twitter.com/Tiuabe

Facebook。友達増えています!ほぼ毎日更新!
友達になりましょう♪
http://www.facebook.com/tiuabe

ameba。ぺタしてます!
http://ameblo.jp/tiuabe/

※メッセージをちゃんとください。スパムも多いので、メッセージが無いもの
 は、友達申請など保留にしてしまいます。
※目に余るルール違反はすみません、解除してしまいます・・。
※私にFBの使い方を聞く方がいますが、私はFBの先生ではありません。自分で
 調べてください。
※Facebookで友達になったからという理由で、公開されるプロフィールの勤務
 先にT.I.U.総合探偵社だと名乗るおかしな人がいました。


 「こち探」ほぼ毎日更新中!  http://blog.goo.ne.jp/tantei-tiu/


 T.I.U.探偵養成学校よりお知らせ!!
 2017月8月からのT.I.U.探偵養成学校の生徒を募集しています。
 リニューアル完成しています。

 締め切りは7月27日です。詳しくは、お問合せ下さい。


 約1年の長期育成で、本物の探偵を育てます。
 
 くわしくは・・・
 T.I.U.探偵養成学校
 http://www.tanteischool.com/

--------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を
利用して発行しています。
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121372.htm
--------------------------------------------------------------
作成:合名会社T.I.U.「T.I.U.総合探偵社」
東京都目黒区東山3ー16ー3
TEL03ー5773ー5589 FAX03ー5773ー5590
ご意見・ご感想 anshin@go-tiu.com
◎ギリギリ探偵白書のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000121372/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ