はやり歌なら、これ聴いてみ!

  • ¥0

    無料

毎週たくさんの曲がリリースされる中、どれを聞いたらいいか分からない?じゃ、この曲はいかがでしょう。ってことではやり歌(J-POP)の紹介。歌詞を分析しながら、お勧めポイントを解説します!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
はやり歌なら、これ聴いてみ!
発行周期
不定期
最終発行日
2018年02月11日
 
発行部数
345部
メルマガID
0000121662
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > 邦楽

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

♪━━━━━━━━はやり歌なら、これ聴いてみ!━━━━━━━━━━♪

                        2018年2月11日(260号)
                          作詞家:伊藤 緑
                        http://www.midoriito.jp/
                         http://pr-woman.net/

♪━━━━━━━━はやり歌なら、これ聴いてみ!━━━━━━━━━━♪


時間が過ぎるのは、本当に早いです。気づけば前回の配信から4年が経ってい
ました。久しぶりにメールが届いてびっくりされた方もいらっしゃると思いま
す。申し訳ありません。4年のうち3年は、引っ越しで違う場所に住んでいて、
昨年、元住んでいた場所の近くに戻ってきました。
今回は、Amazonオリジナル『チェイス』の主題歌を取り上げます。ドラマ自体
が毎週のようにニュースになっている作品ですが、ドラマの内容とは関係なく。
主題歌について書きます。


第260号「Working men blues」ポルノグラフィティ
作詞:新藤晴一 作曲:岡野昭仁
http://www.pornograffitti.jp/


■歌は誰かを救うものであるべきなのか?
プロになって20年。書き始めからは38年。ずっと、詩や詞を書いています。
職業作家に求められるもののひとつに、誰かを救うことがあります。以前お世
話になったプロデューサーに、「どんな悲惨な歌詞でも、最後の一行で救え」
と言われました。それはとても大事なことだと思っています。そして、それを
今も無意識に続けています。だから、悲惨で終わる歌詞は書けない。
そんな思いのなか、出会った言葉、これは職業作家には書けず自ら歌う人たち
だけに許された領域なのかな、と。悲惨とは違いますが……。もちろん、言葉
としては職業作家でも書けるけれど、書いても共感を得られない。それが理由
なのです。

    「歯車なんかになりたくはないんだ」と
    ロック歌手が得意げ 声高に叫ぶ

歌の世界に飛び込む人たちの多くは、こういうことを思っていると思います。
歯車という言葉は、とてもネガティブに捉えられ、自分は人と違うと思いたい。
そんなプライドで生きています。逆に、歯車を受け入れて生きている人もたく
さんいます。ただ、地球という自転する乗り物でどんなに足掻いても、しょせん
誰もが歯車なのでは、と思うこともあります。
格好いいことが何か? ロック歌手はいつも考えていると思います。だけど、
考えて出した格好いいものほど格好悪い。「歯車なんかになりたくない」と叫
んだ瞬間、歯車になる、と気づいてない。そして、歯車はそんなに悪いもんじゃ
ない。歯車がなきゃ、大きなものは動かせないのです。


■綺麗な仕事やおしゃれな仕事なんてない
作詞家以外に、広報・PRの仕事をしています。広報という職種は、15年前はまだ
あまり認知されていませんでした。広報といえば、市町村の広報誌みたいなイメ
ージだったかもしれません。ただ、この15年に多くなことが起き、広報は一時期、
女性の憧れの職業の上位に入りました。今も、広報をキラキラしたものと思い、
広報に就きたいです、という女性も多いでしょう。ただ、本当の広報を知っている
人は言います。広報ほど、地道な仕事はない、と。まさに、汗にまみれた仕事です。
そんな仕事を涼しい顔でしている人こそ、プロだと思っています。

    汗にまみれ 汚れた手を誇らしげに

ステージに立つ人も同じ。キラキラとした裏で、想像できないほどの苦しみ抱え
ています。笑顔が素敵な人ほど、きっと苦しみを知っています。だから本当に美
しく笑えるのです。実は、この4年の間に、作詞家という職業だけでは入ることが
できない世界を体験していました。目的は、もっとリアルに書きたいという思い
です。そこで見た景色、そこで体験したことは、自信を持って書くことができる。
それは虚構ではなく、事実だから。歌詞は虚構でも構わないものです。もちろん、
虚構の方が夢を与えられます。だけど、そのなかに少しでも、現実があれば、説得
力を生むように思います。汗にまみれ、汚れた手。疲れ切った身体を引きずって
翌日も働く。どんな仕事もそういうものです。うわべをさらったような仕事に喜び
はない、そう思います。


■□歌詞を読む■□
「Working men blues」ポルノグラフィティ
https://www.uta-net.com/song/238294/


▲▽歌を聴く▲▽
「Working men blues」ポルノグラフィティ
https://www.youtube.com/watch?v=5zwTyd8ArqQ


Amazonドラマ『チェイス』
https://www.amazon.co.jp/dp/B078J4XYWQ

「はやり歌なら、これ聴いてみ!」をBlogで読む
http://blog.goo.ne.jp/mido_1225


------------------------------------------------------------------
★Diary
4年ぶりの配信。驚かせてしまって申し訳ありません。そして、復刊したこのメル
マガが、いつまで続くかは分かりません。完全に不定期です。次が4年後の可能性
もあります。もしかしたら、以前のように1週間後にまた配信できるかもしれません。
ただ、書かなかった時期には、それなりに意味があり、書けなかった理由も私の
なかにあります。そして、書けるようになった。書きたいと思えるようになった。
人間は弱い。人間は、いい加減。だけど、捨てたもんじゃない。そんな自分を少しは
信じたいです。
実は、今『チェイス』を見ながらこの記事を書いています。最終話は、配信されな
いままなのかな?
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ