はやり歌なら、これ聴いてみ!

  • ¥0

    無料

毎週たくさんの曲がリリースされる中、どれを聞いたらいいか分からない?じゃ、この曲はいかがでしょう。ってことではやり歌(J-POP)の紹介。歌詞を分析しながら、お勧めポイントを解説します!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
はやり歌なら、これ聴いてみ!
発行周期
不定期
最終発行日
2014年03月23日
 
発行部数
348部
メルマガID
0000121662
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > 邦楽

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

♪━━━━━━━━はやり歌なら、これ聴いてみ!━━━━━━━━━━♪

                        2014年3月23日(259号)
                          作詞家:伊藤 緑
                        http://www.midoriito.jp
                      http://www.green-label.biz/

♪━━━━━━━━はやり歌なら、これ聴いてみ!━━━━━━━━━━♪


2014年3月21日が、彼らにとってデビュー25周年。25年前、デビューアルバムを、
ほぼリアルタイムで購入した伊藤です。今も持っています。まだ売れていなくて、
ホールがいっぱいにならないライブにも行きました。吉田美和さんの年齢は
シークレットでした。後日、私のひとつ上だと知ることになります。


第259号「AGAIN」DREAMS COME TRUE
作詞:吉田美和 作曲:中村正人・吉田美和
http://dreamscometrue.com/


■相手を見る
年度末。日本ではこの時期が、別れの季節であり、新しいスタートの準備をする
時期だ。私が大好きな歌詞に、尾崎豊さんの“僕が僕であるために勝ち続けな
きゃいけない”という言葉がある。これは、自分自身を鼓舞する言葉ではある
けれど、勝ち続けるだけでは見えないことがあるのも事実。それがきっとこう
いうことなんだ。風や雨との闘い。相手は自然だ。闘うことは果たして正しい
のだろうか? 負けていい、泣いていい。それで分かることがある。それで
学ぶことがある。相手を見ることは、とても大切なことだ。

    風には負けて 雨には泣いて

負けたり、泣いたり、怒ったり、イラついたり、というマイナスの感情を良し
としない人たちがいる。いつも笑顔でいたい、というCMも流れるが、そんな
の嘘だ。人前でマイナスの感情を出すか出さないかは、それぞれ自由だけれ
ど(出しすぎるとウザいです)、いつも笑顔の人なんて、ポジティブではな
く気持ち悪い。いつも元気な人なんて、鈍感な人に違いない、と思ってしまう。
へこんで、壁にぶち当たって、悩んで、だからこそ人は成長する。別に成長
がすべてではないのだけど。風が強い日には身をかがめて、雨の日には濡れ
た身体を震わせて、それでも前に行こうと思うなら進めばいい。きっと晴れ
るから。


■とことんに
格好つける、ことが如何に格好悪いかを知るときがくる。格好いいことは、
格好つけないことだ。私のなかでの「格好つける」は、他人の目を意識し
て対象に集中していない、というイメージだ。だから、本気じゃない。そ
れを格好いいと思う人がいるだろうか? 人が格好いいと思うのは、とこ
とんやりきった、がむしゃらな姿なんだと思う。それは時に、自分にはで
きないから、ということもあるだろう。そして、結果がどうであれ、過程
に称賛の拍手を贈る人がいるだろう。若いころは、斜に構えるということ
もある。あれは、大人からみると、可愛いやつねの対象だ。素直になれな
い時期はあっていい、だってその経験が将来に生きるから。だけど、大人
が斜に構えたり、格好つけたりすると、ほとんど残念なことになる。

    やりきった あの涙と

自分ごとですが、最近はあまりイベントに参加しません。それは、そうい
う気持ちじゃないからです。今年も花見には行かないと思います。仕事で
あれば別ですが。ただ、もし参加した場合、私は300%で楽しんでしまう
タイプです。そんなに来たかったの? と言われちゃうくらい。これはど
うやら昔から。「東京ディズニーランド」に行ったとき、行きたいという
友人に連れていかれただけのはずなのに、誰よりもはしゃぐ。まぁ、単
なる現金な奴なんですが。ということで、イベントにはほとんど参加し
ないけれど、参加したらとことん楽しむ、それが今のスタイルです。
とにかくイベントを楽しむ。何か出会いがあるかもと期待するのは、
もういいや。出逢うべき人とは、無理に出かけなくても出逢えるはずだから。


■□歌詞を読む■□
「AGAIN」DREAMS COME TRUE
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=160203


▲▽歌を聴く▲▽
「AGAIN」DREAMS COME TRUE
https://www.youtube.com/watch?v=5zwTyd8ArqQ


「はやり歌なら、これ聴いてみ!」をBlogで読む
http://blog.goo.ne.jp/mido_1225


------------------------------------------------------------------
★Diary
あっという間に、3月も1週間となりました。年度末です。消費税も上がり
ます。駆け込み需要の季節ですね。初めて日本で消費税ができたとき(1989年)、
正直よく意味が分からなかった。ただ、3%というハンパさから、一円玉が
たくさんつくられたというような話を聞いたことがある(本当かどうかは
定かではない)。それまで、財布に一円や五円が入っているのは、主婦の
財布と呼ばれていた。なんだか不思議な感覚だけど。いろんなことが、
何かを超えることで当たり前になる。人生って奴もそういうものかも。
そうそう、仕事旅行社で「作詞家になる旅」をやっています。
興味のある方はぜひ。
http://www.shigoto-ryokou.com/detail.html?jid=141

------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。
メールマガジン:「はやり歌なら、これ聴いてみ!」の登録、変更、解除は
いつでも下のURLからできます。
http://archive.mag2.com/0000121662/index.html
また、このメールマガジンは発行者:伊藤緑に著作権があります。
但し、歌詞の引用部分は、作詞者に著作権があります。
無断での転載は禁止させて頂きます。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ