人事のブレーン社会保険労務士レポート

  • ¥0

    無料

人事のブレーンという視点で、経営、労使関係、労働判例、労働法、社会保険諸法令、就業規則や賃金規程等の運用の解説をしています。人事労務施策や組織運営への問題提起とその解決方法をご提供致します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
人事のブレーン社会保険労務士レポート
発行周期
月刊
最終発行日
2017年10月15日
 
発行部数
785部
メルマガID
0000121960
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

平成29年10月15日 第169号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
人事のブレーン社会保険労務士レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

人材の定着率に悩んでいる方必見!
採用活動に悩んでいる方必見!!
「経営者の知らない人材不足解消法」(幻冬舎)
https://www.amazon.co.jp/%E7%B5%8C%E5%96%B6%E8%80%85%E3%81%8C%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84-%E4%BA%BA%E6%9D%90%E4%B8%8D%E8%B6%B3%E8%A7%A3%E6%B6%88%E6%B3%95-%E7%B5%8C%E5%96%B6%E8%80%85%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4344912063/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1502698328&sr=8-1&keywords=%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E6%B3%95%E5%8F%B2


企業の実践的な残業対策だけではなく、経営実務の入門書としても好評を頂いている
山本法史の著書「社長!残業手当の悩みこれで解決」絶賛発売中!!
是非ともお読み下さい!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7-%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9F%A5%E8%AD%9834-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4774513717/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347275203&sr=8-1

アルバイト情報誌「an」のサイトanreport「プロに聞け」で「適正
な人件費の管理方法」についての取材記事が公開されました。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20120507.html

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

ブログ「人事のブレーン社会保険労務士日記」
http://ameblo.jp/y-norifumi/
アメーバに移りました!!

旧ブログは残っています。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/
是非見てみて下さい!

Twirrer
http://twitter.com/yamamoto_roumu

facebook
http://www.facebook.com/yamamotoroumu


***********************************

平成29年度 最低賃金の改正について

***********************************

1.はじめに
 平成29年10月1日より東京都の最低賃金額は26円引き上げられて
958円となります。
 最低賃金額の引き上げは拘束時間の長い業種にとっては大変に厳しいものと
なっています。
 最低賃金額上昇を価格転嫁出来ず、パート社員やアルバイトの賃上げがなさ
れます。
非正規社員の待遇改善というと聞こえはいいですが、実際は違います。

 最低賃金の上昇とは、初任給の上昇です。

所謂階段の一段目の上昇。
 価格転嫁出来ていませんから、最低賃金額の上昇により総人件費を増やすこ
とは出来ません。
 ですから昇給額の縮小をしなければなりません。
最低賃金額はパートタイマーやアルバイトにも適用されますから、新入社員の
時給が上昇します。
 階段の一段目が上昇していますが、総人件費は増やすことが出来ません。
ですから二階の高さを変えることが出来ないのです。
同じ高さを昇るのに、一段目の高さである最低賃金額を上昇させたわけですか
ら、二段目以降は階段の高さを低くしないと同じ高さを同じ段数で昇ることが
出来ません。

具体的にどの様なことが起きているのかというと、高校生などのアルバイトの
賃金額は上昇します。
しかし、熟練したパートタイマーなどは総人件費を増やせないわけですから、
賃上げ余地が極めて少ないのです。
結果として、新入社員と熟練した社員との賃金格差がなくなるということが生
じています。
また、所得税法上の非課税範囲内で働くパートタイマーの方も多いと思います
が、最低賃金額上昇により「働ける時間」が少なくなっていきています。

人手不足に拍車を掛ける事態になっています。

最低賃金額の上昇より、企業が総人件費を増やせる環境を整えなければ、正社
員や熟練したパートタイマーの賞与と昇給原資が、最低賃金額への補填により
減少してしまう事となります。
各業界団体もこの実情を政府に訴えているようですが、理解してもらえないよ
うです。
各業界非常に厳しいですが、実務的なポイントは最低賃金額の上昇によってさ
らに重要になってきますので、以下でお話をしたいと思います。

2.最低賃金額の計算

最低賃金額は時給で958円です。
日給であれば最低賃金額に働いた時間を乗じたものが最低賃金額になります。
時給と考え方は変わりません。

問題は月給者の最低賃金額の考え方です。

月給の最低賃金の計算方法は、年平均の月間所定労働時間に最低賃金額を乗じ
ます。

では、年平均の月間所定労働時間とはどの様に出すのでしょうか。
年間労働日数に1日の所定労働時間を乗じて、12で除したものになります。
年間労働日数が260日で1日の所定労働時間が8時間の会社の場合には26
0日に8時間を乗じた2080時間が年間の総所定労働時間。

これを12で割れば年平均の月間所定労働時間173.333が出てきます。
四捨五入をして173.3で計算すると、この会社の月額の最低賃金額は
173.3時間に958円を乗じた166,021円になります。

週休2日で祝祭日も休みという会社の年間休日数は120日を超える事もある
ので、年間労働日数が少なくなり、最低賃金額も少なくなります。
しっかりと計算して頂きたいのですが、概ね年平均月間所定労働時間は160
時間から173.5時間の間に収まります。
173.5時間は祝祭日や年末年始も休めない小売業や飲食業などです。
これを月額の最低賃金に換算すると153,280円から166,213円の
範囲内になります。

上昇した26円を月額換算すると4,160円から4,511円になりその上
昇額の大きさがご理解頂けると思います。

総人件費を上げられる経営環境にするためにどの様にしていくのか。
効率のいい職場環境を作り、人員を減らして総人件費をいかに抑えていくのか。

これからの経営課題はここにつきると思います。

実務に役立てて頂けると幸いです。

===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
             ~我々は相談業である~
        ~我々の商品はお客様への安心感の提供である~
             社会保険労務士法人山本労務
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号 tel 042-643-5830(代)
  社会保険労務士9名(うち特定社会保険労務士5名)
合計23名のスタッフで皆様をサポート致します!!
           人事のことなら何でもお任せ下さい!

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


===================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ