宝彩有菜のメールマガジン

  • ¥0

    無料

宝彩有菜から、最新のお知らせをお届けします。新刊案内・雑誌掲載案内・講演案内・その他。また、短かいエッセイもあります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
宝彩有菜のメールマガジン
発行周期
週刊
最終発行日
2018年01月14日
 
発行部数
460部
メルマガID
0000122458
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > エッセイ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

↑↑
上記の宣伝が不要な方は、ノーコマーシャルの宝彩日曜新聞がPDFで閲覧できます。
「宝彩日曜新聞」最新号(無料)宝彩有菜
http://hosai.world.coocan.jp/sunday/hsn.pdf
~・~・~・~・~・~・~
  はじめのことば
~・~・~・~・~・~・~
一段と、寒さが厳しいですが、
いかがお過ごしですか、
宝彩有菜です。

『日めくり文言』は、修行や変容のヒントとして短い文言を集めたもので、どれも単純明解なものです。その中から題材を選んで解説しながら、同時に修行のポイントや、気楽に生きるヒント等をお話ししたいと思います。今回は、その第10回目。
--------------------------------
心配は考えなければ心配ではない
◎心配は考えれば考えるだけ大きくなります。止めるには考えないことです。
--------------------------------
心配は、思考の一種ですが、始めると、どんどん大きくなってなかなか止まらないものです。
それは、まるで、小さな芥子の実が地面に落ちて発芽して、みるみる大きな木になって、頭の中を暗く覆い尽くしてしまうのに似ています。
それはまるで、ポップコーンがはじけ始めて鍋の中でたちまち一杯になってしまうようなものです。
それはまるで、パン生地にイースト菌を入れると、みるみる大きく膨らんでいくようなものです。

アタマは、何兆もの神経細胞でできています。思考とは、その神経細胞の間を生理的な電流、神経電流と呼びますが、それが流れて、そのプロセスが思考となります。神経電流は、沢山あるそれぞれの分岐点で何通りもの経路に分かれ、さらに先に進みますが、その先が行き止まりであったり、先の進行が続かなかったら、その経路は消滅します。通常の思考は、そのような過程を経て、一つの思考になります。

ところが、心配という思考は、要素の中に、予測、想像、想定、期待、など、不確定な情報がたくさん入り込んできますから、思考経路が多岐に渡る上に、思考経路がさらに延長されますので、一気に、膨張することになります。
「心配が止まらない」「心配で心が休まらない」「心配で眠れない」等になりがちです。アタマが心配一色になり、気分が不幸になります。

これは、単にアタマの思考手順上の欠陥で、「出来るだけ考える。頑張って考える」というマインドの任務に、マインドが機械的に忠実に稼働しているから起こってきます。
分からない未来を分かろうとしていますし、想像した未来に対して対策を立てようとしています。分からないことを分かろうとするわけですから、強欲といえば、強欲です。
ある程度の作業は必要ですが、マインドの能力を超えたところからは、無駄になります。

ですから、この種の思考は、適当なところで切り上げるのが、賢いのです。
切り上げると、「心配」という感情も消えてなくなります。
思考が消えると、「心配」も消えたなと思えます。
--------------------------------
「笑雲先生」
「なんだい、小松茸」
「実際の心配は消えてなくなってはいないのでしょ。心配は消えないと思います」
「ああ、そうだね。心配事のある状況は、何一つ変わっていない。でも、心が、そのことを超高速で延々と考えるのをやめると、『心配』の感情は消える」
「でも、すぐに、また、同じ心配を始めてしまいますが、いったいどうすればいいのですか」
「なるほど。それは、たき火に水を掛けて消したが、熱いので、また炎があがるようなものだな」
「そうですね」
「たき火が燃える3要素は何だ。小松茸」
「理科の復習ですね。3要素は、燃料と、熱と、酸素です」
「そうだね。だから、燃料を除去しても、熱を除去しても、酸素を除去しても、燃焼は止まる」
「そうですね」
「だから、いろいろな止め方が考えられる。その工夫をすれば良いだけだ」
「だから、それをいろいろ考えていたら、心配が止まらないのですよ。さらに燃え盛るんですけど」
「ああ、そうか、なるほど。逆のことをしているのだな。薪を大量に上から落とすと一瞬炎は消えて見えなくなるが、後が大変だ。熱をさまそうと火箸で火種を別の薪の上に分散すると後が大変だ。強風を送ると一瞬炎は吹き飛ばされるかもしれないが、後が大変だ」
「そんなことはしてませんよ」
「そうかな。心配を消そうと分からない未来をさらに探ったり、想定される状況に対しての対応策をさらに練ったり、その対応策の準備をさらに考えたり、なにか確かな『安心』を得ようとして画策してることが、すなわち、『心配』を増長させているわけだ。だから、その神経電流を止めればいいだけだ」
「心配するなと言っているのですか」
「心配するなと言っても、マインドは絶対に聞かない。心配するのはマインドの任務だからだ。任務に忠実なマインドが聞くハズがない。だから、その神経電流を止める。消す。すると、心配が消える。マインドは馬鹿だから、心配が消えると、心配しない」
「えっ。じゃあ、どうやって神経電流を消すんですか」
「それには、色々方法がある。瞑想のテクニックもその一つだ、他にも、欲を愛に転換する方法や、マインドに手綱を付ける……。ああ、こら、待てー」
小松茸は、ゆっくり立ち上がって、そして脱兎のごとく逃げ出してしまいました。
叩かれる前に、逃げるようになって来て、逃げ方だけは進歩しているようです(笑)。

宝彩有菜 (心配も、神経電流)

--------------------------------
  新刊案内
--------------------------------
『千のことのは』を発刊しました。これまで、発掘精製してきた「宝彩ことのは」の集大成です。全部で、1,391個のことのはを収録してあります。
ジャンル別に分類されているので、さながら、心の家庭の医学書、修行の百科事典のような趣になっております。手元に置いて都度閲覧しながらの活用もできますし、通読するのも、宝彩ワールド全体が見れて重厚感があると思います。
http://hosai01.la.coocan.jp/what-new-gazou/2017-02-03-4.htm

---------------------------------------
  今週の修行(プログレスコース)より
---------------------------------------
■「・・・と私の頭は考えてる」を付ける修行 (スポアナ瞑想)
01/14(日)スタート
自分が何を考えているのかを知らないわけはありませんが、実際は、その考えに乗っ取られていて自分でコントロールできないことも多いです。止まらない心配、止まらない後悔など。今回は、自分のマインドの働き振りを観察する修行です。それが上達すると、「まぁ、私のアタマもよく頑張ってる」と可笑しくなります。心配も自在にとめられるようになります。

プログレス掲示板です。さてさて今月はどんな投稿があるでしょう。
http://hosai02.la.coocan.jp/progress/prog-gatebb-01.htm

※今月もプログレスコース掲示板に5回以上投稿者に、お好きな「宝彩BBマガジン」を1号プレゼントします。
(ただし、最新号第29号は除く)
該当者は、ご請求ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  宝彩有菜の著作から、クイズのコーナーです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(クイズ):下記のセンテンスは、宝彩有菜の『「悩み」を「幸せ」に変えちゃう本』(PHP研究所)の中の一文ですが、
どこにあるでしょうか?(ページまたは、章、項)
http://hosai01.la.coocan.jp/alina-books/alina-book-design-15.htm

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**==*=*=*=**==
  過去の褒美は捨てましょう
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**==*=*=*=**==

新しい人生に進むときに、なかなか決断できないことがあります。
確かに行く手には未知の不安がありますから、それが躊躇する原因のひとつであることは間違いありません。

で、その躊躇の原因を解消しよう、または、未来の分からないところは神様に任せようなどと、なんとか未来側の不安を取り除いたとしても、まだ、なんだか新しい人生に向かっていく元気が出ない場合があります。

それをよく観察してみると、過去に未練があったりします。
「せっかく、ここまで頑張ったのに。それに成果もそこそこあがってきているのに、捨てるなんて、もったいない」
「ああ、努力したのが水の泡になってしまう」
「ええっ? やめちゃうの、無駄にしちゃうの? えーっ、信じられない!」

ですが、いくら頑張ったからと言っても、そのご褒美を当てにして待っていたのでは、いつまでも過去から足が抜けないのです。過去を捨てましょう。

具体的には、過去の褒美を捨てます。たとえもらう権利があったとしても、潔くそれを捨てます。
それをもらっていると、輝かしい未来に行けるバスに乗り遅れます。

バスに乗ってみると、「あれ、このバスは海に向かっている。なのに、私はスキーの板を持ってこようとしていた。あはははは、持ってこなくて良かった」ってことになります。

…(続く)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**==*=**==*=*==
●クイズ正解者、水曜日12:00までにご回答の方、先着5名様に、
「宝彩BBマガジン」ご希望号を一冊無料プレゼントします。(ただし、最新号第29号は除く)。
著書名、ページ数(又は該当の章・項)、「宝彩BBマガジン」の希望号をお書きのうえ、ニックネームも付記して
「宝彩日曜新聞」編集室あてにお送りください。

第426号の答えは、『どこでもできる はじめての瞑想』(イースト・プレス)P.86-87でした。
たくさんのご応募お待ちしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  私の好きなページ紹介コーナー「今週のお奨めのページ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆気分のおもちゃ箱から「自信」を。
自分の人生がうまく行くと思えるコツとは?
生かされていることに「感謝」すれば「生きて行く自信」も大きくなります。
http://hosai01.la.coocan.jp/toybox-01/t-aiueo-jun/t-jisinn.htm

◆宝彩有菜の瞑想のヒントとコツ質問と回答を。 
・「マントラ」をキープすることについて
「マントラがキープできるうちは、できるだけマントラをキープする」
というのが正しいです。
http://hosai02.la.coocan.jp/mail-q-a/meisou-99-24.htm
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
私の好きなページ紹介コーナーを作っておりますので、紹介するページのURLと、
簡単な紹介コメント、たとえば、「今の私にぴったりです」とか「こころに響きました」と、
ニックネーム(掲載省略選択可)をお書き添えのうえ、「宝彩日曜新聞」編集室あてにお送りください。
採用させて頂いた方には、ご希望の「宝彩BBマガジン」1号分をプレゼントします。(ただし、最新号第29号は除く)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

~~~~~~~~~~~~
 「宝彩ことのは」から
~~~~~~~~~~~~
アタマが思考しているのを「見ている自分」のほうの立場に立てると、
いつも幸福のままでいられるようになります。
なぜなら心の一番奥には、もともと欲が何もないからです。
そこにあるのは愛だけなのですから。

『心がどんどん明るくなる! お釈迦さまの言葉』(青春文庫)p.190
-------------------------
「宝彩ことのは」通信のサイト
◆facebook(アカウント登録していなくても見れます)
http://www.facebook.com/hosaikotonoha
◆ホームページ
http://hosai.world.coocan.jp/daily-word/dw2/magbbs7/magbbs.cgi
◆ツイッター
https://twitter.com/hosai_word

----------------------------
 「e-講座掲示板」  
----------------------------
http://hosai.world.coocan.jp/q-and-a/class-a/yybbs3e/yybbs.cgi
・やしおさん、宝彩先生の新しい投稿がありました。

++++++++++++++++++++++++ 
  宝彩瞑想会のスケジュール(主催:宝彩有菜)
++++++++++++++++++++++++
●第286回:講話のテーマ 「瞑想と幸福の関係」

【日時】 2018年04月02日(月)13:00~17:00

【場所】静岡・沼津

【参加費】12,000円(当日払い)

【参加できる方】次のいずれかに該当される方
  ・e-講座の受講生・受講経験者(1講座でも受講の経験のある方)
  ・インテンシブコース卒業生の帯同者

【申込み】下記の詳細案内ページから、メールでニックネームを付記の上、申込みください。
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-x/me-exp-20180402-numadu.htm

++++++++++++++++++++++++++++
  支部瞑想会のスケジュール(主催:宝彩瞑想リーダー)
++++++++++++++++++++++++++++
支部瞑想会は、e-講座未受講の方もご参加いただけます。
ここでは各支部の概要をご案内しております。
詳細は、下記HPをご覧ください。

◆宝彩支部瞑想会
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-s/medi-index.htm
-----------------------------------------------------

●新大阪支部瞑想会(主催 アリガ)

【日時】 第62回 2018年01月28日(日)19:20~21:50
     第63回 2018年02月25日(日)19:20~21:50
     第64回 2018年03月25日(日)12:50~15:20
        
【場所】 大阪市立青少年センター KOKO PLAZA 7階和室702

【参加費】 一回につき2,500円(当日払い)

Facebook http://www.facebook.com/NewOsakaShibu
-----------------------------------------------------

●中野支部瞑想会(主催 チバ)

【日時】第78回 2018年02月25日(日)13:30~16:30
    第79回 2018年03月25日(日)13:30~16:30

【場所】 東京・中野

【参加費】 一回につき3,000円(当日払い)

ブログ http://hosainakanosibu.wordpress.com/
-----------------------------------------------------
発行:「宝彩日曜新聞」
編集長:宝彩有菜
副編集長:かっちゃん、チバ、智、アリガ
特派員:ウラン、かるん、クマジロウ、よういちろう、ショウ、tanpopo、やんげ、ひまわり、トモ、ねぎ、パパイヤ、百花爛漫
監修:宝彩有菜

この「宝彩日曜新聞」についてのご意見ご希望は、下記メルアドへ。
また、クイズに応募したのに、プレゼントが来ないという方は、
再度お問い合わせください。
まれに、メールが紛れて見落としている場合もありますので。

宝彩有菜

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
■「宝彩日曜新聞」のサイト
http://hosai.world.coocan.jp/sunday/index-sn.htm
■「宝彩日曜新聞」編集室のメールアドレス
hosai_sunday_news@yahoo.co.jp
■宝彩有菜メールアドレス
alina-hosai@mbf.nifty.com
■宝彩有菜のホームページ
http://www.hosai.net
■宝彩瞑想会のページ
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-x/medi-index.htm
■新刊「どこでもできるはじめての瞑想」(イースト新書)
http://hosai01.la.coocan.jp/alina-books/alina-book-design-46.htm
■キンドル新刊「千のことのは」
http://hosai01.la.coocan.jp/what-new-gazou/2017-02-03-4.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Re: 宝彩日曜新聞 2018/01/14 第427号【メルマガ】 投稿者:かっちゃん◆最終稿 投稿日:2018/01/13(Sat) 23:45 No.4944
下記を追加しました。


*********************************************
宝彩日曜新聞 2018/01/14 第427号【メルマガ】
*********************************************

------------------


【版数】【最終稿・校正案無し】
【日付・号数】2018/01/14 第427号 メルマガ
↑↑
上記の宣伝が不要な方は、ノーコマーシャルの宝彩日曜新聞がPDFで閲覧できます。
「宝彩日曜新聞」最新号(無料)宝彩有菜
http://hosai.world.coocan.jp/sunday/hsn.pdf
*********************************************
宝彩日曜新聞 2018/01/14 第427号【メルマガ】
*********************************************
~・~・~・~・~・~・~
  はじめのことば
~・~・~・~・~・~・~
一段と、寒さが厳しいですが、
いかがお過ごしですか、
宝彩有菜です。

『日めくり文言』は、修行や変容のヒントとして短い文言を集めたもので、どれも単純明解なものです。その中から題材を選んで解説しながら、同時に修行のポイントや、気楽に生きるヒント等をお話ししたいと思います。今回は、その第10回目。
--------------------------------
心配は考えなければ心配ではない
◎心配は考えれば考えるだけ大きくなります。止めるには考えないことです。
--------------------------------
心配は、思考の一種ですが、始めると、どんどん大きくなってなかなか止まらないものです。
それは、まるで、小さな芥子の実が地面に落ちて発芽して、みるみる大きな木になって、頭の中を暗く覆い尽くしてしまうのに似ています。
それはまるで、ポップコーンがはじけ始めて鍋の中でたちまち一杯になってしまうようなものです。
それはまるで、パン生地にイースト菌を入れると、みるみる大きく膨らんでいくようなものです。

アタマは、何兆もの神経細胞でできています。思考とは、その神経細胞の間を生理的な電流、神経電流と呼びますが、それが流れて、そのプロセスが思考となります。神経電流は、沢山あるそれぞれの分岐点で何通りもの経路に分かれ、さらに先に進みますが、その先が行き止まりであったり、先の進行が続かなかったら、その経路は消滅します。通常の思考は、そのような過程を経て、一つの思考になります。

ところが、心配という思考は、要素の中に、予測、想像、想定、期待、など、不確定な情報がたくさん入り込んできますから、思考経路が多岐に渡る上に、思考経路がさらに延長されますので、一気に、膨張することになります。
「心配が止まらない」「心配で心が休まらない」「心配で眠れない」等になりがちです。アタマが心配一色になり、気分が不幸になります。

これは、単にアタマの思考手順上の欠陥で、「出来るだけ考える。頑張って考える」というマインドの任務に、マインドが機械的に忠実に稼働しているから起こってきます。
分からない未来を分かろうとしていますし、想像した未来に対して対策を立てようとしています。分からないことを分かろうとするわけですから、強欲といえば、強欲です。
ある程度の作業は必要ですが、マインドの能力を超えたところからは、無駄になります。

ですから、この種の思考は、適当なところで切り上げるのが、賢いのです。
切り上げると、「心配」という感情も消えてなくなります。
思考が消えると、「心配」も消えたなと思えます。
--------------------------------
「笑雲先生」
「なんだい、小松茸」
「実際の心配は消えてなくなってはいないのでしょ。心配は消えないと思います」
「ああ、そうだね。心配事のある状況は、何一つ変わっていない。でも、心が、そのことを超高速で延々と考えるのをやめると、『心配』の感情は消える」
「でも、すぐに、また、同じ心配を始めてしまいますが、いったいどうすればいいのですか」
「なるほど。それは、たき火に水を掛けて消したが、熱いので、また炎があがるようなものだな」
「そうですね」
「たき火が燃える3要素は何だ。小松茸」
「理科の復習ですね。3要素は、燃料と、熱と、酸素です」
「そうだね。だから、燃料を除去しても、熱を除去しても、酸素を除去しても、燃焼は止まる」
「そうですね」
「だから、いろいろな止め方が考えられる。その工夫をすれば良いだけだ」
「だから、それをいろいろ考えていたら、心配が止まらないのですよ。さらに燃え盛るんですけど」
「ああ、そうか、なるほど。逆のことをしているのだな。薪を大量に上から落とすと一瞬炎は消えて見えなくなるが、後が大変だ。熱をさまそうと火箸で火種を別の薪の上に分散すると後が大変だ。強風を送ると一瞬炎は吹き飛ばされるかもしれないが、後が大変だ」
「そんなことはしてませんよ」
「そうかな。心配を消そうと分からない未来をさらに探ったり、想定される状況に対しての対応策をさらに練ったり、その対応策の準備をさらに考えたり、なにか確かな『安心』を得ようとして画策してることが、すなわち、『心配』を増長させているわけだ。だから、その神経電流を止めればいいだけだ」
「心配するなと言っているのですか」
「心配するなと言っても、マインドは絶対に聞かない。心配するのはマインドの任務だからだ。任務に忠実なマインドが聞くハズがない。だから、その神経電流を止める。消す。すると、心配が消える。マインドは馬鹿だから、心配が消えると、心配しない」
「えっ。じゃあ、どうやって神経電流を消すんですか」
「それには、色々方法がある。瞑想のテクニックもその一つだ、他にも、欲を愛に転換する方法や、マインドに手綱を付ける……。ああ、こら、待てー」
小松茸は、ゆっくり立ち上がって、そして脱兎のごとく逃げ出してしまいました。
叩かれる前に、逃げるようになって来て、逃げ方だけは進歩しているようです(笑)。

宝彩有菜 (心配も、神経電流)

--------------------------------
  新刊案内
--------------------------------
『千のことのは』を発刊しました。これまで、発掘精製してきた「宝彩ことのは」の集大成です。全部で、1,391個のことのはを収録してあります。
ジャンル別に分類されているので、さながら、心の家庭の医学書、修行の百科事典のような趣になっております。手元に置いて都度閲覧しながらの活用もできますし、通読するのも、宝彩ワールド全体が見れて重厚感があると思います。
http://hosai01.la.coocan.jp/what-new-gazou/2017-02-03-4.htm

---------------------------------------
  今週の修行(プログレスコース)より
---------------------------------------
■「・・・と私の頭は考えてる」を付ける修行 (スポアナ瞑想)
01/14(日)スタート
自分が何を考えているのかを知らないわけはありませんが、実際は、その考えに乗っ取られていて自分でコントロールできないことも多いです。止まらない心配、止まらない後悔など。今回は、自分のマインドの働き振りを観察する修行です。それが上達すると、「まぁ、私のアタマもよく頑張ってる」と可笑しくなります。心配も自在にとめられるようになります。

プログレス掲示板です。さてさて今月はどんな投稿があるでしょう。
http://hosai02.la.coocan.jp/progress/prog-gatebb-01.htm

※今月もプログレスコース掲示板に5回以上投稿者に、お好きな「宝彩BBマガジン」を1号プレゼントします。
(ただし、最新号第29号は除く)
該当者は、ご請求ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  宝彩有菜の著作から、クイズのコーナーです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(クイズ):下記のセンテンスは、宝彩有菜の『「悩み」を「幸せ」に変えちゃう本』(PHP研究所)の中の一文ですが、
どこにあるでしょうか?(ページまたは、章、項)
http://hosai01.la.coocan.jp/alina-books/alina-book-design-15.htm

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**==*=*=*=**==
  過去の褒美は捨てましょう
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**==*=*=*=**==

新しい人生に進むときに、なかなか決断できないことがあります。
確かに行く手には未知の不安がありますから、それが躊躇する原因のひとつであることは間違いありません。

で、その躊躇の原因を解消しよう、または、未来の分からないところは神様に任せようなどと、なんとか未来側の不安を取り除いたとしても、まだ、なんだか新しい人生に向かっていく元気が出ない場合があります。

それをよく観察してみると、過去に未練があったりします。
「せっかく、ここまで頑張ったのに。それに成果もそこそこあがってきているのに、捨てるなんて、もったいない」
「ああ、努力したのが水の泡になってしまう」
「ええっ? やめちゃうの、無駄にしちゃうの? えーっ、信じられない!」

ですが、いくら頑張ったからと言っても、そのご褒美を当てにして待っていたのでは、いつまでも過去から足が抜けないのです。過去を捨てましょう。

具体的には、過去の褒美を捨てます。たとえもらう権利があったとしても、潔くそれを捨てます。
それをもらっていると、輝かしい未来に行けるバスに乗り遅れます。

バスに乗ってみると、「あれ、このバスは海に向かっている。なのに、私はスキーの板を持ってこようとしていた。あはははは、持ってこなくて良かった」ってことになります。

…(続く)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**==*=**==*=*==
●クイズ正解者、水曜日12:00までにご回答の方、先着5名様に、
「宝彩BBマガジン」ご希望号を一冊無料プレゼントします。(ただし、最新号第29号は除く)。
著書名、ページ数(又は該当の章・項)、「宝彩BBマガジン」の希望号をお書きのうえ、ニックネームも付記して
「宝彩日曜新聞」編集室あてにお送りください。

第426号の答えは、『どこでもできる はじめての瞑想』(イースト・プレス)P.86-87でした。
たくさんのご応募お待ちしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  私の好きなページ紹介コーナー「今週のお奨めのページ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆気分のおもちゃ箱から「自信」を。
自分の人生がうまく行くと思えるコツとは?
生かされていることに「感謝」すれば「生きて行く自信」も大きくなります。
http://hosai01.la.coocan.jp/toybox-01/t-aiueo-jun/t-jisinn.htm

◆宝彩有菜の瞑想のヒントとコツ質問と回答を。 
・「マントラ」をキープすることについて
「マントラがキープできるうちは、できるだけマントラをキープする」
というのが正しいです。
http://hosai02.la.coocan.jp/mail-q-a/meisou-99-24.htm
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
私の好きなページ紹介コーナーを作っておりますので、紹介するページのURLと、
簡単な紹介コメント、たとえば、「今の私にぴったりです」とか「こころに響きました」と、
ニックネーム(掲載省略選択可)をお書き添えのうえ、「宝彩日曜新聞」編集室あてにお送りください。
採用させて頂いた方には、ご希望の「宝彩BBマガジン」1号分をプレゼントします。(ただし、最新号第29号は除く)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

~~~~~~~~~~~~
 「宝彩ことのは」から
~~~~~~~~~~~~
アタマが思考しているのを「見ている自分」のほうの立場に立てると、
いつも幸福のままでいられるようになります。
なぜなら心の一番奥には、もともと欲が何もないからです。
そこにあるのは愛だけなのですから。

『心がどんどん明るくなる! お釈迦さまの言葉』(青春文庫)p.190
-------------------------
「宝彩ことのは」通信のサイト
◆facebook(アカウント登録していなくても見れます)
http://www.facebook.com/hosaikotonoha
◆ホームページ
http://hosai.world.coocan.jp/daily-word/dw2/magbbs7/magbbs.cgi
◆ツイッター
https://twitter.com/hosai_word

----------------------------
 「e-講座掲示板」  
----------------------------
http://hosai.world.coocan.jp/q-and-a/class-a/yybbs3e/yybbs.cgi
・やしおさん、宝彩先生の新しい投稿がありました。

++++++++++++++++++++++++ 
  宝彩瞑想会のスケジュール(主催:宝彩有菜)
++++++++++++++++++++++++
●第286回:講話のテーマ 「瞑想と幸福の関係」

【日時】 2018年04月02日(月)13:00~17:00

【場所】静岡・沼津

【参加費】12,000円(当日払い)

【参加できる方】次のいずれかに該当される方
  ・e-講座の受講生・受講経験者(1講座でも受講の経験のある方)
  ・インテンシブコース卒業生の帯同者

【申込み】下記の詳細案内ページから、メールでニックネームを付記の上、申込みください。
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-x/me-exp-20180402-numadu.htm

++++++++++++++++++++++++++++
  支部瞑想会のスケジュール(主催:宝彩瞑想リーダー)
++++++++++++++++++++++++++++
支部瞑想会は、e-講座未受講の方もご参加いただけます。
ここでは各支部の概要をご案内しております。
詳細は、下記HPをご覧ください。

◆宝彩支部瞑想会
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-s/medi-index.htm
-----------------------------------------------------

●新大阪支部瞑想会(主催 アリガ)

【日時】 第62回 2018年01月28日(日)19:20~21:50
     第63回 2018年02月25日(日)19:20~21:50
     第64回 2018年03月25日(日)12:50~15:20
        
【場所】 大阪市立青少年センター KOKO PLAZA 7階和室702

【参加費】 一回につき2,500円(当日払い)

Facebook http://www.facebook.com/NewOsakaShibu
-----------------------------------------------------

●中野支部瞑想会(主催 チバ)

【日時】第78回 2018年02月25日(日)13:30~16:30
    第79回 2018年03月25日(日)13:30~16:30

【場所】 東京・中野

【参加費】 一回につき3,000円(当日払い)

ブログ http://hosainakanosibu.wordpress.com/
-----------------------------------------------------
発行:「宝彩日曜新聞」
編集長:宝彩有菜
副編集長:かっちゃん、チバ、智、アリガ
特派員:ウラン、かるん、クマジロウ、よういちろう、ショウ、tanpopo、やんげ、ひまわり、トモ、ねぎ、パパイヤ、百花爛漫
監修:宝彩有菜

この「宝彩日曜新聞」についてのご意見ご希望は、下記メルアドへ。
また、クイズに応募したのに、プレゼントが来ないという方は、
再度お問い合わせください。
まれに、メールが紛れて見落としている場合もありますので。

宝彩有菜

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
■「宝彩日曜新聞」のサイト
http://hosai.world.coocan.jp/sunday/index-sn.htm
■「宝彩日曜新聞」編集室のメールアドレス
hosai_sunday_news@yahoo.co.jp
■宝彩有菜メールアドレス
alina-hosai@mbf.nifty.com
■宝彩有菜のホームページ
http://www.hosai.net
■宝彩瞑想会のページ
http://hosai02.la.coocan.jp/meisou-kai-x/medi-index.htm
■新刊「どこでもできるはじめての瞑想」(イースト新書)
http://hosai01.la.coocan.jp/alina-books/alina-book-design-46.htm
■キンドル新刊「千のことのは」
http://hosai01.la.coocan.jp/what-new-gazou/2017-02-03-4.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ