家づくりで泣く人・笑う人

  • ¥0

    無料

『建築コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『欠陥住宅を防ぐ方法』、『住宅ローン攻略法』、『設計事務所の選び方』など、家づくりに失敗しないためのプロの助言。同名の書籍もニューハウス出版から発売中!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
家づくりで泣く人・笑う人
発行周期
隔週刊
最終発行日
2017年11月06日
 
発行部数
2,186部
メルマガID
0000123172
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > 一戸建て

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

       【まぐまぐ公認 殿堂入りメルマガ!】


『住まいづくり専門コンシェルジェ』が綴る家づくり総合マガジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.185━ 2017.11.06━

《隔週刊》 家┃づ┃く┃り┃で┃泣┃く┃人┃・┃笑┃う┃人┃
      ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
                         ~第185号~
   ◆家づくりは人生最大の「事業」
   ◆事業を成功に導くための、プロのコンサルタントの助言
   ◆あなたも「笑う人」になって豊かな生活を送りましょう!
                    《発行部数 約2,600部》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行人の若本です。
前回の発行から半年が経過しました。

この間、福岡県朝倉市や大分県日田市など、
九州北部に大雨による大きな被害がもたらされました。

自然の猛威に対しては、現代の土木や建築の技術は、
無力に近いほど、想定外の被害が拡がります。

私が住む広島でも2014年8月に大規模土砂災害がありました。
その時の教訓として、自然に対して「工学的」な防災対策ではなく、
脅威から距離を置く『バッファゾーン』が有効だと考えています。

このたび、ホームページをリニュアルし、
スマホ対応のレスポンシブデザインを採用しました。

私が発信する「若本修治のコラム」も見やすくなりましたので、
当時書いた土砂災害に関する記事を参考にして下さい。

⇒ https://cms-hiroshima.com/answers/column/3117/

今後も自然災害への備えは必要ですね!
個人での対策は非常に困難なので、都市計画から見直したいところです。

--------------------------------------------------------------------
 ▼ ドアか引戸か?   ~室内建具を選ぶ~
--------------------------------------------------------------------

最近の家づくりは、1階には広~いリビングが好まれます。
出来るだけ柱や壁のない20帖以上の空間です。

またプレハブメーカーのテレビCMの影響もあって、
天井高も2.7m以上の高さを希望する人が増えているようです。

そして部屋への出入り口の建具は出来るだけ「引戸」に!
そんなご要望が増えてきました。

今回のメルマガでは、前回に引き続き「耐震」の観点から
間取りや構造、建具について考えていきたいと思います。

      ●-----------------------
        横揺れに耐える壁とは
      ------------------------●

戦前の家の多くは「田の字型」の田舎づくりの家がほとんどでした。
2階が載る場合、柱の位置は1階と揃っていました。
垂直方向の荷重には十分耐えられる構造です。

地震の横揺れに対する水平力には、歪みを許容する造りです。
「貫(ぬき)」と呼ばれる薄い横桟に竹小舞下地+土壁が一般的。
仕上に漆喰や焼き杉を張りますが、全体は「柔構造」です。

その上、基礎に土台や柱を緊結しないので、
建物全体がずれて「慣性の法則」がゆるやかにしか働かない構造です。
歪んで壁がひび割れても、地元の職人で容易に復元できる建物です。

そして、戦後建てられた多くの家は、中廊下式か片廊下式の建物。
廊下や階段位置に合わせて部屋が配置されるので、
やはり、基本的には1階と2階の柱の位置は同じでした。

基礎はコンクリートとなりましたが、鉄筋が入っていないケースもあり
角部分の壁に、斜め材の『筋交い』という部材で横揺れを突っ張りました。

ただし釘止めだったので、大きな揺れでは外れることも多く、
大きな窓が好まれたこともあり、地震には弱い建物が増えました。

断熱知識も弱く、壁体内結露で構造材が腐朽し、
シロアリ被害でほとんど強度の無い家が今でも数多くあります。

        ▽ ▼ ▽ 

では、現在建てられている家はどうでしょうか・・・?
品確法により、一定の性能が担保されるようになり、
構造計算偽造や大きな地震被害で、耐震強度設計は高まりました。

構造計算書により、安全性が数値で確かめられ、
「ホールダウン金物」や「筋交いプレート」など、
多くの建築金物で、建物が固められました。

実は、耐震性能を高めて建物を固くするほど、
横揺れによる「慣性の法則」はより強く建物に生じます。

構造用合板などで『壁倍率』を高めるほど、
引抜き力など、重力とは別の荷重が建物に掛かるのです。

広いLDKを希望し、1階に柱や壁の少ない間取りになると、
外周部や玄関ホール、水回りなどに、耐力壁が集中します。
『耐力壁』とは、壁内に筋交いが入る、横揺れに耐える壁です。

ここで出入り口の建具が問題になってきます。
通常のドアであれば、開口部の隣の壁は、耐力壁が可能です。

一方、引き戸を希望されると、引き込み部分は薄い壁です。
筋交いは入らず、耐力壁にはなりません。
(アウトセットという特殊な建具はありますが・・・)

また薄い壁にはコンセントやスイッチボックスなども付けられず、
ドアよりも制約条件が出やすいので、注意が必要です。

米国の広い間取りをみると、玄関からキッチンまで、
建具はなく、すべてオープンに繋がっています。

決して耐力壁が無い訳ではなく、
通路幅が広く、建具がないから、広く感じるのです。


                        <発行人:若本修治>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 編|集|後|記 】

このサービスをスタートさせて15年が経過しました。

まだ実績のないこのサービスを利用した”勇気ある人”がいたから、
15年間を積み重ねることが出来ました。

お客様の声もちょうど100組となり、
ホームページもリニュアルしました。

このたび、日本経済新聞からも、広島支局長自ら取材に来られ、
地方版ながら、当社サービスが日経新聞に紹介されました。

http://esumai.livedoor.biz/archives/52416372.html

取材された安西支局長は、『広島はすごい』のほか、
経団連や国策産業など、硬派な著書がある敏腕記者でした!

ではまた、お会いしましょう♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 【バックナンバーはこちら】
 http://www.cms-hiroshima.com/mailmag/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
●このメルマガでは、
 『住宅コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『欠陥住宅を防ぐ方法』
 から『住宅ローン攻略法』まで、家づくりを成功させるためのさまざまな
 ノウハウと情報を隔週刊で提供していきます。
メルマガ読者で「このメルマガは役に立つ」とお感じの方は、
 是非、皆さんの友人・知人にもお勧めください。
 下記紹介文を切り取ってメール転送するだけです。

======<ここから↓>===============================================
 【家づくりで泣く人・笑う人】
 『建築コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『欠陥住宅を防ぐ方法』、
 『住宅ローン攻略法』、『設計事務所の選び方』など、家づくりに失敗
 しないための助言を、住まいづくり専門コンシェルジェが提供します。

★登録はこちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000123172.html
======<ここまで↑>===============================================

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

★ご感想・ご意見はお気軽に♪

<発行元>   ダブルスネットワーク(株)
        http://www.ws-network.jp/

<発行人>   若本修治 ダブルスネットワーク(株)
        http://www.cms-hiroshima.com/

<メール>   mailto:info@cms-hiroshima.com


<twitter>   http://twitter.com/Ws_net


<Facebook>  http://www.facebook.com/shuji.wakamoto

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ◇ 発行人、若本修治が考えた家づくりのナビゲーター
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ==★住宅CMサービスのネットワーク★==

   ▼住宅CMサービス滋賀
    http://www.cms-shiga.com

   ▼住宅CMサービス京都
    http://www.cm-kyoto.com

   ▼住宅CMサービス堺・和泉
    http://www.cms-izumi.com

   ▼住宅CMサービス広島
    http://www.cms-hiroshima.com


 ●他の地域の専門家も募集中!(^_-)-☆

 ⇒ http://www.cm-serve.net/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■このメルマガは、下記の各発行サイトから発信しています。
 メルマガの解除は各サイトからお願いいたします。


◎まぐまぐ ; http://www.mag2.com/m/0000123172.htm
◎メルマ  ; http://www.melma.com/backnumber_106094/



☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆
Copyrightc 2017 W's Network, Inc. All right reserved.
無断転載を禁じます。
☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ