-だいたい週刊- 花追い人

  • ¥0

    無料

「花追い人のホームページ」のテーマは季節です。季節感あふれる花や野鳥の写真を撮ってご覧いただいています。メールマガジンでは季節情報や撮影地情報、「花追い人のホームページ」の更新情報などをお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
-だいたい週刊- 花追い人
発行周期
だいたい週刊
最終発行日
2018年06月18日
 
発行部数
186部
メルマガID
0000124445
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 写真 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

=========================================================

   ■■□□ -だいたい週刊- 花追い人 □□■■

         季節と花と写真の語らい

   第0727号 2018年6月18日(月)発行部数 00182部

==========================================================
<目次>
●今週の取材
●今週のこれだっ!
●今週のアップ
●編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今週の取材
─────────────────────────────
●鎌倉はアジサイのシーズン

今、鎌倉のいたるところでアジサイの見頃を迎えている

東慶寺でアジサイの鑑賞をしてから、
紫陽花寺として有名な明月院通りまでは行ってみた、この時期は
混雑が激しいのであまり近づき買う無いのだが、6月中に一回く
らいは覗いてみるのが永年の習いでもある

明月院通りはもちろん、北鎌倉駅から明月院通りまでの通称円覚
寺通りをまるで列をなすように人波が埋め尽くしている

平日ながら鎌倉中が観光客で埋まっている

アジサイは瑞泉寺へ向かう紅葉ヶ谷で鑑賞した

こちらは通過する人はいても、足を止める人はほとんどいない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今週のこれだっ!
─────────────────────────────
http://hanaoibito.pro.tok2.com/2017taiwan/170606oa0206M1.jpg


(台中市 台中駅界隈)

大きいが古いビル
通りに面している壁面とその90度の壁面との対比が凄まじい
古い建物を通りに面したところだけをリフォームしたのかなあ


この写真は以下のコーナーに掲載されています
「臺灣紀行」に
「台中駅周辺、朝の散策(2)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今週のアップ(6月11日 ~ 6月17日)
─────────────────────────────
「ぶらりデジカメ散歩」に
「アジサイでにぎわう鎌倉・小町通り(その1)」
http://hanaoibito.jp/digi23/digi170612-01.htm
「アジサイでにぎわう鎌倉・小町通り(その2)」
http://hanaoibito.jp/digi23/digi170612-02.htm

「臺灣紀行」に
「台中駅周辺、朝の散策(2)」
http://hanaoibito.jp/2017taiwan/2017taiwan-fl0606b.htm
「台中駅周辺、朝の散策(3)」
http://hanaoibito.jp/2017taiwan/2017taiwan-fl0606c.htm

「富士箱根伊豆」に
「箱根 ヴィジターセンター周辺のマタタビ」
http://hanaoibito.jp/2017fuji/2017fuji-fl0620a.htm

「箱根湿生花園」に
「タマガワホトトギスとホザキサクラソウ」
http://hanaoibito.jp/2017sissei/2017sissei-fl0619c.htm

「鎌倉四季逍遥」に
「鎌倉 瑞泉寺のアジサイとビヨウヤナギ」
http://hanaoibito.jp/2017syouyou/2017syouyou-fl0612d.htm


「花追い人のホームページ」
http://hanaoibito.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記………6月17日(日)

●マンネリに陥ったら

マンネリズムを打破するのは、被写体を変えること、テーマを変
えること、機材を変えること、そして、撮影のリズムを変えるこ
とだ

かつてモノクロフィルムを使って標準レンズ一本で撮影していた
ズームが無ければ距離感を変えるためには足で動かなければなら
ない、カラーがなければコントラストを考えて画面を構成しなけ
ればならない
ワンカットワンカットを丁寧に撮ることを意味している

それは、写真の原点に戻ること

とりあえず機材と撮影場所はそのままで、ズームを35mm相当
(35mm換算)に固定、モノクロモードに設定した

ミラーレス一眼ではこのような設定をするとファインダーがモノ
クロになるが新しい感覚だ
==========================================================
発行 花追い人 mailto:gallery@kitakamakura-monogatari.com

登録・解除・変更はこちら
http://hanaoibito.jp/malmag/malmag.htm


このメルマガは無料です
知人・友人への転送、社内の回覧はご自由にどうぞ
その際は全文を改変せずに転送・回覧ください

このメールマガジンは、まぐまぐ http://mag2.com/ のシステム
を利用し配信しています
Copyright(C) 2018 花追い人
無断転載を禁じます
==========================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ