fleur de coeur パリからの便り

  • ¥0

    無料

著者サイト

フランス、パリでの暮らしの中で見たこと聞いたことを中心に、文化や習慣、料理やお菓子、ワイン、地図にない観光地、ファッションや雑貨、朝市などの話題を、毎週パリから直接お届けいたします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号


フルールドクール(fleur de coeur)の阿部 桂太郎でございます。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
フランス パリからメールマガジンをお届けいたします。


●パリの街の変化

さて今日は、フランス パリの街の変化についてお話したいと思います。

パリは東京に比べて変化の少ない街だと思いますが、ここ数年、目に見えて変わりつつあるものもあります。

例えば、パリの老舗デパート、サマリテーヌ(Samaritain)。
セーヌ河にかかるポン ヌフ(Pont Neuf)のたもとに立つ建物は、建築上の安全に関する問題から閉鎖され、現在は建物の周囲も含めて再開発が進められています。

また、シャトレ レ アール(Chatelet Les Halles)にあるショッピングセンターのフォーラム デ アール(forum des Halles)も、現在改装工事中です。

いずれもパリの真ん真ん中にあり、かつ、再開発や改装の規模も大きいので、パリの街における大きな変化として注目されています。

なお、今日お伝えしたいパリの街の変化は、もっと身近なこと。
日々の生活の中で感じた変化についてです。

1つめは、マルシェかごについて。

マルシェかごとは、マルシェ(朝市)でお買い物をする時に使うかごのこと。
アブダ(abda)やタザ(taza)と呼ばれる椰子の葉で編んだ、素朴で自然な風合いのお買い物かごです。

2004年に僕がパリに来た頃には、あちらこちらのマルシェで、このかごを手にした人を見かけたものでした。
また、僕自身もこのかごを持って、バスティーユやアリーグルのマルシェでお買い物をしていました。

ところが最近は、マルシェかごを使う人の数もめっきり減ったように思います…。

そして、その代わりに増えたのが、ビニール製の大きなお買い物バッグを持った人々。
フランスの大手スーパーマーケットなどで売っている、安くて、軽くて、丈夫なビニール製のお買い物バッグです。

なお、かく言う僕も、現在はビニール製のお買い物バッグを使っています(すみません…)。
安くて、軽くて、丈夫であることの他、中に何も入っていない時には小さく折りたたむことができ、また、野菜や果物から出た水分や果汁がついても、お掃除(お手入れ)が簡単だからです。

しかし、あの素朴で自然な風合いのマルシェかごが、パリのマルシェから消えていくのは、なんだか寂しい気がします。

2つめは、酒屋さんについて。

ここで言う酒屋さんとは、パリの街中にある、ワインを主に商うお店のこと。
フランスにおける国民1人あたりのワインの消費量は年々減っていると聞きますが、僕の住んでいる界隈を見る限り、明らかに酒屋さんの数が増えています。
あそこにも、ここにも、酒屋さんができました。

しかも、いずれも個性的なお店ばかり。
フランス全土に店舗展開している大手スーパーのワイン売り場や、全国チェーンの酒屋さんでは目にすることがないような、上質で個性的なワインやBIO(ビオ:biologique:有機農法)のワインを揃えています。

なお、調べてみたら、フランスにおけるワインの消費量は、確かに減少傾向にありました。
しかし、その内訳を見てみると、安物のワインの消費量が大きく減少する一方で、上質なワインの消費量はむしろ増えています。

これは、フランスの人々が、従来よりも上質なワイン、美味しいワインを求めるようになった現れなのではないかと思われます。

また、それに応えるために、生産者もより上質なワインを生産し、その結果、上質で個性的なワインやBIOのワインを扱う酒屋さんも増えた…ということなのかも知れません。

皆さまもパリにいらした時、そんな酒屋さんに入ってみてください。
そして、フランスワインの新たな魅力や奥深さを感じていただけたら嬉しく思います。


●お知らせ

1. サロン ド リーヴルのページを新設

弊社のWebサイトの中に、サロン ド リーヴル(salon du livre:本の見本市)というページを新設しました。
フランス パリに関するさまざまな本をご紹介するためのページです。

タイトルを見ただけで興味をそそられる(思わず笑ってしまう、または、苦笑してしまう)本もたくさんありますので、是非ご覧になってみてください。

またこれからも、楽しい本をどんどんご紹介したいと思っています。
どうぞお楽しみに。

・サロン ド リーヴル
http://www.fleur-de-coeur.com/book.html


2. フランス パリへの旅行のページを新設

いくつかの航空会社や旅行会社との間で、フランス パリへの旅行に関する情報や広告を、弊社のWebサイトの中に掲載する準備を進めています。
そして、それらの情報や広告を、フランス パリへの旅行のページにまとめています。

その中で、各社が販売しているフランスへの海外ツアーや航空券などの値段を調べているのですが、その安さにあらためて驚いています。

もちろん、旅行の時期や期間、出発や到着の曜日、直行便か経由便かによっても異なるのですが、中にはパリ往復20,000円台(!)なんていう航空券もありました(燃油サーチャージ等を除きます)。
東海道新幹線の東京~名古屋間の料金が片道(自由席)で10,360円ですから、往復にしたら、それに近い感覚です。

またこれからも、各社から寄せられた耳寄りな情報をご紹介してまいりますので、フランス パリへの旅行をご計画の方は、是非ご覧ください。

・フランス パリへの旅行
http://www.fleur-de-coeur.com/soudaparis-travel.html


以上、フルールドクール パリからの便りをお送りいたしました。
そして今後とも、よろしくお付き合いのほどお願いいたします。
ありがとうございます。

--------------------------------------------------------------------------------
 フランス パリ フルールドクール
 Webサイト:http://www.fleur-de-coeur.com
 Mail:keitaro@fleur-de-coeur.com
--------------------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
fleur de coeur パリからの便り
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2016年02月07日
 
発行部数
4,181部
メルマガID
0000125222
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ