やっぱり本が好き!《子どもと本をつなぐ情報誌》

  • ¥0

    無料

著者サイト

『ひげうさぎ先生の子どもを本嫌いにする9つの方法』(柘植書房新社)の著者“ひげうさぎ”が発行するメールマガジンです。本好きな子どもを育てるお役立ち情報を、読み聞かせなど読書活動20年の小学校教師(現私立小学校長)がおとどけします。

   

メールマガジン最新号



━━《子どもと本をつなぐ情報誌》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇◇                             ◇
◇◇◇◇    ◆ やっぱり本が好き!               ◇◇
◇◇◇                             ◇◇◇
◇◇                             ◇◇◇◇
◇                             ◇◇◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ No.082☆2010-08-08 ━



           毎日15分でみんな本好きに!

    『ひげうさぎ先生の子どもを本嫌いにする9つの方法』の
    著者による、不定期刊行のメールマガジンです。
    本好きな子どもを育てるお役立ち情報を、
    読み聞かせなど読書活動25年の小学校教師がおとどけします。



〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃
              ★ め に ゅ う ★
〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃


 【1】濫読の記2010 : ひとくち書評~夏休みのお供に2

 【0】創刊のごあいさつ : 毎日15分で本好きな子に!



  ┌─ 今日の戯句 ──────────────────────┐
  │                             │
  │   ほんはふえさいふはかるくあきたちぬ         │
  │                             │
  └────────────────────── ひけうさき ─┘



┌─┐
│1│濫読の記2010:ひとくち書評~夏休みのお供に2
└─┘================================================================

            ▼ 夏休みのお供に2 ▼

          ⇒ http://www.heiwagakuen.jp/2010/08/100805.html
======================================================================


◆『怪盗レッド 1』(秋木真/角川つばさ文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/2bbe9rw

 副題に「2代目怪盗、デビューする☆の巻」とある。

 13歳になったら「怪盗」をつぐよう父親から言われたアスカ。いとこの
 天才ケイとコンビを組み、持ち前の運動神経を生かして怪盗修業がはじま
 る。

   大男の背中に回って、足のひざ裏を蹴っとばす。
   ガクン、と大男の体がよろめく。
   「いける!」
   『アスカ、ちがう。それは誘いだ!』
   えっ。


◆『怪盗レッド 2』(秋木真/角川つばさ文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/29d77nd

 シリーズ2冊目は「中学生探偵、あらわる☆の巻」。

 怪盗レッドとして活躍するアスカとケイに、中学生探偵の響が挑戦してく
 る。

   『あと10秒だ……アスカ』
   わたしは、ふるえる手をのばした。
   『やれ』
   ケイの声と同時に、わたしは一方のコードに刃をあてて、
   それを…………………………切った。

 いとこどうしの中学生が神出鬼没の義賊怪盗、かわいい女の子が実働部隊
 でクールな男の子が頭脳役、という設定がはまって人気シリーズになりそ
 うな予感。


◆『いつまでもここでキミを待つ』(ひろのみずえ/ポプラ社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/2dv2ury

 帰宅をためらいサンライズ出雲に乗ってしまった中学3年生の、日常から
 のささやかな(本人にとっては大きな)逸脱を描く。安心して読める正統
 派YA、というのは形容矛盾か。

   「なんだか……毎日をくり返すのがイヤになっちゃったの。
    あした、自分が何やるのかわかっていて、
    あさって何やるのかわかっていて……ああ、土曜になったらまた、
    美術スクールに行くんだなって思ったら……

 「teens' best selections」の26冊目。
 主人公の名がムスメを呼んでいるようで、つい買ってしまった一冊。


◆『おしゃべりな五線譜』(香谷美季/ポプラ社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/242g2c4

 美優は中高一貫校で演劇部に所属する中学3年生。友人、先輩、メールで
 つながる小学校の同級生たちとの出会い、交流、衝突のすえ、何もかもが
 いやになり、ホームの端を歩いていると...。

 友だち関係を象徴する「五線譜=平行線」に和音と不協和音が鳴り響く。

   「[前略]一緒にいてくれない味方なんて、なんの役にも立たない、
    救いにもならない、まったくの無駄!
    むしろ、居ない方がマシっていうくらい![後略]」

   「人との距離の取り方って、
    どうやったら教えてあげられると思いますか?」
   [中略]
   「さあ。……その問いに答えがあるとは思えないけど、
    少なくとも、私は、それを知るために学校に来ている気がする」

 「teens' best selections」の28冊目。
   『リリース』(草野たき)
   『東京クロスロード』(濱野京子)
   『夏の階段』(梨屋アリエ)
 など、中高生を主人公にしたこのシリーズには佳品が多い。
 そういえば、みんなツイッターユーザーの作家さん。


◆『おもしろい話が読みたい! ワンダー編』(青い鳥文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/2ft4hdq

 青い鳥文庫創刊30周年記念の企画として、人気シリーズの外伝、番外編
 のアンソロジーが3冊、3か月つづけて刊行されている。

 その1冊目「ワンダー編」のラインナップは下記のとおり。

   松原秀行  「パソコン通信探偵団」
   小沢章友  「三国志英雄列伝」
   香谷美季  「あやかしの鏡」
   藤野恵美  「お嬢様探偵ありす」
   はやみねかおる「怪盗クイーン」

 本書を読むと、
 原シリーズも読みたくなる、読みたくなる、読みたくなる...。

   ぼくには、彼が考えていることが、痛いくらいわかる。
   力がほしい。強大な力だ。だれに頼らなくても、
   自分と自分のたいせつなものを守れるだけの、強い力がほしい。
        「怪盗クイーン外伝 初楼 ~前史~」(はやみねかおる)


◆『おもしろい話が読みたい! ラブリー編』(青い鳥文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/28b7spp

 アンソロジー2冊目に収録された原シリーズは下記のとおり。

   あさのあつこ「12歳」
   越水利江子 「ずっときみを愛してる」...新シリーズ開始か?
   小林深雪  「泣いちゃいそうだよ」
   服部千春  「四年一組ミラクル教室」
   令丈ヒロ子 「若おかみは小学生!」

 本編を読みたくなった作品、ひとつあり。全8冊で完結しているので、手
 に入れて読んでみよう。

   みんなに見えているのは、
   鏡に映ったわたしみたいに、外側の部分だけ。
   本当のわたしは、生身のわたしは、内側にしかいないのに。p.262
            「恋はショパンの調べにのって?」(服部千春)


◆『火群のごとく』(あさのあつこ/文藝春秋)
                    ⇒ http://tinyurl.com/2b8cwva

 少年剣士の葛藤と成長を縦糸に、藩政に潜む内紛をからめて描いた青春時
 代小説。

   全身が慄いた。背中が疼いた。何かを感じた。
   意識が束の間、途切れた気がする。
   刀を抜き、闇を払った一瞬の後、透馬が路に倒れこんだ。
   払った刃が手応えを伝えてくる。覚えのある手応えだ。
   人の肉を斬る手応え。

 剣の道に励む林弥、道場仲間の源吾と和次郎、才能あふれる透馬など、登
 場する若者たちに『バッテリー』の巧や豪のイメージがオーバーラップす
 る。

 著者の時代小説の代表作、という趣旨の書評を新聞で読んだおぼえがある。


◆『ヘヴンリープレイス』(濱野京子/ポプラ社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/24maowc

 夏休みにはいってすぐ、引っ越した町を探検していた6年生の和希は雑木
 林の廃屋で悩みをかかえる子どもたちと出会う。

 年齢のわりに幼い英太、施設を家出した史生、不登校の中学生有佳。和希
 は3人が信頼するローシ(老師)に惹かれ、交流を深めていく。

   「知っていることがえらいんじゃないんだよ。
    知りたくても知るチャンスがなかったのだから。
    わからないことは調べればいい。自分で調べるんだよ、史生」

 しかし、ローシにつながることでできた子どもたちの世界も、おとなの論
 理によってつぶされてしまいそうになる。

   ぼくの親は、和希の自由にしなさいといいながら、
   必ず道を指ししめす。この道を進むといいと思うのだけれど、
   和希はどうしたい? 決めるのはきみだよ。そうして、
   親がしめした道を、自分が選んだと思ってこれまでやってきた。
   本当はどこかで自分をごまかしているってわかっていたはず。

 子どもたちの“ヘヴン”がさわやかに描かれたひと夏の物語、小学生を主
 人公にした「ノベルズ・エクスプレス」のシリーズで。


◆『兄妹パズル』(石井睦美/ポプラ社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/2cjym4e

 兄ふたりの末っ子、5人家族の亜実は高校2年生。しあわせな家族と信じ
 きっていたのに、ある日とつぜん次兄が家出してしまう。

   こんなことでいいはずがない。
   みんながみんなやさしいふりをし続けていていいはずがない。
   ほんとうのことを隠し合っているところに、
   信頼とか愛情とか生まれるもんか、と思った。

 同じテニス部の親友、サッカー部のあこがれの男子がからみ、欠けたピー
 スが戻ってくればパズルは完成する...か。

 「Webマガジン ブンゲイ・ピュアフル」の連載6回に同量の書き下ろ
 しをくわえて単行本化。


◆『ムーVSタクト! 江戸の夜に猫が鳴く 上』
                  (深沢美潮/ポプラカラフル文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/27l4jz3

 「IQ探偵ムー」のシリーズ15作目。

 江戸時代では謎の盗賊ムウが事件に巻きこまれ、現代では歴史博物館で起
 きた不思議な盗難事件の謎解きにムーとタクトが挑戦する。

   「すみません。拝見します」
   夢羽が書簡を前に、じっと見つめだすと、
   拓斗も横に座り、同じように見始めた。
   このふたり、まさかこの文字が読めるんだろうか?

 交互に展開する二つの事件がどうつながるか、下巻のおたのしみ。

 ストーリーはべつにして、

   今は社会科の授業中。
   江戸時代の人々の暮らしを勉強しているところだった。

 この設定には違和感を感じる。
 ムーは5年生。江戸時代の学習は、ふつう6年生の1学期後半だから。


◆『星夜に甦る剣』(池田美代子/青い鳥文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/23og5z6

 青い鳥文庫版「新妖界ナビ・ルナ」の3作目。

 ふうりの危機をのりこえたルナとソラウの3人は、いよいよナナセと対決
 する。

   「さあ、ルナ、かくごしなさい!」
   ようやく話したりたらしいナナセが、再度、剣をふりあげると、
   ルナへとふりおろしていきました。
   シャッ!

 一話(一冊)で完結せず、いいところでおわって「つづく」。連載ものの
 コミックのようで、追いかけるのがたいへん。

 それから、あきらかな誤植が2つ、これはいただけない。


◆『一鬼夜行』(小松エメル/ポプラ文庫ピュアフル)
                    ⇒ http://tinyurl.com/2bhsoqu

 ジャイブ小説大賞受賞作、審査員をしていた後藤竜二が絶賛した妖怪小説
 の新星。

   「そこにある幸福を選べば、
    人生も妖生も楽しいに決まっているのだろうに……
    分かっていても駄目なんだろうな」


◆『ぼくらは海へ』(那須正幹/文春文庫)
                    ⇒ http://tinyurl.com/2c5leg4

 児童文学界に衝撃を与えた30年前の作品、初の文庫化。

   ふいに左の足にするどいいたみが走ったかと思うと、
   ものすごい力でひっぱられるのがわかった。
   [中略]ころぶしゅんかん、左手ににぎった懐中電灯の光のなかで、
   高だかとあがる左足にからみついたクレモナロープがちらりと見えた。

   児童文学、子どもが読む物とは、
   健全で明るく生きる力に満ちたものでなければならない。
   そんな既成概念に凝り固まっていた世間には、
   この1冊は毒を含んだ異物でしかなかった……のではないだろうか。
                      あさのあつこ「解説」より


◆『怪盗紳士』(ルブラン/ポプラ文庫クラシック)
                    ⇒ http://tinyurl.com/22norm6

 怪盗ルパン全集の2冊目。正月に買っておいて、先ごろ積読タワーから発
 掘された本。

   この「怪盗紳士」は、原著者モーリス・ルブランが、
   はじめてルパンの冒険をかいたものです。
   つまり、ルパンは本書で世間にあらわれるのですが、
   それが、まずかれが名探偵ガニマールにとらえられるという、
   スリル満点の場面からはじまるのです。
                     「この本を読むひとに」より

   「怪盗ルパン全集」は翻訳作品ではなく、
   あくまで南洋一郎氏による翻案だったのですね。
   ぼくがわくわくしたルパンは、
   モーリス・ルブランが創造したルパンではなく、
   南氏のルパンだったのだなと、今になって思ったりもします。
                        貫井徳郎「解説」より

 たしかに「原作 モーリス・ルブラン 文 南洋一郎」と奥付にある。
 全20巻のうち既刊14冊、はやめにそろえておこう。


◆『種蒔きもせず』(星野富弘/偕成社)
                    ⇒ http://tinyurl.com/2363qnb

 星野さん最新の花の詩画集。

   この花は この草にしか 咲かない
   そうだ 私にしか できないことが あるんだ
                     「ハナニラ」

   一枚の作品を描くのも、
   今まで自分のいのちを注ぎ込んで生み出していると思っていたが、
   それは錯覚だったようだ。
   むしろ描いているものから、筆を通して、
   喜びや優しさ静けさ強さなど、
   生きていく力を私が与えられていたのである。
                          「あとがき」より

 帯に告知されているレターセットプレゼント、応募締切が7月31日消印
 有効だということにいま気づいた。



           *  *  *  *  *


 “ひげうさぎ”が校長を務める私立小学校の学校ブログ「平和の窓+」にも
 原稿がエントリされています。


    *「ひとくち書評32」
          ⇒ http://www.heiwagakuen.jp/2010/08/100805.html


    *「ひとくち書評」~まとめて
              ⇒ http://www.heiwagakuen.jp/cat5/cat16/


           *  *  *  *  *



★今年の読書、夏休みに入ってから26冊。

 *「濫読の記」は
       こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/randoku/randoku.htm



◆はじめてみませんか、毎日5分の「読み聞かせ」!

 *読み聞かせおすすめ本のリストは
         こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/library/menu.htm



             ★ こちらもどうぞ ★

◆マガジンのバックナンバーは、下記から検索することができます。

 *各号の「めにゅう」はこちら
    ⇒ http://www.higeusagi.com/wtnavi/navi.cgi?mode=part&part=10



◆「webたまてばこ」には教育のヒントが満載!

 *2冊の著書が生まれたのは
  こちら ⇒ http://www.higeusagi.com/wtnavi/navi.cgi?mode=ranking



 ・…†───────────────────────────†…・

    “ひげうさぎ先生”が校長を務める私立小学校のブログです

          「平和の窓+ ☆ 平和学園小学校」
           http://www.heiwagakuen.jp/

          新しい時代に通用する伝統の教育

     さわやかな湘南の風を校長室から毎日おとどけしています

 ・…†───────────────────────────†…・



   **PR************** 著者サイン本あります **************PR**

      「子どもを本嫌いにする方法」が本になりました!
                 ↓
    ◆『ひげうさぎ先生の子どもを本嫌いにする9つの方法』◆

      ~親と子と教師のための読み聞かせブックガイド~
       http://www.higeusagi.com/top/bk01hongirai.htm


               * * *


      「ひげうさぎ文章教室」も本になりました!
                 ↓
      ◆『ひげうさぎ先生のだれでも書ける文章教室』◆

    ~このコツとこのネタで だれでも日記・作文が上達する!~
       http://www.higeusagi.com/top/bk02bunshou.htm

   **PR************** リンクをご覧ください **************PR**



┌─┐
│0│創刊のごあいさつ:毎日15分で本好きな子に!
└─┴────────────────────────────────

  <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

   毎日かならず5分、本の読み聞かせをしています。
   毎日かならず10分、読書タイムをとっています。
   毎日の15分を1年間つづけると、かならず本好きになります。
   そんな情報のあれこれをお伝えしたくて創刊したマガジンです。
   末永くおつきあいのほど、よろしくお願いします。

                    2004.02.08. ひげうさぎ拝

  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


           ☆★☆ 3つのお願い ☆★☆

     コンテンツご利用の際は発行人までご連絡ください。
     お知りあいへのメルマガ転送はどうぞご自由に。
     デザインがくずれる場合は等幅フォントでご覧ください。


           ☆★☆ おことわり ☆★☆

 当マガジン&サイトはアマゾンアソシエイトプログラムを利用しています。
 文中の 書籍URL は Amazon.co.jp にリンクしています。
 相互紹介・告知・広告等は諸般の事情でお受けしておりません。



**** 読書はエンタテインメントだ! ************************************

 発 行 人 ひげうさぎ     webmaster★higeusagi.com(★⇒半角@)
 発 行 所 おふぃす ひげうさぎ http://www.higeusagi.com/
 配  信 まぐまぐ      http://www.mag2.com/m/0000125457.html
 登録解除 手続きはこちらから http://www.higeusagi.com/mm/mm.htm

****************************** Copyright(c) 2010 OFFICE HIGEUSAGI ****




メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
やっぱり本が好き!《子どもと本をつなぐ情報誌》
発行周期
不定期(ほぼ月刊)
最終発行日
2010年08月08日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000125457
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ