ハートフルコミュニケーション

  • ¥0

    無料

子どもの心を育てるコーチングの方法。子どもの自立を促し、子ども自身の力で幸せを創り出す子育て法。講演やイベント、ワークショップなどのご案内をお送り致します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ハートフルコミュニケーション
発行周期
月刊
最終発行日
2017年11月20日
 
発行部数
1,785部
メルマガID
0000125594
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

ハートフルコミュニケーション メールマガジン               
vol.166   2017.11.20

------------------------------------------------------------------------    

1.ごあいさつ

2.お知らせ

3.「面白い」のその向こう

4. ハートフルセミナー

------------------------------------------------------------------------ 

1.ごあいさつ
 
いよいよ冬の入り口ですね。

11月11日は山形県米沢市で、市の保育士さんたちが300人ほど集まる講演
でした。
朝横浜を発つときは暖かかったのですが、米沢はもう冬でした。
これからは深い雪に閉ざされるようです。

皆さんインフルエンザの予防接種はおすみですか?
先日別の用で近所の診療所に行くと、予防接種を希望する人の列ができて
いました。
ワクチンが不足しているようです。
その診療所でも、普段からかかりつけでない人はお断りしているようです。
受験生のいるお宅でも、ちょっと神経質になる季節ですが、どうぞ万全の
ご準備を。


 
 
 
★☆★‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★☆★


2.お知らせ


★今月の「子育てアイディアボックス」のテーマ
 
【乳幼児期】保育士から、息子の至らない部分を指摘されてばかりで憂鬱 
【学童期】 小学校3年女の子、コミュニケーションがうまく取れない
【思春期】 高校受験の子どものストレスが高い 

  http://www.heartful-com.org/html/02_16.html



★ハートフルクラブは今週木曜日です。

 第35回 ハートフルクラブは・・・ハートフルコミュニケーションのお祭りです。 

 NPO法人ハートフルコミュニケーションは今年、設立10周年。
 その感謝をこめて、人気プログラムを丸一日、無料でお楽しみいただける
 記念イベント「ハートフルフェス」を開催します。
 
 休日をハートフルフェスで学び、楽しみませんか?
 http://www.heartful-com.org/html/02_11.html

 


★☆★‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★☆★


3.「面白い」のその向こう

ある小学校の校長先生がおっしゃいました。
 「最近、子どもの目の輝きが失われつつある」

親たちも嘆きます。
「子どものやる気が見えない」

子どもの目の輝きややる気はどこから来るのでしょうか。
それは彼らの「面白そう」「やってみたい」という好奇心から始まります。
子どもは何に対して面白そう、やってみたいと思うのでしょうか。
それは、子どもによって違います。

魚に興味を持つ子
動物に興味を持つ子
昆虫が好きな子
どんぐりの発芽を面白がる子

体を動かしたり、スポーツに夢中になる子もいます。
チームでプレーすることを楽しんだり、レギュラーになることを目指したり。
勝つことに夢中になったり。

これらのことは子どもの日々の中にあふれています。
その一つ一つを子どもに楽しませることが重要です。

昨年の秋、出張で行ったシンガポールでの出来事。
シンガポールで半日のオフタイムがありました。
ちょっと街を歩いて、私たちは水族館に入りました。
大きな水槽の前で座り込んでじっと魚を見ていると飽きることなくあっという間
に時間は過ぎます。
そこに5歳ぐらいの子どもを連れたお母さん。
子どもは私と同じように床に座り込んで水槽を眺めて動こうとしません。
10分もたたないうちにお母さんは、
「ほら、次行こうよ。早くいかないと全部見られないよ」
それでも子どもは動こうとしません。
それどころか、
「ねえ、ママ見てよ、あのおおきな魚!くるくる回るよ」
と魚の動きを面白がってうっとり眺めています。
ついにお母さん
「ほら、もう行くよ。ママは先に行くから、あなた一人で見てなさい」
こんな幼い子が、「じゃあママ先に行ってていいよ」というわけはない。
思わず笑ってしまいました。
日本と同じです。
子どもの面白いは却下されました。
お母さんとしては、せっかく来たんだから全部回ろうということでしょう。

大人はいいなと思いました。
高い入場料払っても、全部回るより見たいものの前に座って、何時間でも
眺めたいだけ眺める選択ができて。

大人がもう少し、子どもの面白いに答えることができたら。
見ること、聞くこと、体験することに時間を与えたら。
もっと子どもの瞳は輝くだろうに、などとその子の後姿を見て思いました。

人は本当に自分の興味の湧くもの、面白いと思うものを堪能したら、
きっとほかのことにもやる気をみせられるのではないかと思います。

子育てペースをちょっと緩めませんか?
あれもこれもと詰め込む前に、今子どもの目の前にある面白いを
大切にしてみませんか?

「面白い」のその向こうに子どもはきっと何かを見つけますよ。







★☆★‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★☆★


4.ハートフルセミナー

 子どもを育てるときコツを年齢別にお伝えします
 「子どものしつけのコーチング」

 第4回 「思春期の見守り方」 12月9日(日)
    
   見守りの時期です。
   「見守る」と「放っておく」の違いは何か。
   うるさい口出しの代わりに
   彼らの自己信頼を積み上げる言葉を。
   
 http://www.heartful-com.org/html/02_17.html

 


★☆★‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★☆★
 
  今回も最後までお読みいただきありがとうございました。




■発行人:特定非営利活動法人ハートフルコミュニケーション  菅原裕子
 E-mail:heartfulinfo@ys-comm.co.jp   http://www.heartful-com.org/
                                         
----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000125594.htm
----------------------------------------------------------------------     



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ