「ブランドが蘇る」その仕掛けと発想はコレだ!

  • ¥0

    無料

良い商品なのに、売れない!本来のこのブランドって何だろう?と悩んでいるアパレルブランドのキーマンの方へ。このメルマガはブランドの戦略や商品企画、など様々な視点で「ブランドの問題解決」を提案します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
「ブランドが蘇る」その仕掛けと発想はコレだ!
発行周期
週刊
最終発行日
2016年05月29日
 
発行部数
197部
メルマガID
0000130129
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ブランドが蘇る」その仕掛けと発想はコレだ!」http://www.ados.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016/5/29



なぜアパレル業界ではMDが一番面白いのか!?シリーズ:
~優等生の器用貧乏ブランドには魅力がない~



学生の頃、非の打ち所が無い優等生の学生だったのに卒業して何年かすると
「彼は優秀だったと思うけれど、どんな奴だったっけ?」ということがありませんか?

アパレルブランドにも、別注企画してくれる、どの売場への対応も可能、価格や企画に柔軟、
特別に投資をしなくても良い、雑誌への宣伝や旗艦店を作った訳ではない・・・
そして売上げは会社の期待通りに上げる、優秀だけれど特に印象にない
「器用貧乏ブランド」ってありますよね。

アパレルビジネスでは下げ札とネームを取ったら、どのブランドの商品か
判らない企画が多いのではないでしょうか。

消費者がブランドにこだわるとしたら、それはそのブランドイメージであり、
ブランドロゴの背景にあるメッセージや情報にこだわるのです。消費者が重視するのは、
ブランドの売上げやビジネスとしての成功ではありません。


八方美人の対局になる言葉は思いつきませんが、ブランドに関していえば
「癖のあるブランド」「気になるブランド」「イメージが湧くブランド」という評価を
目指すことが、判り易いブランディングの一つの方法です。

一時流行した「チョイ悪オヤジ」という言葉がありますが、
この一言に人は完璧ではない安心感と、いたずら坊主的な親近感を感じるのです。

ブランドも、優等生としてではなく「○○といったら△△だよね!」
というような個性を持たせることがそのブランドを永続させる秘訣です。

八方美人型ブランドは会社にとっては優等生なのですが、癖のあるブランドは
顧客にとって「気になる存在」なのです。


会社に向かって優等生を演じていると、消費者に魅力的なブランドにはなり難いのです。

ブランドに個性を作るのは誰の仕事ですか?・・・そう、ブランドMDです。
MDのブランドに対する取組み方次第で、方向性が決まってくるのです。

記録に残るブランドを目指すのではなく「記憶に残る」ブランドにするかということを
具体的に考えることが、判り易いブランディングです。

ブランド担当者の方々に課題は何ですか?と聞くと
ブランドの差別化! ブランドの個性化!との返事があります。

差別化と個性化は「絞り込む勇気」「マスを諦める覚悟」など
従来のマス対応ではないという決意が求められます。

優等生であることからの脱却がブランドの個性化への第一歩ではないでしょうか?









新規!  業界初アンケート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アパレルMD アンケート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 アパレルの企画マーチャンダイザーやブランドのマーケティング担当者の皆様に
「アパレルMD向けアンケート」のご協力をお願いしております。

質問サイトへは以下のURLで実施することができます。

<ブランド担当者様に聞きました! 「アパレルMD向けアンケート」>

http://enqmaker.jp/member/?id=42823206

(PC、タブレット、スマートフォン、携帯電話、全て同じURLになります。)


10分ほどの簡単なアンケートですので、ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。







この週刊メールマガジン「ブランドが蘇る」その仕掛けと発想はコレだ!」は、
 本気でブランドに情熱を注入している貴方や社内の皆さんのために、
 正しいマーケティング意識を持ち、 ブランドを活性化させるための、
 マーケティング発想力を養う実践型ビジネスメールマガジンです。

 実践をせずにただ知識だけを詰め込んで満足してしまう人、
 自分のブランドに情熱と自信が持てない人、
 正しいマーケティング発想よりも手っ取り早く目先の利益が
 とにかく大事という人は、
 このブランドが蘇る」その仕掛けと発想はコレだ!」には、
 相応しくないと思われますので、

購読解除して下さい。→ http://www.mag2.com/m/0000130129.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ