売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座

  • ¥0

    無料

経営者、役員、管理職、起業家、ビジネスマン必見!会社を元気にする気づきとしくみ、ノウハウと成功事例を満載にしてお届けします!みんなと一緒に未来にステップアップ!まぐまぐ!さんの『ウィークエンドビジネス増刊号』で紹介されました!★相互紹介募集中!★

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座
発行周期
毎週月曜日
最終発行日
2015年03月10日
 
発行部数
746部
メルマガID
0000130207
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

─────────────────────────
売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座  2015.03.10
─────────────────────────




おはようございます。


アンドレビジネスコンサルティングの長谷川です。


真偽のほどはよくわかりませんが、
大手企業を中心に景況感がよいそうですね。


本当にそうなのかな?とちょっと疑問に思うのですが、
仮に儲かっているならばなぜ儲かっているのか?


ここを知りたいところです。




世界を股にかけて活躍している中小企業はともかく、
ほとんどの企業が国内で活躍しています。


ですから、それらの企業の業績は
基本的にストレートに出てきますね。


しかし世界を股にかけているような企業になってくると、
ちょっと様子が違ってくる。


商いとは別に「為替」という要素が入ってくるため、
実はあまり売れていなくても為替のおかげで数字が
膨らんでいる可能性があります。


もちろん円安でも円高でも為替の影響をダイレクトに
受けるお仕事であればそれは表面化します。


そしてそれは別に悪いことではありません。





しかしながらちょっと立ち止まって考えてみると、
果たして為替に左右されるだけの商いでよいのか?
と思ったりもします。


為替の差損はご存知のとおり、
損益計算書では営業外として扱います。


ちょっと乱暴な言い方ですが「おまけ」なんです。


まぁ理屈ではその「おまけ」も含めて
経常利益を算出するのでいいわけですが・・・。





何を言いたいのかわかってきましたよね?(笑)


そうなんですね。


企業が健全な活動をしての結果なのか、
それとも環境の変化によってたまたま出た結果なのか?


この2つの違いはとてつもなく大きいわけです。


もちろんそんなに単純じゃなくて
ミックスされる場合もありますね。


円安に向かう前に100個売れていたとして、
円安になっても100個しか売れていなければ?


円安に向かう前に100個売れていたけれど、
円安になってからは150個売れるようになったら?


どちらのケースも円安だから利益は増えるわけですが、
中身がまるっきり違うでしょう?


だから本当に日本が元気になってきてるのかな?
と思うわけですね。





さて、ここまでは為替の動きによる利益のお話でしたが
国内で活躍している企業だって基本は同じですね。


例えば値上げをする前に100個売れていたものが、
値上げをしても100個売れた。


これはこれで万々歳ですね(笑)。


しかし値上げをする前に100個売れていたものが、
値上げ後に80個しか売れなくなった。


でも「売上」という数字の上では、
値上げ効果でほとんど変わらない。


こんなことはよくあることです。


それで喜んでいいの?


ほっと胸をなでおろしていていいの?


それとも危機感を持った方がいいの?


まぁ、それはそれぞれで決めてください。


そこら辺にあるメモ用紙にでも書き出せば、
すぐわかることですから。




さて僕の悪い癖で話がまた長くなってきたので
まとめますね。


要は「実態の評価」ということなんですね。


数字は数字なんです、あくまで。


だけどその数字をどのように評価するのか?


それが実態の評価なんですね。


そこのところを見誤らないでいただきたいと。


そこを間違えちゃうと
次に進んだ時に転びますから(笑)。


ということで自社の実態を見誤ることなく、
実態を中心に経営して頂ければと思います。







ということで今日は以上です。


また次回お目にかかりましょう!




--------------------------------------------------
■ちょっとだけ編集後記
--------------------------------------------------


これまで重宝して活用していたクラウドサービスが
今月末で無料サービスを終了するらしいのです。


この知らせを受けてから別のものを探しているのですが
帯に短し襷に流し。


Gooleドライブでいいなぁと思って使い始めたら、
リアルタイムで更新してくれない。


これ困るんです、やっぱり。


データ量はさほど多くないので
大げさなものはいらない。


でもそれに見合ったものがよくわからない。


数ヶ月前に雑誌で特集してたから、
あれを買っておけばよかったなぁと…


まぁ、しゃあないですね。


なるようになるでしょう。


では!


                    2015.3.10
                   長谷川 昌一

─────────────────────────
■アンドレビジネスコンサルティング
 http://www.andre-bc.com

 ・〒520-0026
  滋賀県大津市桜野町二丁目7-8-101

 ・TEL 050-3767-1437

 ・e-Mail
  contact@andre-bc.com

 ・Facebookもやってます!友達申請大歓迎です!
  http://www.facebook.com/shoichi.hasegawa
─────────────────────────
■このメールの受信停止を希望の方は、下記URLを
 クリックして解除手続きをしてください。

 ・まぐまぐ http://goo.gl/GZ5ien

 ・melma! http://goo.gl/vE9oab 

 ・めろんぱん http://goo.gl/yuab6O

─────────────────────────
Copyright(C)2004-2015
Andre Business Consulting All rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ