幸せに宅建に合格する方法

  • ¥0

    無料

幸せとは何でしょう?毎日が忙しい皆さんのために、勉強が嫌いな皆さんのために、私は皆さんに「自由」をご提供いたします。人気No.1法律系国家資格である宅建試験に独学合格を目指す方はこちらまで!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
幸せに宅建に合格する方法
発行周期
隔週(日曜日)
最終発行日
2018年05月13日
 
発行部数
9,590部
メルマガID
0000131785
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > ビジネス系資格 > 宅建取引主任者

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■3000万アクセス突破!幸せに宅建に合格する方法ホームページ http://ss-up.net/
■平成30年度版 宅建合格インプリンティング 好評販売中です http://in-pri.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐランキング「ビジネス部門」第1位を獲得!殿堂入り!
■ 宅建関連メルマガ読者数第1位!!
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.390━2018.05.13━
 「幸せに宅建に合格する方法」    平成30年度宅建試験本番まで・・・168日!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今日のインプリ】なるべく覚える第4位:用途規制
            重要度 ★★★★☆(4回以上読んでください!)


皆さんこんにちは、杉山です。

ゴールデンウィークが明けました。これから皆さんのライバルが続々と勉強を開始します。
かなり前の話になりますが、私が初めて宅建試験の勉強を始めたのもこの時期でした。

既に法令制限をほぼ習得済みである当メルマガ読者の皆さんには大きなアドバンテージが
あります。このリードを活かし、宅建業法などの知識も着実に固め、確実に宅建合格を勝ち
取りましょう。もちろん、つい最近当メルマガにご登録いただいた方々にも有益な情報を提
供していきますのでご期待ください!

では、今回は「用途規制」について見ていきます。

市街地(原則として市街化区域)は「用途地域」と呼ばれる住居系×7・商業系×2・工業
系×3の12種類の地域に分けられています。閑静な住宅街、商店街、飲み屋が立ち並ぶ地
域・・などなど、これらは規制によりしっかり区分けされています。

この地域には○○を建てていい、この地域に○○を建ててはダメ、という基準を定めた規制
が今回のテーマです。自動車修理工場、ボーリング場など重要度の低いマイナー知識も意地
悪出題されますが、そんなときでも焦らず、残りの3肢は簡単なはずです。細かい知識は消
去法で対応し、頻出知識をサクサクッと押さえておきましょう。

例によって前提知識は実はかんたん法令制限「用途規制」をご参照ください。
→ http://ss-up.net/yoto.html

最後の2~3問は少し細かいですが、ここまでは押さえておきましょう!


【問1】工業専用地域は、主として工業の利便を増進するために定める地域である。

【問2】12種ある用途地域の中で、住居を建築できないのは工業専用地域だけである。

【問3】図書館や博物館は、全ての用途地域で建築することができる。

【問4】病院や診療所は、全ての用途地域で建築することができる。

【問5】神社や火葬場は、全ての用途地域で建築することができる。

【問6】幼稚園や小中高校は、準工業、工業、工業専用地域以外で建築することができる。

【問7】5階建てのホテルは、工業、工業専用地域以外で建築することができる。

【問8】飲食店やパチンコ屋は、住居系地域で建築することはできない。

【問9】映画館は、面積を問わず近隣商業地域で建築することができる。

【問10】カラオケボックスは、工業専用地域においても建築することができる。



・住居系の用途地域
第一種低層住居専用地域:低層住宅の良好な住居環境を保護(閑静な住宅街)
第二種低層住居専用地域:主に低層住宅の良好な住居環境を保護(コンビニ等がある住宅街)
第一種中高層住居専用地域:中高層住宅の良好な住居環境を保護(5F以下マンションはOK)
第二種中高層住居専用地域:主に中高層住宅の良好な住居環境を保護(中高層マンションはOK)
第一種住居地域:住居の環境を保護(一戸建てと中高層マンションが混在)
第二種住居地域:主に住居の環境を保護(一戸建てと中高層マンション、パチンコ屋等が混在)
準住居地域:道路の沿道として調和した住居環境を保護(道路沿い大型スーパー等がある住宅街)

・商業系の用途地域
近隣商業地域:日用品の供給を行うなど利便を増進(住宅地近隣の商店街)
商業地域:主に商業その他利便を増進(繁華街)

・工業系の用途地域
準工業地域:主に環境悪化のおそれのない工業の利便を増進(工場は多いが危険はない)
工業地域:主に工業の利便を増進(工場ばかりだが住居も少し混在)
工業専用地域:工業の利便を増進(臨海工業地帯など)



【解答1…×】「主として」工業の利便を増進するために定める地域は「工業地域」です。
工業専用地域は、単に、工業の利便を増進するために定める地域です。

【解答2…〇】問題というより、知っておいてほしい知識ですね。これだけでも覚えておく
と、だいぶ楽になります。住居は工業専用地域では不可、よって、住居と言える寄宿舎や老
人ホームなども工業専用地域では不可、つまり工業専用地域以外は全てOKとなります。敷
地が工業専用地域と他地域にわたる場合でも、過半が他地域であれば住宅を建築すること
ができます。建築物の敷地が複数の用途地域にわたる場合、その敷地の全部について敷地の
過半が属する用途地域の規制が適用されるということは覚えておいてください。厳しい方
の規制が適用される防火地域などとしっかり区別を。

【解答3…×】住居ではありませんが、問2と同様に図書館や博物館も工業専用地域だけは
不可となります。工業専用地域以外はOKのものとして、住宅、共同住宅、寄宿舎、老人ホ
ーム、図書館、博物館は押さえておきましょう。

【解答4…×】診療所は全ての用途地域で建築することができますが、病院は、工業・工業
専用地域と第一第二低層住居専用地域に建築することはできません。

【解答5…×】全ての用途地域で建築することができるものとして、神社、教会、診療所、
保育所、巡査派出所、公衆電話あたりを押さえておきましょう。火葬場は自由に建築するこ
とができず、都市計画で定められ、更に一部地域では特定行政庁の許可まで必要となります。

【解答6…×】幼稚園や小中高校は、工業・工業専用地域以外で建築することができます。
準工業はセーフです。大学や高等専門学校は、問4と同様に工業・工業専用地域と第一第二
低層住居専用地域に建築することはできませんので注意。工業・工業専用地域と第一第二低
層住居専用地域で建築できないものとして、病院、大学、高等専門学校を押さえておきましょう。

【解答7…×】ホテルや旅館は、工業・工業専用地域、第一第二低層住専、第一第二中高層住専
以外で建築することができます。病院、大学、高等専門学校に第一第二中高層住専を加えたものが
ホテルと旅館ですね。少しずつ整理していきましょう。ちなみに階数は関係ありません。

【解答8…×】接待のない飲食店は工業専用地域と第一低層住居専用地域以外で建築する
ことができます。第一低層住専以外ならば住居系でもOKですね。パチンコ屋、マージャン
屋、場外馬券場などは、工業専用地域と第一第二低層住専、第一第二中高層住専、第一住居
以外で建築することができます(第二住居、準住居、工業地域は10,000平米以下に限る)。
つまり、住居系であっても小規模であれば第二住居と準住居地域はセーフです。

【解答9…〇】商業・近隣商業、準工業地域においては、面積を問わず映画館、劇場、演芸
場などを建築することができます。客席が200平米未満ならば準住居地域でもOKです。

【解答10…〇】カラオケボックスは、第一第二低層住専、第一第二中高層住専、第一住居
以外の地域で建築することができます(第二住居、準住居、工業・工業専用地域は10,000
平米以下に限る)。つまり、工業専用地域であっても小規模ならばセーフです。


【PR】-------------------------------------------------------------------

平成30年度版宅建合格インプリンティング好評販売中です http://in-pri.com/

宅建お役立ち情報満載!「幸せに宅建に合格する方法HP」 http://ss-up.net/

合格までサポート!マン管・管業合格インプリンティング http://man-pri.com/

-------------------------------------------------------------------------

幸せに宅建に合格する方法 Mag2ID:0000131785
発行者:(株)チャプター2 杉山人志
このマガジンは『まぐまぐ』http://www.mag2.com/を利用して発行しています。
登録・解除は http://www.mag2.com/m/0000131785.htmでお願いします。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ