起業アイデア発想法!小資本型成功モデル7つの骨組み

  • ¥0

    無料

成功率の高い起業のアイデアは、一体どうやって見付ければよいのか?!人知れず高収益をあげている新規事業、米国(アメリカ)情報起業の成功事例などを紹介しつつ、あなたオリジナルなビジネスモデルを発想するプロセスを伝授!まぐまぐ殿堂入りメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
起業アイデア発想法!小資本型成功モデル7つの骨組み
発行周期
月刊(不定期、長文・保存版)
最終発行日
2017年08月15日
 
発行部数
3,493部
メルマガID
0000131792
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 経営学・経営理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

メールマガジン読者のあなた様へ

一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネス・
スクール(略称SBBS)の中山匡(ただし)
です。こんにちは。

8/10(木)にご案内しました
「感謝祭・全国ツアー」にご参加申込
くださった方々、ありがとうございます!

前回をご覧でない方にお伝えしますと、
都内の対象書店さんで書籍『起業のバイブル』
をご購入くださる方向けに、
次のような無料サービスをさせて頂く
ことにしました。


●『起業のバイブル』発売1周年
& 協会アワード大賞受賞記念
感謝祭・全国ツアーでご提供する
7大無料ご支援サービス
http://www.sbbs.or.jp/kbtour


夏休み・お盆に入る前のタイミング
でしたので、ご覧くださっている方々は
とても少ないのではないかと
心配はしていました…。

が、現時点で分かっているだけでも
今回のイベントの対象となる書店さんでは
購入者様からのご報告ベースでは、


     56冊


の書籍が売れた形となりす。

今回のイベントのために用意くださった
書籍は全部で175冊ほどですので、
まだ、


    残り119冊


ある状況です。

先日、ご案内した際には、
5つのサービスのみでしたが、
今回は2つほど追加し、
「7大無料サービス」をご提供
させて頂くことにしました。

日頃、活動を支えてくださっている
皆さんへの感謝の気持ちとして、
この機会をご活用頂けたら
大変嬉しい限りです!


●『起業のバイブル』発売1周年
& 協会アワード大賞受賞記念
感謝祭・全国ツアーでご提供する
7大無料ご支援サービス
http://www.sbbs.or.jp/kbtour


さて、本日は、


  コンサルタントが
  自分の「カラダの限界」から脱却するには?!


というテーマでお話したいと思います!

以下、本題となります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     起業アイデア発想法!小資本型成功モデル7つの骨組み

         【第245号】2017.8.15(不定期)
────────────────────────────────────
バックナンバーはこちらから ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000131792/
────────────────────────────────────
<本日のテーマ>

■コンサルタントが自分の「カラダの限界」から脱却するには?!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私が起業支援活動を開始したのは
2004年です。

個別の起業相談に見える方の中には、
初期の頃は特に、コンサルタントのような
まさに、


   自分自身そのものが商品


という活動を希望される方が、
非常に多いものでした。

10年で1,061個の国内外の成功モデルを
調査した結果として、
小資本でスタートアップ可能なビジネスモデル
は全部で


    7種類22分類


あることが分かっています。


●その詳細はこちら
http://www.sbbs.or.jp/kouza-detail/kouza-rank2#bm722hex
http://www.sbbs.or.jp/kouza-detail/kouza-rank2#bm722


これらの中でも、コンサルタントのように
自分自身のカラダそのものが商品の
ようなモデルのことを、


   「能力モデル」


と呼んでいます。


このモデルは、7種類22分類の他のモデル
と比べても、非常に、起業活動を開始
してからの立ち上がりが早い傾向に
あります。

新しいビジネスのゼロからの立ち上げに
おいて、一番時間がかかるのは、
「商品開発」です。

商品をつくるまでに試行錯誤の期間が
必要でこれに1~3年、5年とかかることは
決して珍しいことではありません。


ところが、コンサルタントのようなモデル
は、既に、過去に蓄積してきた経験そのもの
が商品であるため、活動を開始する時点で
「商品開発」の半分は終わっていることが
珍しくありません。

だから、早く立ち上がりやすいのです。


これは、私自身も例外ではなく、
活動開始後、2年ほどで、
おおよそ週に2日ほど働くだけで、
年収3,000万円という状態を
実現することができたほどです。


ところが、この「能力モデル」には
大きな欠点があります。

それは、立ち上がりが早い分、


   成長が停滞するのも早い


ということです…。


私自身も、3,000万円に到達して以降、
完全に成長が止まりました…。

その当時、セミリタイヤという言葉
が流行っていましたので、
そのとき、


  私もセミリタイヤすることにしました


的なことを書いて、週に2日しか
仕事をせずに、遊んでいました。(汗)


ただ、では、そうしてセミ・リタイヤを
しなかったとしたら、もっと成長できたか
と言われると、極めて怪しいと感じます…。

もしかしたら、それ以上の成長が
できない自分を認めたくないために、
セミ・リタイヤという選択肢を選び、


  リタイヤしているんだから、
  それ以上、成長しなくたって
  仕方がないじゃないか、


という言い訳をしていたにすぎなかった
ということを、今では反省しています…。


逆に言えば、そのくらい、
「能力モデル」は、
あるところまで到達すると、
それ以上の成長を求めるのが難しい
ビジネスモデルなのです。



では、この「能力モデル」で活動を
始めた方、さらにその規模を一気に
超えて成長していくための方法には、
どんなものがあるのでしょうか?!

これまで10年で6,000名以上の方々を
ご支援してきた結果として、
大きく分けて次の5つがあると
考えられます。



1つ目は、情報化・コンテンツ化
すること。

私もしてきましたが、教材を開発したり
有料月刊誌を発刊したりというような
ことです。

個別のコサンルティングではなく、
集合型の塾、スクールにするという
方法もあります。



2つ目は、自分のクライアントに
自分以外の他社商品を提供すること。

例えば、私が、最も信頼できる
Web会社と業務提携して、
「テストマーケティング用Webサイト」
構築のサービスを開発頂き、
私はその営業をして、営業報酬を
得るようなモデルです。

(これは、「事業化代行モデル」と
呼ばれている型です。)



3つ目は、正社員を採用して、
自分に代わってできる人材を育成
することです。

ただ、これは、固定費がかかり
リスクも高いため、なかなか
実施しにくいものです。

そもそも、優秀な社員を採用する
ことが極めて難しい…。



そこで、4つ目としてですが、
正社員ではないですが、
外部の人にノウハウを提供して、
提携コンサルタントとして養成していく
という方法があります。

ピアノ教室の先生であれば、
ピアノができる講師を採用し、
その講師に自分のノウハウを伝授していく
ようなイメージです。

ところが、そうして、ノウハウ伝授した
講師、提携コンサルタントが、
自立して辞めていってしまう等ということは
良くあることです…。

また、提携コンサルタント同士が
仕事をとりあったり喧嘩する
ということは珍しくありません。

他のコンサルタントに仕事をとられないように
するためにも、自分が得たノウハウを
他のコンサルタントには共有しようとは
思いにくいものです…。



そこで、5つ目として出てくるのが、
そのような提携コンサルタント養成の
仕組みを標準化し、
より多くのコンサルタントを
養成していけるような仕組みを
つくっていくことです。

そうすることで、せっかく育てたコンサルタントが
1人2人と辞めてしまっとしても、
それ以外のコンサルタントが活躍し続けることで、
継続できる状態を実現するわけです。

また、共通の理念や目標を
全てのコンサルタントと共有し、
コンサルタント同士が協力しあう仕組み
をつくっていきます。

これこそが、まさに「協会ビジネス」
そのものですね!



私の方でも、以上の5つの方法は
一通り経験してきました。

この5つの中でも、4つ目のものは
多くの人が考えるものでしょう。

私自身も、これがきっと最高の
解決策だろうと考えて、導入しました。


しかし、これが意外なほど難しい
のです…。

何よりも、提携コンサルタント同士が
お互いのノウハウを共有して協力しあう
ような関係がつくれないため、
組織にならないのです。

力を合わせるどころか、競い合って
しまいまとまりません…。

また、そのような提携コンサルタント
をスカウトしようと考えて声をかけても、
所詮は1人の個人コンサルタント
にすぎない私のことを
信頼頂くのは簡単ではありません。

結果として、身近なところにある人脈
という狭いところからしか、
コンサルタントの候補者を探すことが
難しくなります。


こういった経験を自身が経た結果として、
「能力モデル」の限界から脱却するための
最終的な結論としては、
やはり、5つ目である


   協会ビジネス化


を進めていくのが最適解なのではないか、
という結論に到達しつつあります!

協会ビジネスは、その4の提携コンサルタント
を育成する方法を、仕組み化して進化させた
ようなものです。

何よりもの一番の大きな違いは、


   あなたの理念に共感するコンサルタント


を募るという点です。

共通する理念があるため、
コンサルタント同士の間に、
共通の価値観や共通言語が生まれやすく、


   コンサルタント同士の協力関係


がとても築きやすいのです。

また、あなたの理念に惹かれた結果として、
なたの既存人脈の範囲を大きく超えた
ところから、


   あなたとぜひ一緒に活動したい!


と考えるコンサルタントが、次々と
現れてくるようになります。


当協会では、ビジネスモデル・デザイナー(R)
という競合ゼロのビジネスモデルを
ゼロから生み出すためのコンサルタントを
養成しています。


●ビジネスモデル・デザイナー(R)認定講座
http://www.sbbs.or.jp/kouza-detail/kouza-rank2


実際、コンサルタント、認定講師は
現在100名在籍していますが、そのうち、
協会ビジネス開始前からあった人脈経由で
コンサルタントになった方は、
5%もいません。

95%は、協会の理念に共感して集まって
こられた方々ばかりなのです。


コンサルタントの方で、


   自分の「カラダの限界」からの脱却したい!


とお考えの方にこそ、協会ビジネスを
導入頂けたらとても嬉しい限りですね。



ちなみに、そのような協会ビジネスを
開始するに当たっては、現実的には、


・認定講師が共感する理念をどうやって
つくったら良いか?
・認定講師には、主にどんな対象の方に
なって頂くのが最適か?
・それらの認定講師をどうやって集客
したら良いのか?
・認定講師に活躍してもらうための
講座のカリキュラムはどのような内容に
したら良いか?


といったように、たくさん細かい点を
つくりこんでいく必要があります。

協会の本部を立ち上げるということは、


   フランチャイズ本部を立ち上げる


のと同じようなことを1つ1つ作り込んで
いく必要があります。

そういったノウハウを提供しながら、
協会をゼロから立ち上げていくために
私の方では、協会ビジネス(R)コンサルタント
として、前田出先生より認定を頂いた上で、


   「協会ビジネス ベーシック講座」(全8回)


を開催しています。

そして、それがどのようなものかを体験頂く目的で
ご用意しているのが、


   「体験プレ講座(2時間)」


という位置付けになっています。

その「体験プレ講座」の開催スケジュール
は以下の通りです。


・2017年8月17日(木)13:30~15:30※まだ参加可能です
・2017年8月21日(月)13:30~15:30※前田出先生が前半に登壇されます
・2017年8月25日(金)13:30~15:30
・2017年8月28日(月)13:30~15:30
・2017年8月31日(木)13:30~15:30
・2017年9月5日(火)13:30~15:30


まだ、今からでも8/17(木)を含めまして
ご参加申込が可能ですので、
ご希望される方は、下記よりその詳細を
ご確認頂けたら嬉しく思います。


●協会ビジネス「体験プレ講座」とは?!
http://www.sbbs.or.jp/kbc-trial


素晴らしいあなた様と会場でお目にかかれる
ことを、楽しみにしています!



以上、最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願い
いたします。


”広がる事業には、美しい方程式が秘められている”
ビジネスモデル・ロードマップ・デザイナー

一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネス・スクール 代表理事
NPO法人ウーマン・キャリア・デザイン 理事長
アントレプレナー・コーチング株式会社 代表取締役

中山匡(ただし)

facebook: https://www.facebook.com/tadashi.nakayama
シェア・ブレイン・ビジネス・スクール: http://www.sbbs.or.jp/
ビジネスモデル・デザイナー(R)認定プロジェクト: http://www.sbbs.or.jp/bmd-project
在宅秘書サービス: http://www.e-secretary.net/


■バックナンバーはこちら ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000131792/

■本メールマガジンへのご感想は、
下記のお問い合わせフォームを通じてお送り
くださると、大変嬉しく思います!

<お問い合わせフォーム>
http://www.sbbs.or.jp/member/request/

スタッッフ共々、楽しみにお待ちしております!!

■本メールは「転送・転載自由」です。知人・ご友人等で事業テーマ選び・
起業アイデア探しに悩んでいそうな方がいらっしゃれば、どんどん転送して、
助けてあげてください。
(なお、転載の場合には、出典元として、 http://www.sbbs.or.jp/
をご紹介ください。)

■このメールマガジンは「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/ を利用して発行
しています。ご登録・配信中止は、 http://www.mag2.com/m/0000131792.html
にて、いつでも自由に行うことができます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
発刊:一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネス・スクール

住所:〒100-6208東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス8F
TEL: 03-6860-8513 FAX: 03-5204-9058

Copyright 2017(C)Share Brain Business School Association All Rights Reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ