起業アイデア発想法!小資本型成功モデル7つの骨組み

  • ¥0

    無料

成功率の高い起業のアイデアは、一体どうやって見付ければよいのか?!人知れず高収益をあげている新規事業、米国(アメリカ)情報起業の成功事例などを紹介しつつ、あなたオリジナルなビジネスモデルを発想するプロセスを伝授!まぐまぐ殿堂入りメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
起業アイデア発想法!小資本型成功モデル7つの骨組み
発行周期
月刊(不定期、長文・保存版)
最終発行日
2017年12月12日
 
発行部数
3,390部
メルマガID
0000131792
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 経営学・経営理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

メールマガジン読者のあなた様へ

一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネス・
スクール(略称SBBS)の中山匡(ただし)
です。こんにちは。


ご報告が遅くなってしまいましたが、先日、無事、
ビジネスモデル・デザイナー(R)アワード2017が
終了しました。

定員100名を大幅に超える130名もの方々に
会場にお越しくださり、
本当にありがとうございます!

本日は、以下、その開催内容をご報告させて
頂けたらと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     起業アイデア発想法!小資本型成功モデル7つの骨組み

         【第260号】2017.12.12(不定期)
────────────────────────────────────
バックナンバーはこちらから ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000131792/
────────────────────────────────────
<本日のテーマ>

■ビジネスモデル・デザイナー(R)アワードで大賞を受賞したビジネスモデルは?!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


アワード当日は、
まず、累計350万部ベストセラー作家であり、
日本を代表するマーケッターである神田昌典先生
による「未来にモテるビジネスモデル」の基調講演
を通して開演しました。


その後、1万人の受講生の中から勝ち抜いて
こられたファイナリスト4組のプレゼンテーターにより、
「競合ゼロ」のビジネスモデルのプレゼンを頂きました。

その中で、晴れて大賞に輝いたのは?!


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


     ・ ・ ・ ・ ・


大賞に輝いたのは、静岡県浜松市から
エントリーの舩越造園の舩越貴久社長、
そして、その支援担当ビジネスモデル・デザイナー
の稲泉誠講師(比嘉盛樹講師がその補佐を担当)
でした!

受賞対象となったビジネスモデルは、
造園業のイノベーションについてで、
テーマは、次のものでした。


  M&Aを通して急成長!
 「庭・お墓の草とり」「お墓参り代行」事業により、
  20万人の障がい者の雇用を生み出す


社会貢献活動を、単なるボランティアに終わらせず、
社会貢献しながらも本業の業績向上につなげていくか?!

 特に、造園業をはじめとした成熟産業の経営者
には、「自分にもイノベーションが可能だ!」
という勇気を与えるものだという声が、
審査員や来場者から多数聞かれました。

大賞を受賞された舩越社長、そして、
その支援を担当くださった稲泉先生には、
改めてお祝いを申し上げます。

本当におめでとうございます!


その他、より詳細につきましては、
下記のページを通じて、まとめさせて頂いています。

もしよろしければ、以下をご覧頂けますと
大変嬉しいです!


●ビジネスモデル・デザイナー(R)アワード2017
結果の詳細ご報告
http://www.sbbs.or.jp/bmd-award_report2017



ちなみにですが、今回のアワードの
神田昌典さんによる基調講演を含めて、
動画やDVDによる販売は行っていない状況
となります。

が、4名の起業家によるプレゼン内容に
つきましては、


 「競合ゼロのビジネスモデルとは、
  具体的にはどのようなものなのか?」


ということを、より詳細にご理解頂きたいと
考えていますので、公開することを考えて、
最終調整をしているところです。

公開が可能となりましたら、リンクをお伝えの上、
私より、そのビジネスモデルのポイントは
どこにあるのかという点を、特別に解説した上で
お届けできたらと考えています。

まだ、お約束はできない状況でありますが、
どうぞご期待いただけたら幸いです!


最後に、競合ゼロのビジネスモデルを
構築していくことにご関心がおありの方向けの
講座・担当講師を以下、ご紹介させて頂きます。

ご興味がおありましたら、各講師のプロフィールを
まずは下記よりご確認頂けたら嬉しい限りです。


●多田朋孔講師 新潟にて
12/15(金)、12/16(土)、12/18(月)、12/23(土)、12/26(火)など
http://www.sbbs.or.jp/archives/schedule_cat/tadatomoyoshi

●市川英利講師, 松井秀斗講師 東京 八王子にて
12/17(日)など
http://www.sbbs.or.jp/archives/schedule_cat/ichikawahidetoshi

●田口歩講師 東京にて
12/22(金)、来年1/13(土)など
http://www.sbbs.or.jp/archives/schedule_cat/taguchiayumi



以上、最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願い
いたします。


”広がる事業には、美しい方程式が秘められている”
ビジネスモデル・ロードマップ・デザイナー

一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネス・スクール 代表理事
NPO法人ウーマン・キャリア・デザイン 理事長
アントレプレナー・コーチング株式会社 代表取締役

中山匡(ただし)

facebook: https://www.facebook.com/tadashi.nakayama
シェア・ブレイン・ビジネス・スクール: http://www.sbbs.or.jp/
ビジネスモデル・デザイナー(R)認定プロジェクト: http://www.sbbs.or.jp/bmd-project
在宅秘書サービス: http://www.e-secretary.net/


■バックナンバーはこちら ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000131792/

■本メールマガジンへのご感想は、
下記のお問い合わせフォームを通じてお送り
くださると、大変嬉しく思います!

<お問い合わせフォーム>
http://www.sbbs.or.jp/member/request/

スタッッフ共々、楽しみにお待ちしております!!

■本メールは「転送・転載自由」です。知人・ご友人等で事業テーマ選び・
起業アイデア探しに悩んでいそうな方がいらっしゃれば、どんどん転送して、
助けてあげてください。
(なお、転載の場合には、出典元として、 http://www.sbbs.or.jp/
をご紹介ください。)

■このメールマガジンは「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/ を利用して発行
しています。ご登録・配信中止は、 http://www.mag2.com/m/0000131792.html
にて、いつでも自由に行うことができます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
発刊:一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネス・スクール

住所:〒100-6208東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス8F
TEL: 03-6860-8513 FAX: 03-5204-9058

Copyright 2017(C)Share Brain Business School Association All Rights Reserved.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ