困っているお客さんの役に立ちたい接客業の人へ

  • ¥0

    無料

ちょっと変?!と感じるお客さんに出会ったことはありませんか?その人自身、不安定な精神状態でどうしたらいいのか困っているのです。そんな人にアドバイスしてあげたり役に立ってあげたいと思っている接客業の方へ。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
困っているお客さんの役に立ちたい接客業の人へ
発行周期
不定期
最終発行日
2007年09月19日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000133213
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > 自営業

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  困っているお客さんの役に立ちたい接客業の人へ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

第14号  2007/9/19

●‥‥目次‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●

「浮き」「沈み」の発見の過程
心理的・精神的にも影響を与える「浮く」という現象


● ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●
こんにちは

前回は、プロのダイバーの治療をきっかけに重心が「浮く」ということを
発見したという話をしました。

その治療をきっかけに、来院した患者さんの「重心」を必ず検査する
ようになりました。
乗馬をする人、スカイダイバー、体操の選手、船員等、浮いている方が
都合がいい趣味や職業を持っている人は、結構浮いていました。
浮いているからそんな趣味やスポーツを選んだのかもしれません。
彼らは皆、カラーを使ったトランスファ療法で重心を正常にすることが
できました。
訴えているさまざまな症状が、重心が正常になった途端すっかり良くなる
ということを何度も経験しました。

また、「浮く」という現象が肉体だけでなく心理的、精神的にも大きく
影響するということも発見しました。

◆◇心理的・精神的にも影響を与える「浮く」という現象
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2004年5月のことです。
久しぶりに来院したSさん(30代 女性 会社員)にどうしたのかと
尋ねると「調子悪いんです。だるくて疲れが取れなくて、耳が詰まった感じが
します。
元々血糖値が高いのですが、運動も食事も気をつけているのに今回最高値
まであがってしまいました。浮腫みもひどいんです」ということでした。

検査すると重心が浮いていました。
3月20日頃から浮いたようです。
「ええ、その頃から浮腫みが起こりました。疲れやすくなったのもその頃です。
すごく会社に行くのが嫌になりました。
会社での人間関係が悪くなってきたのが原因だと思うのですが・・・」
どう悪くなったのか尋ねると
「周りの人が誰も私には話しかけなくなったんです。
私がいらいらしているからかもしれません。人を近づけないように自分でバリア
を張っているように感じます。
人との間に距離感があるようにも感じます。
やる気もおきなくて、もうどうでもいいやという感じです。」

歩行して頂くと、「ふらふらします。足が地に着いていない感じです」という
ことでした。
「浮いている」ことを、本人が自覚し、第三者も確認するための方法の一つに
「歩行」があります。
浮いているとふわふわ浮いたような歩き方になります。
Sさんの場合、重心バランス軸のトラブルは見つかりませんでした。
検査すると、カラーを使ったトランスファ療法で重心を正常にできることが
わかりました。

カラーはいつも治療室に用意していますので、Sさんの重心を正常にする色紙を
探し出しました。
彼女の場合、ピンクで効果が出ると分かりました。
ピンクの色紙をお腹に挟んで歩いて頂きました。

「しっかり歩けます。ふらつかないです」ということでした。
「身体の状態はどうですか?」と尋ねると「身体がすっきりした感じです。
「自分の周りに膜がかかっている感じがして耳が詰まって聞こえづらかったん
ですが、無くなりました」

ピンクの色紙をはずして歩いて頂くと「あっ、浮いている感じします。頭がふらふら
します。」
ということでした。
ピンクの色紙を手渡し、普段から身体に付けるよう指導し、治療が終了した後、
身体の変化や会社の人との間に変化があれば連絡して下さいとお願いして帰って
頂きました。

後日Sさんからメ−ルが届きました。

・・Sさんからのメール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月20日から5月25日まで、浮いている期間と言われました。
5月10日に治療していただき、その後の変化を報告いたします。

5月11日
最近、話をしなくなりギクシャクした関係になっていた会社の同僚から
「教えてくれ」 「手伝って欲しい」 と言われました。

別の同僚(彼はもともと、仕事以外の事は殆ど話さない人です。)から
「南千住も変わったね」 と声をかけられました。
自宅の最寄駅前に大型商業施設や高層マンションが建ち、再開発が
進んでいる事を言っています

5月12日
別の同僚からも突然、話しかけられました。
その人とは、考え方も仕事の進め方も違い、言い争いをした事もあり、
3月20日以前から全く話をしていませんでした。

お互い、外出先から戻る途中の駅で偶然会いました。
私は、きまずいので気付かないふりをしていましたが、
彼のほうから話しかけられました。

5月13日
楽に声が出せるようになりました。
自分の声が、柔らかくなったような気がします。
緊張したような硬い声で、とげとげしさがあったと思いますが、
それが解消してきているようです。

5月14日
会社で冗談を言い合える程になりました。

浮腫みが解消し、体重も減ってきました。
昨日は、風邪をひき熱がありましたが、一晩寝て治りました。
気持ちも少しずつ軽くなりました。
憂鬱でやる気のない日が続いていましたが、前向きになりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sさんのように「浮く」ことで、肉体的な症状を起こすだけでなく、
心理的・精神的にも影響し、それが人間関係を悪くしたり、仕事や勉強の妨げに
なったり、また、事故や怪我を起こすきっかけになったりする事さえもあると
いう経験をその後何度もしました。


「困った人だなあ」「この人ちょっとおかしいのかな」「どう関わったらいいの
だろう?」そんなお客さんは、もしかしたらSさんと同じ状態「浮いている」
かもしれません。

次回は「沈み」を発見したきっかけをお話します。

◆◇ 質問・相談・問い合わせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
質問・相談・問い合わせはこちらへ

http://www.ckueibu.co.jp/melma/index.html#e18
(問い合わせボタンを押して下さい)

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
◆発行元:CW代表
     エネルギー回復療法 医美 院長
     伊東 聖鎬
〒106-0032
 港区六本木5-16-17ホーマットプリンセス110号  
Tel 03-3586-9312
◆URL  :http://www.ckueibu.co.jp/ibi/    
◆E-Mail  :float@ckueibu.co.jp                   

------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行
しています。解除はhttp://www.ckueibu.co.jp/float08/melma/ からできます。
    
【注意】このメルマガを返送されても購読解除はできませんのでご注意下さい

このメルマガの転送を歓迎します。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ