Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道

  • ¥0

    無料

著者サイト

2005年度まぐまぐ大賞「生活情報部門」第1位!腰痛、膝痛、五十肩などの整形外科の疾患からサプリメント情報まで、現役整形外科医がわかりやすくガイドします!ただいま無料レポート公開中!

   

メールマガジン最新号

 ↑ ↑  
 (まぐまぐさんからの広告)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□【Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道】
    まぐまぐ殿堂入りメルマガ   
            (2014/12/23)みなさまのおかげでNo.242 ■□
                   
 ■ サイト http://www.kitokito.cc
 ■ 人工関節 http://www.e-ope.com/
■ まつだ整形外科クリニック http://matsuda-seikei.jp/
 ■ ランニング障害SOS http://run-care.com/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
 こんにちは!

 前回の配信が5月。先週にはまぐまぐより「休刊措置」のお知らせが来て
 しまいました(ナンタコッタ...orz)

 昔はそのまま廃刊になってしまいましたが、現在は復活できるように
 なっています。

 ということで、今回は復活後初のメルマガ配信です(^^;
 もう2度とこのような事にはならないようにします!

 
 さて、今年から埼玉県立深谷高校ラグビー部のチームドクターをしています。
 
 見事に昨年の雪辱を晴らし、優勝して花園への切符を手にしました!
 本当に嬉しかったです(^^

 しかし、本当の闘いはこれからです。
 

 続きは編集後記で!



 またまた前置きが長くなってしまいました。 
 今週も心を込めてお送りします。

 
 
 -- <目次> --------------------------------------------
 ◆1【「よくある素朴な疑問シリーズ:その1」 】 
    <怪我をした時は冷やす?温める?>
                      
   
 ◆2【編集後記】
 --------------------------------------------------------

 ★最初に...

日頃多くの患者さんと接していると、よく質問を受けることが
 あります。

 私たち医療関係者にとっては当たり前で常識的な事でも、
 患者さんにとっては素朴な疑問に思うことは多々あります。

 一方で、外来中になかなか医師に聞くことが出来ないケースも
 あるでしょう。


 そんなあなたに、患者さんからの素朴な疑問について
 紹介していきます!

 --------------------------------------------------------



 ◆怪我をした時は冷やすか?温めるか?
 ------------------------------------

当院にも怪我をされた方はよく来ます。
 特にスポーツでの怪我が多いですね。

 そんな時、患者さんの最初の対応はさまざまです。

 冷やしてきた人。
 お風呂やスパに行って温めてきた人。
 マッサージを受けてきた人。
 


 仮に外出先で段差で躓いて膝を強打したと
 しましょう。


 患部は徐々に腫れてきて、内出血も出てきました。
 さて、あなたたらどうしますか?


 ◆温めるとどうなる?
 --------------------

 患部が腫れて、内出血が出てきていますので、
 どうも毛細血管が切れているようです。

 こんなケースで温めると。。。


 血行が良くなり、さらに腫れがひどくなってしまいます。
 当然、痛みも強くなってしまいます。

 つまり温めてはダメです!

 
 *ちなみにお酒を飲んでも同様に血行が良くなって
  痛み、腫脹が悪化しますのでご注意を!


 ◆冷やすとどうなる?
 --------------------

冷やすことによって、血管が収縮します。

 その結果、内出血、腫脹も引いていきます。

 また、冷やすことで痛みの感覚も鈍くなりますので
 痛みも軽くなります。

 
 ですから急性期は冷やすのが正解です(^^


 ◆冷やした後に温めるのが正しい対処!
 ------------------------------------


 怪我の対処としては、長期間冷やし続けるもの
 良くありません。

 冷やし続けると、組織の血行が悪くなって酸素や栄養が不足
 してしまいます。

 ではどうしたらいいのでしょうか。


 怪我をして数日で内出血も止まり、腫れもピークを越えます。
 
 これ以降は、温めて血行を良くして、組織の活性と再生を
 促します。

 組織に酸素や栄養を補給し、老廃物を除去するうえでも
 温めて血行を良くすることが重要です。


 タイミングは?

 患部を入浴して温めた時、ズキズキと痛みが出ることが
 あります。

 その場合はまだ温めるのが早いと判断します。
 まだ急性期なんですね。

 温めても患部が心地よい状態であればO.Kです。



 ★最初冷やして、後に温める!
 

 さて、次回はなんでしょうか~?(^^


 お・た・の・し・み・に~♪


 ---------------------------------------------------------------
 ◆2 <Dr.フーの編集後記>

 高校ラグビー全国大会は27日に開会します。
 我らが深谷高校は山口県代表の萩商工高校と27日に対戦します。
 

 私は26日の外来終了後、最終で花園入りする予定です。


 選手達がひた向きに、がむしゃらにボールを追いかける姿勢に
 とても感動します。

 そして勇気と元気をもらっています。
 
 そんな子供達(選手達)の少しでも力になれれば嬉しいと思い 
 チームドクターを引き受けました。


 現在、腫瘍メンバーが怪我で戦線離脱。ピッチには立てません。
 他にも複数人が負傷しており、完全回復には至っていません。


 現地でも治療できるように準備しています。

 少しでも安心して、全力でピッチでプレーできるように
 サポートしていきたいと思っています!


応援宜しくお願いします(^^
 


   (フー)
 ----------------- <注意、免責事項について> ---------------------

 ■□医療相談は行っていません。治療中の方は主治医の方にご相談下さい。
 ■□記載内容を利用して生じた結果については、当方では責任は取れません。

 ■このメールマガジンは「まぐまぐ!」http://www.mag2.com/を利用して
  発行しています。
  配信中止はこちらからお願いします。今まで購読ありがとうございました。
  → http://www.mag2.com/m/0000133997.htm
 ■発行者Webサイト:http://www.kitokito.cc

 ----------------------------------------------------------------------

    最後までお読み頂き有難うございました。    (整形外科医 フー)
 ----------------------------------------------------------------------
 以下は私のサイトです。

 ■ サイト http://www.kitokito.cc
 ■ 人工関節について http://www.e-ope.com/
■ まつクリ http://matsuda-seikei.jp/
■ ランニング障害SOS http://run-care.com/
 ----------------------------------------------------------------------

 ★うら編集後記

今日は19回目の結婚記念日です(^^

いろいろありましたが、元気に過ごせているのも
 妻のお蔭です。

 感謝の気持ちを伝えたいと思います♪
 て、照れるな~...(^^;

 
 
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
Dr.フーのキトキト!整形外科散歩道
発行周期
毎週月曜日
最終発行日
2014年12月23日
 
発行部数
4,014部
メルマガID
0000133997
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 生活習慣病

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ