あなた&商品の魅力を『10倍伝える・売れる』文章講座

  • ¥0

    無料

売れる広告・ホームページは文章で決まる。 魅力を伝える「言葉」を作り出すヒントを全力解説中。文学作品の解説から視点を変えるコツなど、様々な視点から、あなたの脳を刺激します。仕事も恋愛も言葉に始まり言葉で終わる。じっくり読んで、文章力向上のヒントを見つけてもらえたのなら幸い。 ※独立起業家・経営者・ネットショップオーナー・広報担当者・コピーライター・webデザイナーなどなど「あの人」も読んでるメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
あなた&商品の魅力を『10倍伝える・売れる』文章講座
発行周期
月1~2回程度(の予定)
最終発行日
2017年08月17日
 
発行部数
1,043部
メルマガID
0000134613
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

あなたの文章は伝わっていますか?
文章指導のプロが「伝わる文章」の考え方を提供中。文学作品の解説から、視点を変えるコツまでをたっぷりと解説中。
───────────────────────────────────



あなた&商品+伝わる →「文章講座」
http://www.wordproject21.com


                            □No.302■
───────────────────────────────────
───────────────────────────────────

■独立起業して17年目に、考えたこと(その3)


私が「文章を書く」時には「自分の軸を確かめる」ということを大切にしてきました。軸は優先順位、と書き換えることもできるでしょう。迷った時、読み返して違和感を感じる時には「今書いた文章は、自分の軸によりそっているか」を、確認するようにしてきたのです。たとえば、このような文章講座の場合ですと、

「自分が体験(実感)できたことを、書く」

を、ひとつの軸としてきました。
私が、このメルマガに書いていることは、私自身が独立起業し「自己資金で、広告を作ってきた体験」から見つけたことをベースにしています。何かの本を読んだり、調べただけの情報ではなく、自分の身銭を切って「体感」したことを書いているのです。つまり、「これは、自分が実際に体感したことだから =書く」「これは、よさそうな情報だけど、自分が体感してはいないから =書かない」と判断する基準にしてきたのです。

つづきを読む(無料):独立起業して17年目に、考えたこと(その3)
http://www.wordproject21.com/rule78.html



■読書の記憶 五十五冊目:偉人伝を読んでいた日


小学1年生の頃の話。自宅の本棚に「偉人の伝記集」があった。いわゆる「偉い人の話」というやつだ。子供向けにまとめられた10冊前後の全集で、日本から世界まで様々な地域や職種の伝記が収録されていた。

そこに紹介されている人達の人生は、一様にドラマティックだった。周囲の人に「そんなことは無理だ」と言われたとしても、どんなにひどい困難が彼らを襲い肉体的精神的に追い詰められたとしても、仲間が去ってしまって一人きりになってしまったとしても、彼らは絶対にあきらめることがなかった。昼も夜も作業を止めることはなかった。そしてわずかでもチャンスが見えたならば、果敢に挑戦し結果を手につかんでいた。

おそらく当時の自分は、この本の中で紹介されている人達を「実在の人物」だと思っていなかったと思う。これは架空の物語で、自分が生活している世界とは別の世界の話と感じていたように思う。参考にしよう、とか、彼らを見習おう、というレベルで読んでいたわけではなく「特殊な能力を持った人たちの架空の物語」くらいに考えていたような気がする。

つづきを読む(無料):偉人伝を読んでいた日
http://hondana.wordproject21.com/2017/05/biography.html



■読書の記憶 五十八冊目:同じ本を二冊買ってしまった時に、考えたこと

同じ本を二冊購入してしまった時のショックは、意外と大きい。買った本を覚えていないのか、という自分の記憶力に対する情けなさ。買ったのに読んでいないから同じ本を買ってしまうのだ、という未読の本の多さに対する自己嫌悪。そもそも本を「読む」のが好きなのではなく、本を「買う」ことが好きなのではないか、と物欲の強さに対する自己批判。そんなあれこれが混ざり合って、わりと大き目のショックを感じるのではないかと思う。

ちなみに自分が同じ本を買ってしまうパターンは、

1)新刊で買った本を、古本屋で見つけて買う
2)古本屋で買った本を、古本屋で買う

大きくわけて、この二つに分類される。

つづきを読む(無料):同じ本を二冊買ってしまった時に、考えたこと
http://hondana.wordproject21.com/2017/07/twobooks.html



伝わる文章講座 佐藤 隆弘 拝


■伝わる文章講座 公式ホームページ:
http://www.wordproject21.com

■佐藤の本棚(読書ブログ・毎月更新中)
http://hondana.wordproject21.com

■作者への「講演・取材の依頼」は、
こちらから↓↓
http://www.wordproject21.com/toiawase.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◇このメルマガへの 問い合わせは◇◇◆

伝わる文章講座 オフィシャル・サイト 
http://www.wordproject21.com
編集責任者 佐藤  隆弘 

全文、または一部の無断転載及び配布を禁じます。
本誌、または本誌の内容に関するいかなるトラブルに関しても
発行者は一切の責任を負いません。自己責任にてご利用ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
PR:大学受験対策の家庭教師(仙台) http://www.shingaku21.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ