シカゴ発 映画の精神医学

  • ¥0

    無料

アメリカ在住の精神科医が、最新映画を精神医学、心理学的にわかりやすく解説。「癒し」と「心」がテーマです。ビジネスや恋愛にも役立つ心理が学べます。メルマガ大賞新人賞、総合3位受賞。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
シカゴ発 映画の精神医学
発行周期
週刊
最終発行日
2017年04月12日
 
発行部数
24,496部
メルマガID
0000136378
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > レビュー・映画評

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                
      映画の精神医学
       

   ●第484号● 2017年4月12日発行 ●

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【目次】

■1 はじめに

■2 新作映画批評

   こんなに「苦しい」映画があっただろうか? 『ムーンライト』

■3 編集後記

─────────────────────────────────
■1 はじめに
─────────────────────────────────

今年のアカデミー作品賞『ムーンライト』を見たので
『映画の精神医学』を発行してみました。

正直、全くおすすめできません。

詳しくは、『新作映画批評』で。



明日、樺沢紫苑の新刊『神・時間術』(大和書房)が発売されます。

集中力を高めて、仕事を効率化することで、
膨大な自由時間を生み出す。

目からウロコのチョー画期的な時間術を多数紹介した、
「時間術」の決定版です。

amazonキャンペーンはありませんので、
書店でお買い求めください。


そして、発売と同時に、
『神・時間術』感想キャンペーンがスタートします。
https://event-form.jp/event/1717/XqwtznXrovKV

『神・時間術』の感想を書いてくれた人に、
8大特典をプレゼントします。

【特典1】「樺沢流時間術8つのこだわり」(音声セミナー30分)

【特典2】 もう時間を無駄にしない!樺沢流ソーシャル時間術 (動画セミナー26分)

【特典3】 樺沢流時間術?「無駄な時間」を極限まで減らす極意(音声セミナー13分)

【特典4】「樺チャンネル」時間術&集中力 厳選動画集 (53分)
 
【特典6】「時間術」おすすめ本 これだけは読みたい厳選5冊

【特典7】『神・時間術』を200%活用する著者インタービュー動画(24分)
 
【特典8】樺沢紫苑との食事会にご招待 (上位3名)


かなり濃厚な特典だと思います。

是非、樺沢との食事会を狙って、
気合の入った感想を書いてみてください。

ということで、
発売日に、書店で買っていただき、感想を買いていただけますと、
とっても、とってもうれしいです!!

発売前に『神・時間術』の内容を知りたい!
という方は、
『神・時間術』の最初の64ページが無料で読める。
『神・時間術』無料版をダウンロードしてください。

無料版のプレゼントは、本の発売と同時に。

いなわち、本日、4月12日23時59分で終了となります。

『神・時間術』無料版は、コチラダウンロード
http://kabasawa.biz/b/time11.html


────────────────────────────────
■2 新作映画批評
────────────────────────────────
┌─────────────────────────┐
 こんなに「苦しい」映画があっただろうか? 『ムーンライト』
└─────────────────────────┘

アカデミー賞作品賞を受賞したからとっていて、
おもしろいとは限りません。

映画ファンであれば常識ですが、普通の人は、
アカデミー賞というだけで、過剰な期待をいだくでしょう。

アカデミー賞では、時としてものすごく深いテーマの作品が、
作品賞を受賞します。

例えば、
『それでも夜は明ける』(2014)
『スポットライト 世紀のスクープ』(2016)
『ハート・ロッカー』(2010)
など。

特に、『それでも夜は明ける』は、奴隷として拉致された黒人の話。
その拷問シーンの壮絶なこと。

『スポットライト 世紀のスクープ』や『ハート・ロッカー』は、
緊迫感のある作品ではありますが、
テーマが重たいだけに、ラストは一応ハッピーエンドでありながら、
ものすごく重苦しい印象を残します。

今年のアカデミー作品賞を受賞した『ムーンライト』。
見る前から、予告編を見ただけで「苦しい」映画と予想しましたが、
まったくその通り、というか予想をはるかに超える「苦しさ」を
体験することになりました。

主人公の少年は、
学校での壮絶なイジメ。
家庭での虐待。
人種差別。
性差別。
と、4重の苦しみを背負って生きています、

それぞれのシーンの壮絶なこと。
正直、見ていられません。

お金を払ってまで、
どうしてこんなに苦しい体験をしなければいけないのか・・・と。

もちろん救いは、あります。

「たった一人でも、自分を認めてくれる人がいる」
ということは、それだけで生きていくために、
ものすごい勇気になるのだ! と。

そんなポジティブなテーマが徐々に明確になっていきます。

闇夜を照らす「ムーンライト」。
月のひかりは弱いけども、それがあるだけで、
暗闇も歩いていける。

そんなイメージでしょうか。

しかし、映画の95%くらいは、
少年のイジメなどの描写に費やされている。

苦しい。
本当に苦しい。

途中で映画館を出たい衝動にとらわれました。
そんな映画、滅多にありません。

映画として、「どん底」と「救い」の振れ幅が大きい。
そこで感動は生まれるのですが、
いかんせん、「苦しい」描写が壮絶すぎて、
映画館を出た後も、しばらく「どよーーーん」とした
気持ちに支配されました。

イジメや差別の描写をここまで壮絶に描いた映画
というのは、そう多くはありません。

その点から言うと、アカデミー作品賞を受賞した理由もわかりますが、
この映画を他の人にお勧めする勇気は、私にはありません。

その点でいうと、この映画を作品賞に選べる
アカデミー協会というのは、あるいみ凄いかも。
とも思います。

ということで、『ムーンライト』。
骨太なテーマの社会派映画が大好き、
という人、以外には、全くお勧めできません!

心に深く刺さる映画であることは間違いないのですが、
心を刺す痛みが、映画が終わった後も続きます。

確かに、そんな映画、滅多にないですね。

樺沢の評価  ★★★
(★★★★★が満点。☆は、★の半分)

映画『ムーンライト』 まずは予告編をご覧ください。
http://moonlight-movie.jp/


────────────────────────────────
■3 編集後記
────────────────────────────────

本一冊、無料ダウンロード。
本日、終了!!

何度か紹介しています
無料で本一冊が、まるごとダウンロードできる。
超お得なキャンペーン。

『なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?』
(藤永丈司著、フォレスト出版)
はもうダウンロードしましたか?
http://infotop-acenter.com/lp/11043/679488

英語が苦手な人。
その克服のヒントが得られる本です。

今、英語を勉強している人。
これから英語を勉強したい人は、
必ず知っておくべき「英語学習法の基礎」が一通りわかる。

サラッと読めて、すぐに学習法を修正し、すぐに効果が得られる。
良書です。

全157ページの全文が、完全、無料でダウンロードできます。
http://infotop-acenter.com/lp/11043/679488

コチラから申し込みますと、1分後には、
PDFファイルで読むことができます。


────────────────────────────────
■4 最近見た映画
────────────────────────────────

最近のお勧めは、『哭声/コクソン』と『シング』です!!

4月11日
『ムーンライト』★★★

4月9日
『ゴースト・イン・ザシェル』★★★☆

3月31日
『モアナと伝説の海』★★★★

3月29日
『哭声/コクソン』★★★★★

評価を★★★★☆から★★★★★に変更しました。

3月28日
『ひるね姫』★★★☆

3月25日
『パッセンジャー』★★★

3月21日
『3月のライオン』★★★☆

3月20日
『シング』★★★★☆

3月14日
『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』

3月8日
『アサシン クリード』★★★

3月2日
『素晴らしきかな、人生』★★★★☆


────────────────────────────────
メール送信者:(株)樺沢心理学研究所 樺沢紫苑
連絡先:  kzion@kabasawa.jp
メール送信者情報の詳細:
http://www.saikyo.bizshin.com/semi1/hyouji_eisei.html

メールマガジン登録/解除:
      http://www.mag2.com/m/0000136378.htm

Facebook http://www.facebook.com/kabasawa3
YouTube映画解説 https://www.youtube.com/movie3min/

────────────────────────────────
 「映画の精神医学」は、以下のURLより解除することが可能です。

メールマガジンの解除・登録・変更はコチラから
  http://www.mag2.com/m/0000136378.html
────────────────────────────────
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ