戦略がなければ生き残れない

  • ¥0

    無料

著者サイト

必死で頑張っても売れない、努力したくても努力の方法が分からない。そんな厄介なご時世に、実績を上げるためには何をすればいいのか。使えない理屈はいらない、精神論は聞き飽きた、という悩めるビジネスマンのために、現役の営業コンサルタントが、その他大勢から脱け出して、一歩先に進むためのビジネスの知恵をお伝えします。 『「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語』(ぱる出版)の著者・駒井俊雄によるメルマガです。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【戦略がなければ生き残れない】大阪・堺の超優良企業シマノは、これからも盤石なのか?

★営業戦略コンサルタントのメルマガ★

第338号(2017/5/18)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★バックナンバーはこちら→https://www.createvalue.biz/column2/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■皆さま、こんにちは。

経営コンサルタントの駒井です。

■いつの間にか、5月も後半に入ってきています。

早いものですねー。

皆さまは、5月病にもならずに、充実した日々を過ごせているでしょうか。

私の方も、毎日、なんやかんやと忙しく過ごさせていただいております。

有難いことですよ。

■さて、実は今日は「戦略勉強会」の日です。

戦略勉強会は、月に一度、開催している小規模でアットホームな会です。

私から一方的に話をするのではなく、なるべくメンバーの皆で、企業事例や旬な話題について、話し合い、ビジネスのヒントをつかもうという趣旨の会です。

小規模というのは、だいたい5、6人まで。それ以上になると、心斎橋の事務所には入りきらないので。

ただ年間パスを購入してくださる方も増えてきたので、そろそろ会場を借りようかなーと考えているところですが。

■勉強会では、だいたい、テーマを二つとりあげます。できれば、典型的な企業事例と、旬なトレンドとなる話題をとりあげるようにしています。

前回は(1)大阪の超優良企業シマノ、(2)ユーチューバーの将来性。というふたつでした。それぞれ面白かったです。

ちなみに今日は、(1)M&A市場の状況について、(2)AbemaTVの戦略、(3)ブックオフの苦境について。

この3つの中から、2つほどとりあげようと考えております。(時間があれば3つともやります)

■そんなわけで、今回のメルマガは、前回の勉強会で話し合ったシマノに関することを書かせていただきました。

大阪の超優良、高収益企業であるシマノは、なぜここまで強くなったのか?

今後、シマノはこのまま優良な企業のままでいられるのか?

そんなことをテーマに話し合いました。

基本的に勉強会で話し合われた方向性でメルマガを書かせていただいております。

が、実際の勉強会では、もう少し辛辣に言っております^^;

どうしても文章にしようとすると、オブラートに包むことになってしまいますからね。

皆さまも、ぜひ一度、お越しください。

6月の戦略勉強会は、6月22日(木)です。
https://www.createvalue.biz/seminar2/post-298.html


★≪池田君に聞く!≫は、「捕手でも打たんか!」です。

昔からのプロ野球ファンとして我慢ならないことがある池田君です。

こちらも、最後の方にあるので、お読みください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「戦略勉強会」のお知らせ

6月22日(木)19時~
https://www.createvalue.biz/seminar2/post-298.html

心斎橋の新事務所で開催する戦略勉強会です。

アットホームな場所で、気軽に楽しく勉強いたしましょう。

懇親会は、心斎橋の高級イタリアンに繰り出しますので、お楽しみに^^

皆さまのお越しをお待ちしております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【戦略がなければ生き残れない】大阪・堺の超優良企業シマノは、これからも盤石なのか?

■売上高3300億円。営業利益660億円(営業利益率20%!)。無借金経営の超優良メーカーが、大阪・堺にあることをご存知ですか?

高級自転車の部品分野で世界トップのシェアを誇り、「自転車界のインテル」の異名をとる株式会社シマノのことです。

参考:自転車界のインテル、「シマノ」高収益の秘密(東洋経済オンライン)
http://toyokeizai.net/articles/-/162292

株式時価総額は、なんと1兆6200億円(3月10日時点)三菱重工業やイオンよりも高くなっています。

■シマノの強さはなんといっても、自転車部品における存在感です。

記事によると、スポーツ自転車向け部品で85%のシェア。

世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」2016年でも参加22チーム中17チームがシマノの部品を採用したといいます。

レース用だけではありません。欧米では、変速機付き自転車のほとんどにシマノの部品が使われているといわれています。

「自転車界のインテル」とはよくいったものです。

ちなみに、インテルとは、パソコンのCPU:中央処理装置の主要メーカーです。インテル製のCPUが入っていることが売れるパソコンの条件となっていた時期がありました。

もっともスマホ時代になって、インテルの存在感が薄れている今日、インテルの方が「パソコン界のシマノ」と言われるようになるかも知れませんな。

■シマノは、1921年、大阪堺で創業した島野鉄工所を基にしています。その頃は普通の町工場です。

創業当初から自転車部品の製造に注力し、その分野での存在感を高めていきました。

シマノの自転車部品が重宝されたのは、安いのに品質が高かったからです。

安くていいもの。というヒット商品の永遠の条件を実現することができたのは、同社が得意とする精密冷間鍛造という技術があったからでした。

普通、鍛造といえば金属を熱してから加工するものです。が、冷間鍛造は、常温のまま圧力をかけて加工します。その分、工程や切り屑が少なくて済むので正確で低コストです。

他の自転車部品メーカーより優れていたのはこの点でした。

■もっとも私は冷間鍛造というものに詳しくありません。

製造業の方に聞いてみたら「むちゃくちゃすごい技術ではないが、習得しようと思えば10年はかかる」と評価していました。

要するに、経験則が生きるローテクの分野で経験を積み上げているのがシマノの強みであるということです。

ちなみにその製造業の方は「今さらシマノの技術に追い付こうとするよりも、自分の技術で戦った方がいいと、皆が考えているのではないか」と仰っていました。

そりゃそうですね。今さら自転車部品の分野に切り込んでいってシマノ勝てるイメージがある会社は少ないでしょう。

シマノが競合もなく、ダントツのトップ企業でいられる理由の一つがここにあります。

つまり、シマノが優位性は、まさに自転車部品という分野に一点集中したという「戦略」にあったわけです。

■当時から冷間鍛造の技術を持つ工場は、ほかにもあったはずです。

いってもローテクですからね。

ただし、その技術を便利な下請け会社として使われるか、あるいは尖った特殊技術として選ばれるのかは、その会社の「戦略」によるものです。

当時のシマノの経営陣が優れていたのは、自転車部品分野という範囲に限ると、冷間鍛造の技術は、選ばれる要因になると判断したことでしょう。

様々な産業の下請けとして過ごしていく道もあったでしょうが、そうしなかった戦略をとったことが、今日のシマノを作ったということです。

■日本の自転車部品製造で力を蓄えたシマノは1965年にはアメリカに販売会社を設立しています。

早くも日本の自転車需要の減退を予測したからです。

ここからのシマノの行動は、実にランチェスター戦略的です。

すなわち、キャラバン隊を組んで、3年に渡って、アメリカの自転車販売店を調査して回ったのです。

この全数訪問調査というのは、ランチェスター戦略の特徴の一つであり、この戦略が非常に高い確率で成果を上げることができる根拠となっています。

シマノの米国での成功は、このローラー調査にあったと私は考えます。

果たして、シマノの調査部隊は、ここから「マウンテンバイクのブームが来る」という結論を出して、その部品の量産体制をいち早く整えます。

ライバル会社が、そのブームを予見できずに出遅れたのと対照的に、シマノが飛躍するきっかけとなりました。

■その後の展開も見事です。

1972年には欧州に販売会社を設立。

部品を「コンポーネント」としてセットした上で商品化する手法を開発、これが安くて性能が高いので、ヨーロッパの自転車メーカーに軒並み採用されます。

それどころか「シマノの部品を使っていないと自転車が売れない」というまさにインテル状態になっていきます。

これも自転車好きな人に聞きますと「ヨーロッパの部品メーカーもあるにはあるが、やたら高い」そうです。

特殊なこだわりがない限り、安くて性能のいいシマノ製を採用した自転車の方を買う方が合理的ですよね。

シマノが圧倒的な市場シェアを持つに至った所以です。

ちなみにシマノの売上の約9割が海外からのものです。

■まさに盤石ともいえるシマノなのですが、今後も成長していけるのでしょうか。

株価が好調なのは喜ばしい限りですね。

ただこれは、今年のヨーロッパの需要回復を見込んでのことであり、中長期的な展望ではないと思われます。

常識的に考えれば、ヨーロッパ市場の需要が劇的に伸びることは難しいでしょう。

では成長する中国やアジアでの販売はどうなのか。

ところが、こちらは地場メーカーの乱暴な販売方法(どかーんと作って安売りする)に苦戦しているようですな。

が、そんなことは想定内のはず。

かつてアメリカ市場を開拓したバイタリティはどこへ行ったのでしょうか?

中国市場で成功しているこういう会社もあるのですから↓

参考:中国巨大市場でシェア4割! “自転車”産業で成功した日系企業、その驚くべき「先行戦略」(現代ビジネス)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49077

そう思うと、シマノの予定調和的は動きは、少々寂しく感じます。

そういう意味でも、私の感想としては、シマノの将来は決して華々しいものではないと思えます。

■なおシマノの売上高の80%が自転車分野。20%が釣り具他となっています。

そうなんですね。シマノのもう一つの課題が、自転車分野以外で柱となる事業を育て切れていないところです。

ゴルフ用品を手掛けたり、スノーボードをやったりしましたが、いずれも撤退しています。

自転車が成熟していく中、次の柱を育てることは急務のはずです。

こちらもいい傾向が見えないグズグズした動きに思えますね。

日本電産とか富士フィルムのように、とまではいいませんが、このあたりで潤沢な内部留保を使う方向性を示してほしいものです。

■いずれにしろ、シマノは、私にとって地元大阪・堺の超優良企業ですから、これからも頑張っていただきたいと考えています。

私が押しかけてシマノの戦略方向性を考えたいぐらいですよ。

もう一段ギアを上げて、超々優良なグローバル企業になっていってもらいたいと思っております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★人気コーナー《池田君に聞く!》

■池田君とは、私の高校時代の友人で、実在の人物です。

毎号、様々な話題について、池田君の見解を載せていきます。

今回は「捕手でも打たんか!」です。

◆プロ野球が開幕してるけどな。

あの巨人の小林って何や。

あいつ、WBCではえらい活躍して、日本中が応援してたはずやけどな。

いま、あいつって、打率1割7分3厘やと。

なめとんのか。

◆そやけどよう考えたら、今って、打てる捕手がおらんなあ。

昔は、打てる捕手というのが、当たり前におった気がするけどな。

野村を筆頭に、田淵とか、古田、城島、阿部、矢野。

むしろ、配球を読める捕手は、バッティングもええはずちゃうんか?

◆それやのに、最近は、捕手は打たんでもええって風潮になってるやろ。

バッティングを生かすために、捕手からコンバートするとかいうし。

どういうことやねん。

パ・リーグはDHがあるからまだマシやけどな。

セ・リーグは、投手と捕手で、二人も守備要因やったら、打線がつながらんやろ。

◆捕手は打たんでも仕方ないとか、ぬるいことぬかすな。

ちゃんと打て!

とプロ野球のオールドファンとして、最近のトレンドにも厳しい池田君でした。

※この文章は、池田君の談話をもとに私の解釈を交えて書いたものです。

ですから池田君が読めば「おれはそんなこと言うてないぞ!」と言い出すかもしれません。

悪しからずご了承ください。


★ご質問、ご感想はお気軽に!⇒ komai@createvalue.biz

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆戦略がなければ生き残れない ブログ

弱者の戦略カテゴリー
http://blog.livedoor.jp/lanchester_kansai/archives/cat_50004821.html

ビジネスモデルカテゴリー
http://blog.livedoor.jp/lanchester_kansai/archives/cat_50014528.html

企業動向カテゴリー
http://blog.livedoor.jp/lanchester_kansai/archives/cat_533135.html

★ご質問、ご感想はお気軽に!⇒ komai@createvalue.biz

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■皆さまの声から、いろんな事に気付くことができます。ですからご意見、
ご感想、ご質問など何でも言って下さい。
⇒ komai@createvalue.biz

最後まで、読んでいただき、本当に有難うございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~営業戦略コンサルタントのメルマガ~  

 発行人 : 株式会社クリエート・バリュー 駒井俊雄
      https://createvalue.biz/
 MAIL: komai@createvalue.biz
 メルマガの登録・解除はこちらからおねがいします↓
  http://www.mag2.com/m/0000136966.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
戦略がなければ生き残れない
発行周期
隔週木曜発行
最終発行日
2017年05月18日
 
発行部数
799部
メルマガID
0000136966
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > マーケティング理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ