初めてでも失敗しない不動産の買い方

  • ¥0

    無料

家を探し始めようと思っている方に朗報!現役営業マンがやさしく不動産の買い方をご案内します。 不動産選択の基準や住宅ローンの返済など、知らなければ後悔をする不動産の知識が満載です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
初めてでも失敗しない不動産の買い方
発行周期
不定期
最終発行日
2017年11月18日
 
発行部数
780部
メルマガID
0000137258
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第220号 平成29年11月18日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。
今週のニュースメールをお送りいたします。


まずは、告知からとなりますこと、ご容赦ください。

弊社で土地を購入し、
弊社よりご紹介させていただきました設計事務所にて
新築されたお客様のご自宅が、
今週末、完成見学会を開催されております。

『松ヶ丘の家』オープンハウスのお知らせ
http://nldesign.exblog.jp/26140300/

閑静な住宅地に建つゆったりとした住宅です。
マンションでの生活から、終の棲家としての家づくりを決断されました。

街並みに馴染むよう低く抑えた屋根、雨の日でも車庫から傘をささずに
アクセスできる玄関、収納、趣味の将棋を楽しむタタミスペース、
仕事をする場所、暖かなストーブ、木材と漆喰の内装、坪庭・・・・

日々の生活を見つめて、丁寧につくり上げました。
(設計事務所ホームページより)

ご興味がございましたら、ご見学してみてください。

--

18日は、10(テン)と8(ヤ)で、天丼てんやの日だそうです。
割安なメニューがありますので、ご機会がございましたら、いかがでしょうか。

昨日のニュースで、
業務用のお米の値段が上がっていて、外食産業は苦境にあるそうです。

お米は国の政策によって大きな影響を受けます。

お米を大きく分けると、
1.家庭用 2.業務用 3.飼料用の3種類に分かれます。
このうち、家庭用と飼料用に政策の影響があり、
お米農家は、1と3の生産に重点を置いています。
このため、業務用の生産が減少しました。

その一方、需要側ではお米消費量が減りました。
昭和時代と比べ、約半分の消費量です。
しかし、外食、中食(買って持ち帰り)の割合は増加しています。

ということは、
業務用のお米の需要は大きく増えていることになります。

生産側(供給)は業務用を減らし、
需要は業務用を求めている、
この結果、業務用米の価格が上がりました。

景気低迷(特に業務用のお米を購入する層)が続くなか、
価格を上げることもできず、
提供する際のお米の重量を減らすなどして対応しているそうです。

供給が減り、需要が増えれば、価格が上がる、
というのは基本原則です。

業務用米の価格動向と逆を行っているのが、
住宅、宅地、マンションです。(特に郊外)

次から次へと、宅地開発、新築分譲(戸建て、マンション)が行われ、
さらに、団塊世代(とさらにその親世代)からの相続にて
土地や住宅の売却が行われています。

その一方、購入する側は、そもそもの人や世帯が減り、
すでに所有しているか、郊外から離れるか、
買いたくても資金面で買えない(ローンが組めない)、など、
購買力は落ちています。

供給が多く、需要が少ない、
この結果、住宅価格は弱含みになっております。

---------------------------------------------------------○---------○---
  今週の注目記事
---------------------------------------------------------○---------○---

「3軒に1軒が空き家」時代が来る前に確認すべき境界問題
https://forbesjapan.com/articles/detail/18468

マンション投資、手取り額が減っていく その原因は?
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO23254920Y7A101C1000000?channel=DF280120166577

捨てられる不動産 どう解決
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO23415000T11C17A1TCR000/

【マンション業界の秘密】買うなら新築駅離れより駅近中古物件
 資産価値は立地が最重要、販売手法にだまされてはダメ
https://www.zakzak.co.jp/eco/news/171113/eco1711130002-n1.html

あなたのマンションを民泊外国人だらけにしないためにすべき事
http://www.mag2.com/p/news/327705

その他コラム一覧
https://www.preseek.co.jp/category/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 住宅購入セミナー「資産価値が目減りしにくい住宅購入」

1. 新築マンションは築15年で半額って本当?
  新築マンションは購入時から築15年にかけて大きく価値を落とし、
  それ以降は緩やかな低減となります。
  つまりマンションは築10年~15年が狙い目です。

2. 地盤に潜む大きなリスク!良い地盤と悪い地盤の判断基準って?
  家選びは土地選び。土地を選ぶことは大切です。
  買ってすぐ「町が液状化」はショック!
 「池」「沼」「谷」などの地名は要注意なんです。

3. 資産価値は「立地」で決まる
  資産価値は「立地」で決まります。
  郊外に建てた豪華な造りの家よりも、ローコスト住宅であっても
  より都心よりの住宅の方が資産価値が高いのです。

セミナー受講申し込み、住宅購入相談は下記より
詳細 https://house-adviser.jp/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【発行責任者】
柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

千葉県内45年の生活と25年の不動産営業から地域情報に精通し、
ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
住まいの購入サポートを中心に携わっています。
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【初めてでも失敗しない不動産の買い方】
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611

不動産購入応援サイト https://www.preseek.jp/
仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
詳細はこちらより https://www.preseek.jp/buy/fee.pdf
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ