コンサルタントが語らない非常識なカフェ繁盛の魔法

  • ¥0

    無料

カフェ、飲食店の繁盛のポイントを驚きの視点で解説。お客様を仲間にしてしまえ!コンサルタントは語らない非常識な繁盛のノウハウを大公開。カフェのみならず、ビジネスのヒントが満載。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
コンサルタントが語らない非常識なカフェ繁盛の魔法
発行周期
週刊
最終発行日
2014年06月30日
 
発行部数
553部
メルマガID
0000137347
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

  / / /     ◆コンサルタントが語らない、非常識なカフェ繁盛の魔法◆ 
□ ■■■┓□  
□ ■■■┃□    ~繁盛の最大の魔法は、
□ ■■■┛□          あなたが"好き"を仕事にしているかだ!~
□ □□□□□               【 Vol 419】
★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

 

 
 カフェズライフのmakaniです!


 最近、ショックなことが起こりました。
 
 実は、ウチの娘が食物アレルギーで
 アナフィラキーショックを起こしてしまったんです。


 幸い、命に別状はなかったのですが、
 自分の無知のせいで、娘が命を落とすかも 
 知れない状況に陥らせてしまったことを
 本当に怖くて、ショックでした。



 今でも、娘の呼吸が苦しそうな状態を
 思い出すと、自分も苦しくなってしまいます。



 検査の結果、娘はピーナツアレルギーだったのですが、
 今、食物アレルギーって、社会的にも本当に深刻な問題に
 なってますよね。


 それ以来、買い物をするときも、外食をするときも
 ピーナッツが入っていないか?など表示をチェックする
 癖がついてしまい、この前仕事で東京に行ったときも
 家族にお土産を買う際、

 「これ、おいしそうだなぁ~。」

 と思って成分表示をチェックしたら、“落花生”の文字が!



 そのとき、そのお菓子の箱をまるで汚いものを触るかのように
 パッと手放してしまいました。


 もしかしたら、回りにいた人は、「えっ?何かあったの?」
 って思ったもしれません。



 それくらい敏感になっている自分がいます。


 食物アレルギーを持つ子供の親というのは、みんな
 そんなものかもしれませんが、過剰なくらい神経質に
 なってしまいます。


 飲食店でも、原材料などを表示しているお店というのは
 まだまだ少ないので、どうしても子供と行く店が
 限られてしまいます。


 だから、料理に使っている原材料などの表示をしてくれている
 お店のありがたいこと!


 別に、全てのお店にアレルギー表示をしないとダメ!
 とは思いませんが、積極的にアレルギー表示をしてくれる
 飲食店というのは、食物アレルギーがある子供の親としては
 利用しやすいです。


 個人で経営しているカフェであれば、そこまでは。。。
 って思う方もいると思います。


 ただ、そういう面で他の店舗と差別化するという手も
 あると思います。



 よく、女性でカロリー表示をして欲しいという方も
 いますが、お店側の意見として、実際に聞いたことが
 あるのですが、


 「そんなにダイエットとか気にしているなら
  こういうお店に来るな!」


 ってオーナーさんもいました。



 それはそれで一つの意見として間違いではないと
 思います。(サービス業としてはどうかと思いますが)


 それは、お店のポリシー、お店のコンセプトの問題。



 だから、お店のコンセプトに反してまで、何かをヤレ
 というのは違うのですが、ただ、社会的にそういう
 食物アレルギーの方が、子供だけじゃなく大人にも
 増えていることを考えると、アレルギー表示をすることで
 お店を利用しやすい、お客様の反応を良くすることに
 繋がるような気がします。


 
 こういうことって、食物アレルギー意外にも
 いろいろあると思います。
 


 
 

 カフェビジネスの悩み、開業に関する悩み、
 その他、今解決したいと思っている問題など
 ありましたら、是非ご相談ください!

 もちろん、相談は無料で、匿名でもOK
 そんなメールはコチラ
  cafeslife@gmail.com (@は小文字にしてね)


 このメルマガに直接返信してもOKですよ!


 
              カフェズライフ   makani


  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ■ 発行人:カフェビジネスの伝道師
         カフェ開業・経営アドバイザー
            makani こと 三ツ井彰
 ■ 関連HP:Cafe's Life カフェズライフ
 ■ http://www12.ocn.ne.jp/~omaomao/mana-way1.htm
 ■ E-MAIL: cafeslife@gmail.com
 口 くちコミはあなたから始まります。
 ■ 購読・解除はご自身でお願いいたします。こちらから出来ますよ!
   → http://www12.ocn.ne.jp/~omaomao/melmagakaijopre.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ★私のプロフィールはこちらです。ハンドルネームの由来もあります。
  http://www12.ocn.ne.jp/~omaomao/pro.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ