みんなでヤフオク

  • ¥0

    無料

会社員の気楽さ、などと呑気な事を言っていましたが、元会社員になってしまいました。さてどうなる?ずっこけネット古物商(もどき)の奮戦記。皆さんの参考になるか?ヤフーオークションイーベイeBay古物市場マーケットプレイスモバオクマケプレ

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
みんなでヤフオク
発行周期
週刊以上日刊未満
最終発行日
2009年03月31日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000137375
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


 m(_ _)m  よろしくねっ。

メールマガジン 「みんなでヤフオク」 by 億やん       第14号

平成21年 3月31日発行  Yahoo auction

http://okuyan.blog.shinobi.jp/
http://www.mag2.com/m/0000137375.html

会社員をやりながら古物商の許可を取りヤフオクを「楽しんで」いましたが、
リストラに遭い、いまや「真剣に」やっている億ヤンであります。

メルマガ発行も、気楽にやっていましたが、力入れて発行していきます。

ヤフオク → http://auctions.yahoo.co.jp/
イーベイ → http://www.ebay.com/



■ジャンク品古書の山 8

 ○ック●フでセドリをする時に必携のモノといえば、ズバリ携帯電話
(インターネット機能付き)ですね。皆さん。

 店に入る前にネットをオンにして、ある画面を開きます。そして、店
に入るや、ISBNコードを打ち込みます。そうすると、Amazonでの現在の
最低価格リストが出てきます。

 ちなみに文庫本は大部分1円出品ですから時間の無駄です。ただし、◎
◎SF文庫とか○○書院文庫とか、いくつか例外はありますが...

 知ってらっしゃる方は、「◎◎らっち」とおっしゃるかもしれませんが、
使いづらいです。ハッキリ言って。

 ISBNコードが10桁の本の場合はいいのですが、最近の13桁の本とかISBN
以前の本は検索できません。有料版で対応しているのでしょうが、無料で
も十分可能なんですよね。^^

 僕は、いつもそこで調べています。「どこ?」だって?

 そんなこと、自分で考えろよ!少しは自分で頭を使ったら?コロンブス
の卵なんだから。あっ、言っちゃった。^m^


 続く


■編集後記

 半ばヤケクソで出品したら、見事落札されました。^^

 本当!見るのもイヤだったんだけど、「古書セット」に入っていたんで、
ヤケクソでヤフオクに出品したら、「あた〜り〜っ。ゴンゴン!」

 これも、コロンブスの卵。

 自分が嫌いでも、それが好きな人がいれば売れる!

 趣味嗜好でしょ。あと、ケンカしたくなかったら、アレとアレの話題は、
やめておけとか。

 自分が好きなモノが売れるのではなくて、売れるモノが売れる。

 なるほど。んで、何が売れるモノなの?

 そんなこと、自分で考えろよ!これだけ言っても、まだわからないの?


 (^_-)/~~~ では、次号!






 以前ご紹介した、北尾トロさんの本の続編です。^^


 ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2北尾 トロ
 価格:¥ 1,575(定価:¥ 1,575)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4776300028/ref=nosim/?tag=gogakuya01-22









 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ