Takeさんの韓国見聞録

  • ¥0

    無料

韓国サラリーマン生活14年のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
Takeさんの韓国見聞録
発行周期
不定期
最終発行日
2009年03月28日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000138478
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > アジア

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Takeさんの韓国見聞録      2009.03.28発行  NO.81
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 忘れた頃にやってくる「Takeさんの韓国見聞録」です。気がついてみる
と今年、初めてのメルマガになってしまいました。いつの間にか桜の季節にな
り、近所の公園に咲いているケナリ(連翹)を見るたびに韓国を思い出します。
今頃はソウルでも黄色いケナリが咲きほこっている事でしょう。

侍ジャパンの活躍が未だに記憶に新しいですが、日本以上に韓国でも盛り上がっ
ていたようです。丁度、韓国から出張で日本に来られている方がいましたが、
会議中でも常にネットで状況を確認しておりました。彼曰くイチローと小笠原
を観ていると、日本のサムライというものが何となくイメージできるとの事で
した。





■本日のサラリーマン日記   「日韓野球戦争」

 第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)が終わりました。延長戦の
果てに日本が優勝し、気がついてみたら何と5回も日韓戦が行われた事になり、
戦績は3勝2敗。何とも凄まじい展開でした。

WBCを提案した主催国であるアメリカは、今回も優勝を逃し、終わってみる
と日本と韓国ばかりが目立ったと感じるのは私だけでしょうか?

思い起こせば前回の大会は韓国で観戦していたわけで、日本が韓国に負けた時
に、例のマウンド旗立て事件のパフォーマンスには、流石の私も何かすっきり
しない思いで出社した事を今でもよく覚えております。

韓国で生活していた時は野球だけでなく、サッカーなどを含めた日韓戦は勝っ
ても、負けても何かと気を使う事が多く、相手をよく見ながら対応しました。

日本が勝てば昼飯を奢ってくれ!!とせがまれるし、韓国が勝つと否応なしに
入ってくるTVや新聞のゴシップにブルーになったものでした。今回は日本で
の観戦だったので、言うまでもなく周囲は全員、日本の味方であり、何の気兼
ねなく過ごす事ができるのは、やはり有難い事だと実感しています。

今回も韓国メディアの報道ぶりが気になって、ネットで検索してみると以前と
変わらない激しい論調が展開されています。日本に居ながら見る分には冷静で
いられますが、敵国に入っているとこれが中々、難しいものです。
たかがスポーツという事なのですが、余りにも酷い表現には呆れてしまう事も
ありました。

日本が純粋なスポーツとして楽しんでいるのに比べて、韓国ではまさしく戦争
をしているような、負ければ生きて帰ってこれないような悲壮感さえ感じられ
ます。

野球でもサッカーでも国内のリーグ戦は閑古鳥ですが、日本を始めとした国際
試合になると、異様にヒートUPするあの雰囲気はスポーツに対する両国の文
化の違いが表れていてとても興味深いです。

日本のイチロー選手もかなり日の丸を意識していたように感じますが、韓国選
手の比ではありません。私には韓国選手が可愛そうになるくらい相当なプレッ
シャーを受けていた事がよくわかります。

それは日本と韓国の野球人口を見てみれば一目瞭然であり、韓国選手はまさし
くエリート中のエリートなわけです。日本は4000校近くの高校に野球部が
あり、春夏の甲子園大会は今年で81回目を迎え、プロ野球は70年を超える
歴史を持っています。

対する韓国はというと韓国高校チーム数は50校程度に過ぎないし、全国各地
の少年野球チームの活動も、韓国は日本に比べてはるかに遅れています。韓国
プロ野球の歴史も30年程度しかありません。このような背景を知ると、今の
韓国野球の健闘ぶりは如何に凄い事か理解できると思います。

私の息子も近所の少年野球チームに入って、週末は練習をしていますが、大人
の監督やコーチが半分ボランティアでよく指導してくれますし、遠征試合やプ
ロ野球の観戦ツアーなど盛り沢山のイベントを準備してくれます。このような
土台があるので、イチローや松坂のような選手が出てくるのも理解できます。

一方、韓国はこのような少年野球チームは数える程ですし、週末のグランドは
アジョシたちのサッカー試合で占領されているのが現実です。私がソウルに居
たときも、ハンガンのネコの額ほどのグランドで少人数のチームしか見た事が
ありません。

日本では勉強はできなくても、部活動などでそれなりの勝利感や達成感を勝ち
取った、所謂、体育会系も社会に出てから活躍するパターンもあるような気が
します。韓国では運動ができるのは一部のエリート集団であり、とにかく勉強
ができて、優秀な大学を出ていないと人間扱いされないよう傾向が未だに強く
残っている事も事実です。

以前のメルマガでも触れたかもしれませんが、日本の甲子園大会を韓国の教育
オンマたちが見たら、衝撃を受けるに違いありません。

私の家内も日本の少年野球やサッカーの仕組みは、非常に素晴らしいものだと
絶賛しています。今後、韓国でもこのような文化を育てていく必要があると感
じている一人です。私の息子も韓国での学院(ハゴン)詰めの毎日から開放さ
れて、とても喜んでいます。今でも言う事を聞かない時は韓国に送ってやるゾ!
と脅かすのが一番の薬になっています。

話は少し横道にそれてしまいましたが、日韓の野球史にもこれだけの差がある
のが現実です。日本が勝った時の韓国メディアの反応ぶりも裏を返すと自信の
無さの表れだと私は分析しています。今回のWBCのような名勝負が何回も続
けられる事が、日本と韓国をよく理解する機会にもなるし、成熟した大人の関
係を構築する上で非常に大切な事ではないでしょうか?

また、出来る事ならば高校や中学レベルでの日韓戦が実現できれば、更に素晴
らしい事かと思います。私の息子が所属している野球チームでは、練習の掛け
声で数字を数える時に韓国語で「ハナ、トゥル、セッ、ネッ」とやっているそ
うですが、監督の提案で私の息子から教えてもらい始めたとの事です。

次回のWBCが今から楽しみですが、殺し合いの戦争ではなく、正々堂々と日
韓野球戦争を展開して貰えればと思いました。




■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

最近まで鼻水と目のかゆみが止まらなくて、非常に苦労しておりました。
これまで花粉症とは無縁の私でしたが、同僚曰く、お前は花粉症であるとの事。
これから毎年、悩まされる事を思うと気が重たくなります。
この時期だけ韓国に長期出張ができれば、このような状況は回避できるかもし
れません。韓国に居た時は黄砂に苦しめられましたが、黄砂よりも花粉症の方
が更に事態は深刻なような気がします。今から作戦を練って準備しておけば来
春の韓国逃避も可能かもしれません(笑)

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
韓国に関して聞きたい事があればどんな事でもお気軽にメールを下さい。
Takeさんへの意見、質問メール⇒ korea_faq@yahoo.co.jp
ホームページ http://www3.to/take3/
InnolifeのTakeさんhttp://contents.innolife.net/cafe/main.php?ac_id=17
バックナンバーをブログで見たい方はこちらhttp://plaza.rakuten.co.jp/koreafaq/
ブログ上での質問や感想も大歓迎です。ヨロシクお願いしま〜す。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ