便利で役立つ経営の秘訣

  • ¥0

    無料

会社経営に役立つノウハウや有用な書籍・HPなどを紹介します。紹介する書籍やHPは多くの経営コンサルが秘密にしているもので、紹介する経営ノウハウは、経営コンサルも知りたいような便利で役立つものです。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
便利で役立つ経営の秘訣
発行周期
不定期
最終発行日
2012年02月12日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000138836
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
【便利で役立つ経営の秘訣】第22号

■□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■


2011年12月から広告代理店「株式会社ピース・エンターテインメント」の
社長を務めることになりました。
これを契機にメルマガを復刊させることにしました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 育てる質問集:GROWモデル
―――――――――――――――――――――――――――――――――
部下を上手く育てるのは上司の大きな課題、子供を上手く育てたいという
のは両親の強い願いでしょう。
今日は、人を上手く育てる簡単なテクニックをご紹介します。育てたい人
に対して幾つかの質問を投げかけるだけです。
名付けて「GROW (成長する・育む)」モデル。
といっても私が考え出したわけではありません。
GROWモデルは元カー・レーサーの英国のジョン・ウィットモア卿に最初に
提唱したものです。実は、GROWというのはコーチングのプロセスの各要素
の頭文字です。

具体的には
■GOAL(目標)
■REALITY(現状)
■OPTIONS(選択肢)
■WILL(意思) です。
つまり、この順番に沿って、質問をすればよいわけです。
それぞれのプロセスと効果的な質問をご紹介しましょう。

■GOAL(目標)
まずは目指すゴールが何であるかはっきりしなければ、どちらの方向に向
かって進めばよいかがわかりません。つまり、目標の明確化が大切です。
目標が明確になってこそ、やる気も起き、持っている能力を十分に発揮で
きるというものです。
目標の明確化にとって大切なのはできるだけ「外部基準化」することです。
外部基準化とは、目標を立てた本人だけでなく、外部の人にも、目標が達
成されたかどうかはっきりとわかる基準とすることです。つまり、外部基
準化とは客観的な目標、数値化された目標とすることです。
「いつまでに」「何を」「どれくらい」「どうする」ということを明確に
させましょう。
例えば、「2006年12月までに体重を5kg減らす」というと目標が明確になり
ますね。
目標を明確させると同時に、目標を達成したときには、どうなっているか、
何を手にしているかなどのイメージを膨らませ、達成した時のビジョンや・
報酬・評価なども明確にすることが大切です。そうすると、その目標を達
成したいという気持ちが強くなり、気持ちが長続きします。
《質問例》
・今一番達成したい事はどんなことですか?
・三年後に、どんな自分になっていたら満足ですか?

■REALITY(現状)
GOAL(目標)が明確になれば、次に現状をキチンと把握させます。
目標(ゴール)と現状が明確になれば、両者の間のギャップ(差)はハッ
キリします。
《質問例》
・その目標に対してどこまで近づいていますか?
・その目標に対して、今、どこまで進んでいますか?

■OPTIONS(選択肢)
次に目標と現状のギャップを埋める解決策(方法/手段)について選択肢を
考えます。選択肢というくらいですから、どれかを選択できるように2つ
以上の解決策を考えさせることが大切です。
《質問例》
・これまでに一番うまくいった方法にはどういうものがありますか?
・ライバルが使っている方法で良いものはありませんか?

▼選択肢を考える上で助けになるのが、資源です。資源には、自分自身の知
識、経験、能力など内部資源と資金、人脈、専門家など外部資源があります。
《質問例》
・その件について、一番詳しいのは誰ですか?
・その件について、誰かからアドバイスを受けることはできませんか?

■WILL(意思)
いくつかの選択肢が出揃ったら、次にその優先順位を考えさせます。優先順
位を付ける基準には、重要性、緊急性、容易さなどがあります。また、それ
ぞれの選択肢についてメリット・デメリットを考えさせることも大切です。
《質問例》
・優先順位が一番高いのは、どれですか?
・まず、どこから手をつけましょうか?
・一番、やりやすいものから始めるとしたら、どれですか?
▼こうして選ばれた解決策(方法/手段)をチャンと実行する意志を確認し
ます。その際に、これも目標と同じく「いつまでに」「何を」「どれくらい」
「どうする」ということを明確にさせましょう。
《質問例》
・○○は、いつまでに達成するつもりですか?
・○○は、どこまでやる予定ですか?
※実際に上手く実行されるかどうかのカギは、外部への経過報告、上手く実
行されたときのビジョン(褒美)、協力態勢です。
《質問例》
・途中で進捗状況を報告しますか。それはいつにしましょうか?
・これをやり遂げたら自分にどんなご褒美をあげましょうか?
・これを上手く達成できたら、どんな気持ちになりますか?
・これを成功させる為に、私に何か出来る事は有りますか?

(最後に)
コーチングには、セルフコーチングやピアコーチングというものもあります。
コーチングとは文字通り自分自身が本人に質問することです。
ピアコーチングとは夫婦など仲間(ピア)がお互いに質問することです。
間もなく新年度入りとなります。新年度の目標として、先ずはセルフコーチ
ングやピアコーチングから始めてはいかがでしょうか。


□発行者□
経営理念・事業計画ならこのコンサルタント
富永 秀和
有限会社グローバランス 取締役社長
〒175-0094 東京都板橋区成増1-9-8
Tel.03-6789-2387 Fax.03-6789-2117
e-mail:h-tominaga@gbobalance.co.jp
URL: http://globalance.co.jp


【我等が信条】
グローバランスの経営コンサルタントはクライアントのためにあることを
忘れない。
経営コンサルティングは利益のために行うのではない。
利益は後からついてくるものであり、我々がこの点を忘れなければ、
利益は必ずついてくる。
このことを肝に銘じていればいるほど、利益は大きくなる。

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000138836.htm
発行者Webサイト: http://globalance.co.jp
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ