新経済生態で生き残る【新世界投資マガジン】

  • ¥0

    無料

アジア財テクマガジンは中国株、シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、タイなどアジア株を今のうちに、安い価格で投資しようというテーマでお送りする、財テクマガジンです。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
新経済生態で生き残る【新世界投資マガジン】
発行周期
週刊
最終発行日
2009年03月17日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000139082
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 外国株式

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

未来を読み取る直観マガジン

新世界投資マガジン 2009年3月17日(火)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 皆さん、お久しぶりです。
 日本ではそろそろ春の足音が聞こえているころでしょう。
 
 このメールマガジンも久しぶりですし、ブログも更新しておりません。

 このところ、日本の上場企業のM&Aの話が続いていて、そちらに没頭していました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新しいアジアの時代

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 日本企業⇔香港企業という組み合わせです。
 香港の投資家や香港上場企業と日本企業との橋渡しです。

 M&Aというのは情報漏洩が一番怖い。

 あまり目立たない場所で、じっくりするものなのです。

 現在日本では、一般投資家の方が想像できないくらい、ダイナミックな企業提携の駆け引きがおこなわれています。

 昨年夏に、とある上場企業の増資話入ってきました。
 時価総額が上場基準に抵触、財務は私たちたちの判断では実質債務超過です。
 私と日本のパートナー側で興味を持った日本人投資家が見つかりました。
 しかし条件面で合わなかった。
 今年に入ってその企業は、増資と同時にある企業の傘下となりました。
 条件はわれわれの提示したものよりもはるかに下でした。
 やはり秋以降の株の下落と景気後退で、その企業は相当追い込まれていたのでしょう。
 今回の景気の悪化(低迷)というのは、経済生態の崩壊から再生の過程という面があります。

 経済生態の主役の企業の再編が行われる。

 成熟・衰退産業では、淘汰と再編によって新しい競争状態となります。

 またそういった混乱の中で新しい産業が生まれてきます。

 経済の歴史を読むと、何度と、成熟から淘汰、そして新しい産業の勃興を繰り返している。

 日本の上場企業の多くは、成熟産業の中で埋没してしまっている。新しい市場への進出機会が国内にはない。

 アジア諸国の経済はこれからも魅力的です。

 アジアの企業との提携で活路を見出す日本企業は増えて行きそうです。

 私の所属しちているフィリップ証券(香港)は、本社シンガポールを含めて、タイ、インドネシア、オーストラリア、ロンドンなどをカバーしています。

 そういう意味では、日本企業とアジアとを結びつけることには十分なネットワークがあります。

 今後も日本企業とアジア企業とのお見合いは増えて行きそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今後の投資戦略

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 株価が下がってしまって、投資家意欲も下がりっぱなしじゃないでしょうか。

 香港では投資家のほとんどが、現物株よりも、ワラント、オプション、先物に転換しています。

 私の顧客も、香港ハンセンミニ指数取引を始める人が増えています。

 香港ハンセンミニ指数は、保証金が23000香港ドル(約30万円)で、一枚が建てられます。

 レバレッジは10倍です。

 下落すると思えば、売りを建てて下がれば買い戻す。

 上昇を予想する場合は逆で、買いを建てて、売りでポジションを解消します。

 今だいたい、毎日上下500ポイントくらい動きますから、かりに200ポイントくらい勝てば、2000香港ドル(26000円)の儲けということになります。

 小さいですが、毎日決済されますから毎日地道に勝ちを拾うと、資金は増えていくことになります。
 私の会社では、香港先物のほかに日経、日経ミニなど大阪取引所やシンガポール、シカゴの金融市場の商品はほとんど取引可能です。
 投資の楽しみは、長期投資での上昇が一番でしょう。
 しかしこういう時期は我慢・忍耐が必要。

 ですから香港の投資家は、自分の長期保有銘柄はとりあえず目をつぶって、許容範囲のリスクで先物やワラント、オプション取引を楽しんでいる。といえましょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
サバイバル!
DAY STAR INVESTMENT.CO.LTD
荒井 裕之

新ブログ「新しい経済生態」
http://investbest.seesaa.net/
アジアンインベスター
http://richina.web.fc2.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お問い合わせ
woodymixjp@gmail.com
@copywright グラスルーツ荒井裕之
無断転載 盗用を禁じます。







  
 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ