筋力アップ&ダイエット~博士に教わった101の理論~

  • ¥0

    無料

“筋肉博士”こと山本義徳さんのトレーニングメソッドです。筋肉をつけるのも、ダイエットをするのも、体を変えるのは、トレーニングと栄養です。限られた時間の中、効率的に「かっこいいカラダ」を作りましょう~♪

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
筋力アップ&ダイエット~博士に教わった101の理論~
発行周期
不定期
最終発行日
2018年04月19日
 
発行部数
2,199部
メルマガID
0000139530
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > その他スポーツ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 筋力アップ&ダイエット 
  ~博士に教わった101の理論~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●最新のトレーニング情報はこちら
http://www.mag2.com/m/0001493970.html


日本ボディメイキング振興協会の瀬戸です。

東京もかなり良い季節となってきましたので、私も体調が非常に良いこの頃です。

トレーニングもとても楽しくなってきました!(^^)!

まだまだ毎回のトレーニングで発見の日々ですね。


さてさて、今回はとりあえず最後となる「漢方薬とサプリメントを組み合わせてみよう」です。

漢方薬を使用する場合の注意点なども考えてみましょう。




―筋肉博士の過去の記事をご紹介―

今回は、『バーサーカーコラム』より、2014年11月20日の記事「漢方薬とサプリメントを組み合わせてみよう! Part 4」を転載させていただきます。
http://www.berserker.jp/column/show/111


※転載に関しては許可をいただいております。



・・・転載開始・・・


「かんじんかなめ」という言葉があります。

かなめは「要」、かんじんは「肝心」と書くことが多いものの、本来は「肝腎」と書くようです。

つまり肝臓と腎臓の重要性が、この言葉に表れています。


しかし、肝臓や腎臓のための薬というのは、西洋以外では良いものがありません。

コレステロールや中性脂肪を下げたり血液が固まるのを防いだりして心臓血管系疾患を予防する薬や、胃酸の分泌やピロリ菌を殺菌して胃を護る薬などはあります。

しかし肝臓のためにはせいぜいインターフェロンの他、強力ミノファーゲンとかグルタチオン、BCAAなどのアミノ酸製剤くらいしかありません。


そこで漢方薬の出番となりました。

「小柴胡湯」です。

保険漢方が認められるようになってから、肝炎の患者には小柴胡湯が頻繁に用いられるようになりました。

それは確かに一定の効果をあげました。

しかしこの連載の最初にも書きましたが、病名や症状に応じて処方する日本の漢方(方証相対)の弱点が顕れ、間質性肺炎という副作用が出るようになってしまったのです。


肝炎患者に小柴胡湯を処方して間質性肺炎になるのはインターフェロンを併用している場合が多く、西洋医学的な説明では「肺の線維化を促すようなサイトカインが発現する」ということになっています。

これを中医学的に説明すると、全く違います。

本来、漢方薬は個人の体質によって処方を変えるべきだというのが基本なのに、誰にでも同じく小柴胡湯を処方してしまったこと。

また小柴胡湯は本来、慢性疾患に使用するものではなく、短期的な服薬で効果をあげるべきもの。

長期に小柴胡湯を使うと、それは「肺や肝胆の熱を冷ます」ことになり、それが過ぎると肺や肝胆が気虚となってしまう、ということです。


小柴胡湯は本来、風邪の後期や肺炎、ぜんそく、膠原病、胃炎などに使われてきたもので、肝炎のための処方ではありません。

では、漢方の世界では肝臓のために何が使われるのでしょうか。

まずは漢方の秘薬とも言える「牛黄製剤」。

ただしかなり効果です。

その他には「へんしこう」や「田七人参」、前にも紹介した補中益気湯や茵陳五苓散などが良く使われます。

ただしもちろん「個人に合った処方」をしてもらうことが大事ですので、信頼できる漢方薬局や漢方医の診断を仰ぐようにしてください。


肝臓のためのサプリメントというと、有名なのは「ウコン」です。

ウコンも漢方の生薬の一つであり、また春ウコンやら秋ウコンやら様々な種類があるため面倒なのですが、主要な成分は「クルクミン」です。

しかしクルクミンは非常に吸収率が悪く、「ウコンのなんとか」というドリンクなどはほとんど効果がありません。

クルクミンの吸収率を高めた「セラクルミン」というサプリメントがあって、まだ高いのですが、肝臓に悩んでいる方にはお勧めできるものの一つです。

しかし最近になってクルクミンの吸収率を簡単に高める方法が分かってきましたので、少し待てばもっと安価に吸収率の高いものが入手できるようになるでしょう。

方法としては、「ヒマシ油とPEG(ポリエチレングリコール)でエマルジョン化」するだけですので、個人でもやろうと思えばできるはずです。


Oral Administration of Nano-Emulsion Curcumin in Mice Suppresses Inflammatory-Induced NFκB Signaling and Macrophage Migration
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0111559


肝臓を保護するサプリメントとしては、他にシリマリンやリポ酸、NAC、コオウレン、シザンドラなどなど様々なものがあります。

別の機会に詳しく紹介していきましょう。



・・・転載終了・・・


私も数年前から漢方薬局に通って処方してもらっていますが、漢方では問診に非常に時間をかけるので、普通のお医者さんとは違うアプローチなので面白いですね。

何よりも重要なのはやはり予防です。

病気になってから薬で対処するのではなく、日々の生活において病気にならないようにメンテナンスしていきたいですね。



=============================================
■■お知らせ■■
大好評!!“筋肉博士”の最新ボディメイク情報
=============================================

ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001493970.html


<<<メールマガジン>>>

毎週金曜日は“筋肉博士”山本義徳さんによるボディメイクメルマガ
―エビデンスによる最新ボディメイク― 【博士のダイエット&バルクアップ研究所】の発行日です。

今回のメルマガ(2018/3/30発行号)の内容をご紹介いたします。


■「今週のメインテーマ」

メインテーマは、 「疲労に効くと言われる〇〇〇〇の思わぬ効果とは」 です。

疲労に効くアレ。

薬局やネットでも非常に安価で手に入るありがたいものです。

今回はアレが含まれる食品そのものについてご紹介してもらいます。

さまざまな健康効果があり、ボディメイキング効果もあるようです。

簡単に手に入るものですので、ぜひ日々の食卓に加えてみてはいかがでしょうか。

私も自身だけではなく両親にも勧めてみたいと思います。



■「Q&A」

Q1:
プルオーバーをトレーニングに取り入れているのですが、胸へ効くフォームと背中へ効くフォームの違いがよくわかりません。
どのような違いがあるのでしょうか?
また、博士の電子書籍の部位別トレーニング法ではプルオーバーは胸の種目として紹介されていましたが、背中の種目としても積極的に取り入れて良いのでしょうか?


Q2:
DAAの長期使用は安全ですか?
とあるサイトに「水晶体や脳でDアスパラギン酸が増えると白内障やアルツハイマー病を引き起こす」というようなことが書かれていました。
また、使用する際にサイクルは必要でしょうか?


Q3:
ダイエットのトレーニング時間について教えて頂けないでしょうか?
4/1の大阪セミナーに参加した際に、ダイエット時間は10分~15分でも効果があるとおっしゃっていたと思います。
『Y-Method 101 ~Document of TOC~』(DVD)の減量期のトレーニングメニューを拝見すると、だいたいトレーニング時間が50分前後かかっていると思います。
50分前後かかっているのは、1週間でトレーニング出来る日が限られていたからでしょうか?
コンテストや本気で体を変えたい場合でも、週5回の1日10分~15分のトレーニングの方が良いのでしょうか?


Q4:
お世話になっております。
マンデルブロトレーニングを二種類にわけて、さらに刺激を変化させようと考えております。
具体的には、
1.どのPhaseにおいても追い込んでメイン1~2セット
2.どのPhaseにおいても追い込まずに4セット前後
として、1.をPhase1→2→3と行ったら次回は2.をPhase1→2→3と行い、それを繰り返していくというプログラムです。
こうすることでより効果的な点、もしくはこうする必要はない等ありましたら教えて頂きたいです。
また、マンデルブロはデロードや軽いオフ(一週間程度)を設ける必要はありませんか。
Phase3は確かに関節等への負担は軽いと思いますが身体的にはなかなかハードなので、Phase1→2→3→デロードや、1~2ヶ月に一回くらい一週間のオフを取っても良いのでしょうか。


Q5:
マンデルブロトレーニングのphase3のレップ数なのですが、DVDだと30~40レップになっていて、書籍だと20~30レップになっています。
どちらでやればいいのでしょうか?


Q6:
現在ローファットダイエットをしています。
炭水化物の摂取タイミングについて質問です。
以前、博士のDVDでバルクアップ期間中は1日の炭水化物摂取量の大半をトレーニング前~後にかけて摂ると聞いたのですが、これはダイエット期間中も同じようにした方が良いのでしょうか?
メルマガで減量期はクレアPIをクレアチンに変えてCCDもカットすると書いてあったので、疑問に思いました。
現在は、トレーニング1時間前にプロテインとオニギリ1個、トレーニング中にEAAとCCDとクレアチン、トレーニング後にプロテインと粉飴を飲んでいます。


Q7:
質問させて頂きます。
私は夜中八時間寝ている内2~3回トイレで起きます。
去年泌尿器科を受診しましたが、問題はありませんでした。
1日2リットルは水分をのんでいますが、この状態が2年は続いていています。
トレーニングも食事も管理しているので健康体ではあると思うのですが、何かしらの対策はあるでしょうか?



■「私が博士に教わったこと」

「肩+腹筋」のトレーニングメニューをご紹介いたします。


■「発行日時・登録」

メルマガは4月20日(金)17時ごろ発行予定です。

お楽しみに~

メルマガのご購読は、こちらから。
http://www.mag2.com/m/0001493970.html



=============================================
■■おススメ■■
電子書籍 山本義徳業績集
=============================================

トレーニングのバイブル!!

・『炭水化物のすべて』
・『タンパク質とアミノ酸 前編』
・『タンパク質とアミノ酸 後編』
・『脂肪酸とケトン体 ~糖質制限ダイエットの科学』
・『活性酸素とスカベンジャー』
・『ビタミンのすべて』
・『ミネラルのすべて』
・『筋肥大・筋力向上のプログラミング』
・『ウェイトトレーニングのテクニック』
・『部位別トレーニング法 -胸と背中、腹編』

続々発刊!
https://goo.gl/FWaLCv

アマゾンにて販売中です。
スマートフォンやタブレットでKindleアプリをインストールすれば読むことができます。

紙の本で読みたい方はこちら
・『アスリートのための最新栄養学(上)』
https://goo.gl/nzGLB2
・『アスリートのための最新栄養学(下)』
https://goo.gl/b1XFpr

=============================================
■■おススメ■■
トレーニング&栄養の基本!
=============================================

筋肉博士のトレーニング・栄養の基本をマスター

■101理論 ベーシックマスターセット
http://www.101bm.com/basicmaster.html


=============================================
■■おススメ■■
ダイエット&バルクアップ
=============================================

ダイエットチャレンジ企画&ダイエットセミナー

■DVD【E.B.D.シリーズ】
http://www.101bm.com/ebd.html


=============================================
■■おススメ■■
博士の記事を単発で読める!
=============================================

<mine(マイン)>
https://mine.place/user/5f5b90a9-368f-4938-a433-0350091a6a72




======================================================================

■発行者サイト
http://www.101bm.com/
~すべてのトレーニーに世界最高レベルのノウハウを!~

======================================================================

博士が管理人のサプリメントショップ
■リアルライフ
http://www.reallife.co.jp/

======================================================================

■BFRトレーニングベルト
https://www.reallife.co.jp/products/list.php?category_id=114

======================================================================




----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000139530.htm
発行者Webサイト: http://www.101bm.com/
----------------------------------------------------------------------



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ