会社をつぶす人、再建できる人 そのチガイは?

  • ¥0

    無料

会社をつぶす人と再建できる人はどうちがうのか?倒産寸前までいきながらも再建を果たした公認会計士:捧俊雄が、自身の経験とクライアントの再建事例をもとに再建のポイントを解説します。倒産の危機に瀕している経営者の方だけでなく、会社経営に携わるすべての方に役立つ内容となっています。経営者だからこそ語れる、会社を元気にするノウハウを皆様のお手元までお届けいたします。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
会社をつぶす人、再建できる人 そのチガイは?
発行周期
週刊
最終発行日
2011年07月28日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000139619
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

○▲□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□▲○

       「会社をつぶす人、再建できる人」Vol.054
      あさひ税理士法人  メールマガジン

□▲○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□▲○

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■
■■  メンタリティの回復・・・3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。

事業再建の達人こと会計士の捧(ささげ)です。


前回の続きです。

支払いがおくれたり、

引き落としができなかったりして

批判される。

あるいは取引先に頭をさげる。


そういう環境や行動が

無気力な心の状態をつくっていきます。


だからまずは取り巻く状況を変えること。

たとえばリスケをして、

つねにおカネに追われるという

状況を変えるのです。


私も経験したから分かります。

まずはメンタリティを回復させて、

積極的な行動がとれる状態をつくることです。


リスケ(返済猶予)は返済をとめることで、

あるいは軽減することで資金を

うかせる手法です。

やれば当然に資金的な余裕は生まれます。


でも、それとおなじくらい、


あなたの心理状況にもたらす効果は小さくありません。

資金的余裕のない中小企業でも

すぐに取り組める事業再建ノウハウを

低価格で公開します!
http://www.sasagetoshio.com/company-reconstruction/index.html

それではまた。



中小企業のための事業再建経営コンサルタント
公認会計士 捧 俊 雄



ホームページ→「中小企業のための事業再建相談所」
http://www.sasagetoshio.com/index.html

資金的余裕のない中小企業でもすぐに取り組める
事業再建ノウハウを低価格で公開します!

・具体的な再建事例

・コンサルの選び方

・主導権はあなたがもつ銀行対策コンサル

・売上アップで始める事業再建コンサル

など、様々な情報をアップしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■ 発行責任者         : 捧(ささげ) 俊雄
■■  配信システム        : まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
■   ご感想はこちらまで     : info@sasagetoshio.com
    公式サイト         : http://www.sasagetoshio.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<重要:本メールマガジン購読の中止について> 
トラブル防止のため、編集部では購読解除に関わる作業代行は受け付けてお
りません。メールマガジンのご購読を中止したい場合は、ご利用されている
配信システムの種類をお確かめの上、解除作業を行ってくださいますよう、
お願い申し上げます。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ