本が好き

  • ¥0

    無料

本が大好きな私すみれがおすすめの本のご紹介をしていきます♪ どちらかといえば小説などのフィクションよりも実用書やビジュアル的な本例えば雑誌・写真集などが多いかと思います☆

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
本が好き
発行周期
日刊
最終発行日
2009年07月29日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000139984
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

本09.07.29 --東京国際ブックフェア基調講演-姜尚中氏------
本本本
本-本-----*.:`☆.。.:* 本 が 好 き*:☆`.。.:*・゜
本--本
本本--本
本--------すみれがお送りする本の紹介マガジンです♪------


 年に一度の本の祭典「東京国際ブックフェア2009」に、
 行って来ました。
 今回の基調講演は
 著書「悩む力」が80万部以上のロングセラーになっている
 東京大学大学院情報学環教授 姜 尚中(かん・さんじゅん) 氏。
 NHK日曜美術館のレギュラー出演でも人気急上昇中の方です。


 テーマは【「悩む力」で“現代の古典”を発掘する 】

 本の寿命が短くなったことが指摘される昨今。
 もはや書物は本来の価値を失ってしまったかのよう。

 そんな中、時代を超越し得る書物をいかに発見し、
 味読すれば良いのかを、いつもの落ち着いた口調で
 お話し下さいました。

 特に印象に残ったのは、氏にとって究極のおすすめの本、
 つまり時代を超越し、生きる指針となる、
 真の書物を教えて下さったことです。


 その1はマックス・ウェーバーの本。

 その2はトルストイの晩年の著書「文読む月日」です。


 私の場合、トルストイは父の蔵書の小説を若い頃読んだ程度、
 マックス・ウェーバーに至っては、名前を聞いたことがある?
 くらいの知識しかありませんでした。

 そんな訳で、基調講演に行って本当に良かったと
 つくづく胸を撫で下ろしているところです。


 『職業としての学問』 マックス・ウェーバー著 岩波文庫

http://www.amazon.co.jp/dp/4003420950/ref=nosim/?tag=sumire304-22 


 『文読む月日』 トルストイ著 北御門二郎訳 ちくま文庫

http://www.amazon.co.jp/dp/4480039112/ref=nosim/?tag=sumire304-22 

 内容(「BOOK」データベースより)
 1日を1章とし、1年366日、古今東西の聖賢の名言を、
 日々の心の糧となるよう、結集・結晶させた一大アンソロジー。
 最晩年のトルストイが、序文だけでも100回以上の推敲を重ね、
 6年の歳月を費やし、心血を注いで完成させた。
 総勢170名にものぼる聖賢の名言の数々は、まさに「壮観」。
 トルストイ自身、「自分の著述は忘れ去られても、
 この書物だけは、きっと人びとの記憶に残るに違いない」と語り、
 臨終の数日前にも、娘タチヤーナに10月28日の章を読ませて、
「みんないい、みんな簡潔でいい…、そうだ、そうだ…」と呟いた
 という。トルストイを敬愛してやまない訳者の「心訳」による、
 わが国初の完全訳。全三巻。

 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
 トルストイ,レフ・ニコラエヴィチ
 1828‐1910。ロシアの作家、思想家。
 起伏の多い生涯を通して、ロシア正教会や政府と対立、
 権力や私有財産の否定、人類愛などを説くいわわる
 トルストイ主義に到達。リアリズム小説の完成者であると同時に、
 実存主義の先駆者ともされる。

 訳者 北御門 二郎
 1913年熊本県生まれ。2004年没。
 旧制五高時代、トルストイ『人は何で生きるか』に感激。
 東大英文科を退学、徴兵拒否して、故郷の山里深くにこもり、
 農業を営むかたわら、トルストイの翻訳に没入した。



 姜尚中氏プロフィール

 1950年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。
 東京大学大学院情報学環教授。専攻は、政治学・政治思想学。
 気鋭の政治学者であり、東京大学で教鞭をとる一方、
 討論番組『朝まで生テレビ!』など、数多くテレビ番組に出演、
 良識ある発言と、やさしい語り口で男女問わずファンが多い。

 著書に『マックス・ウェーバーと近代』
 『オリエンタリズムの彼方へ』『ナショナリズム』
 『東北アジア共同の家をめざして』『日朝関係の克服』
 『在日』『姜尚中の政治学入門』『愛国の作法』
 『ニッポン・サバイバル』ほか多数、『悩む力』が大ヒット中
 30日には、姜尚中のすべてがわかる『姜流』DVD付きムックが
 発売に。


 『悩む力』 姜 尚中著

http://www.amazon.co.jp/dp/4087204448/ref=nosim/?tag=sumire304-22 

 情報ネットワークや市場経済圏の拡大に伴う急激な変化により、
 多くの人がストレスを感じる時代になった。
 自殺者も急激に増える中、自己肯定もできず楽観的にもなれず
 そんな人たちは、どうやって生き抜いていけばいいのだろうか。
 100年前、同じような時代背景の下で、現代に通じる悩みを
 抱えた夏目漱石やマックス・ウエーバーの残したメッセージを
 ヒントに、現代を力強く生きる方法を考えていく。
 姜氏初の生き方本。(集英社新書)


 ★最新刊★『姜流』 姜 尚中著 DVD付きムック

http://www.amazon.co.jp/dp/402274412X/ref=nosim/?tag=sumire304-22

 ニュース週刊誌「AERA」の連載コラム「愛の作法」から厳選収録。
 ふるさと熊本での心あたたまる思い出、
 日本名を捨てカン・サンジュンで生きていく決意をしたその日、
 敬愛していた筑紫哲也氏、加藤周一氏らとの別れなどが、
 包み込むようなあのやさしい話し言葉でつづられています。
 また、五木寛之、佐藤優両氏に加え、半藤一利氏との対談を収録。
 田原総一朗氏らによる「私の姜尚中論」も新しい発見がいっぱい。
 このほか、特別付録DVD「OFFな一日」では、テレビ番組とは違う
 くつろいだ表情を満載。素顔の姜さんを映像でご覧ください。
                    (朝日新聞出版)


=*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*=

□ 本が好き / まぐまぐID:0000139984  

□ 発行者: すみれ bookcafefairy@gmail.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ