奥飛騨温泉郷へ行こう

  • ¥0

    無料

飛騨高山の北に位置する奥飛騨に生まれて育ちました。そんな私があなたの奥飛騨温泉郷の旅行を1.5倍たのしくする新鮮な奥飛騨の情報をお届けします。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
奥飛騨温泉郷へ行こう
発行周期
不定期
最終発行日
2007年03月05日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000140509
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > 温泉

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【**メルマガ 奥飛騨温泉郷へ行こう**】 ☆020号 2007年3月5日発行
     http://www.okuhida.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メールマガジンの内容等で受けた損害等は当方では責任を負いかねます。


1、奥飛騨の近況
2、温泉の加水について考える





****************************************************************************
1、奥飛騨の近況
****************************************************************************

 こんにちは「飛騨高山の奥飛騨温泉郷へ行こう」の運営をしています「まさき」です。
今年の冬はご存知のとおり暖冬で大変すごしやすく、私的には大変ありがたかったのですが
雪景色を楽しみにされている方には残念な冬でした。

奥飛騨を吹く風も冬の風から春の風に変わってきています。
秋の終わりに冬の匂いがすると書いた覚えがあるのですが
次は、春の匂いです。中々いいものです。

さて、最近はとてもポカポカしていましたが天気予報によると週の中ごろは
雪が降るかもということです。

スタッドレスをノーマルに換えたいのですがもう少し待ったほうがよさそうですね
(今年はスタッドレスがたくさん減ったような気が・・・・。)

****************************************************************************
2、温泉の加水について考える
****************************************************************************



「よい温泉によい水をブレンドする。」




最近は源泉100%が流行というか、温泉を選ぶ上で重要な項目のひとつになったようです。

加温無しの源泉100%というのは管理等大変難しいものです。
よく、耳にする方法は2種類の源泉(高温のものと低温のもの)を混ぜ合わせて
温度調節する方法があります。

この方法が一番いい源泉100%にする方法だと思うのですが
温度の違う2種類の源泉の確保がたいへんむずかしいです。



奥飛騨温泉郷の源泉は高温のところが多く、加水によって温度調節してあるところが
多くあります。

ただし、ただ加水して温度を下げるのではなく、熱交換という方法で
温泉の熱を暖房の熱源にしたり、給湯の熱源にしたりと
温泉の熱を有効利用するためのシステムを使っているところが多くあります。

そして、暖房、給湯で熱を使いある程度温度を下げて最終的に適温になるように
加水してお風呂に貯めるというのが多く見られます。

そこで、加水すると折角の源泉が薄められてもったいないといわれる方も見えますが
考えを少しかえてみます。





 さて、ここからは私の独断と偏見の考えになってしまうので
もし、何か助言等ありましたらメールをください。


加水する水なのですがそれぞれ施設(宿)によっても違いますが
いわゆる山水や湧き水を使っているところが多くみられます。

詳しくこういった水の成分を調べたことがないので確証はないのですが
飲むには大変おいしい水ばかりです。
すなわち、「ミネラルウォーター」で加水していることになるのではないでしょうか


「よい温泉によい水をブレンドする。」という考え方です。


あなたの感想をお待ちしております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■                         ■□■□■
Name:奥飛騨温泉郷へ行こう
URL:http://www.okuhida.info/
E-Mail:web@okuhida.info

購読の解除はこちら↓
http://www.okuhida.info/mailmaga/


Copyright (c) 2007 Okuhidaonsengoeikou All Rights Reserved.
■□■□■                         ■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ