最先端ビジネス、企画と構想への道

  • ¥0

    無料

企画構想の創造と、成功への飛翔を目指して、調査、コンサルティングの立場から、最先端の調査研究の仕事に関係する話題を提供します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
最先端ビジネス、企画と構想への道
発行周期
不定期
最終発行日
2018年05月03日
 
発行部数
37部
メルマガID
0000141427
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         【 最先端ビジネス、企画と構想への道】   2018/5/3号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ ■  期待される、量子が拓く未来! 量子論100年目
□ ■  量子コンピュータ、特化型中心に2025年に1兆円突破の世界市場に !
□ ■  量子コンピュータに期待する、4人に1人強。会社員2100人アンケートで
□ ■  ICO、クラウドマイニング、有望市場の可能性!ただし、市場の健全化が課題

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
期待される、量子が拓く未来!量子論100年目
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本年2018年は量子論を考える良い年である。マックス・プランクが唱えた「エネ
ルギーには最小単位がある」とする量子仮説が量子論の発端となり、同氏は1918
年に量子論によってノーベル物理学賞を受賞した。2018年は同氏がノーベル賞を
受賞してから、100年目にあたる。138億年前に誕生した量子に、人類は100
年前にやっと出会い、そしてそれから100年がたった、ということにもなる。

去る3月28日に実施した、量子の世界、量子コンピュータの可能性に関するアン
ケート(会社員2,100人)では、「量子力学についてある程度知っている」は、
8.9%、「量子コンピュータについてある程度知っている」は、8.7%であり、
現状としては高いとは言えない認識度となっている。科学技術立国を目指す日本とし
ては、もっと理解が深まることで、豊かな社会づくりにつなげてゆきたいところである。

普段の日常生活では、量子の世界や、量子コンピュータなどについて考えることはま
れであるが、あえてアンケート調査を実施したところ、量子の性質を理解している人
は少なく10%弱にとどまった。ここでは、確認の意味で、「シュレジンガーの
猫」、「二重スロットの実験」について質問したところ、「シュレジンガーの猫」に
ついてある程度知っている人は13.8%、「二重スロットの実験」については、わ
ずか、5.7%であった。

いっぽう、量子力学、量子コンピュータについては、ある程度知っている人は9%程
度となっている。また量子の性質は不思議である、と思う人は、26.0%であり、
量子コンピュータに期待する、という人も同程度の26.9%となっている。意識は
素粒子に影響を与えると思う、とする人は12.0%、意識は現実をつくる力があ
る、と思う人は、17.6%となっており、量子コンピュータは宇宙の本質や人間の
本質とつながっているテクノロジーであることを感じさせるものがある。

量子の性質には、粒子性と波動性の二重性、状態のもつれ、状態の重ね合わせなどが
ある。量子の性質を応用した開発としては、量子コンピュータをはじめ、計測・セン
シング技術、暗合通信技術などが期待されるとともに、生命現象を解明する量子生命
科学、エネルギーの研究である量子エネルギー工学など、未来を拓くテーマが数多い。

陽子や中間子が互いに結合するのを助ける中間子の存在を予言した湯川秀樹博士は日
本人として、はじめてノーベル賞を受賞したが、その後も、量子に関連したテーマ
で、日本はノーベル賞受賞者を数多く輩出している。

日本の未来を考える上でも、教育環境、家庭環境、研究環境など、さまざまなところ
で、量子に関連した教育・啓蒙・研究活動の大切が求められる。文部科学省では、科
学技術に触れる機会を増やし、科学技術に関する知識を適切に捉えて柔軟に活用いた
だくことを目的として、「一家に1枚 宇宙図2018」」ポスターを発行している。(※
注1) こうした取り組みは分かりやすく理解が深まることにつながると考えられる。

量子論100年目を迎え、今後の量子コンピュータをはじめとする先端テクノロジー
の市場が発展し、豊かな社会づくりにつなげてゆくためにも、量子関連技術の教育・
啓蒙・研究活動は大切な活動であり企業も地道な活動が期待される。

※注1 一家に1枚「宇宙図2018」
文部科学省では、科学技術に触れる機会を増やし、科学技術に関する知識を適切に捉
えて柔軟に活用いただくことを目的として、「一家に1枚」ポスターを発行している。
テーマとしては、量子ビームのほかにも、細胞、水素、くすり、タンパク質、鉱物、
太陽、磁場と超伝導、ヒトゲノムマップ、元素周期表などがある。非常に分かりやす
くまとまっている。

http://stw.mext.go.jp/series.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
量子コンピュータ、特化型中心に2025年に1兆円突破の世界市場に !
量子の特性を生かした研究開発で、画期的技術開発も AQU調査
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

量子コンピュータ市場は、一部製品化が始まったばかりだが、特化型中心に急速に市
場拡大してゆくと予測。7年後の2025年には1兆円突破のグローバル市場になる、
と先端テクノロジーの調査会社、AQU先端テクノロジー総研は、予測、分析している。
この調査分析は、同社発刊の、『量子コンピュータの開発動向と市場予測に関する調
査 -AIビジネスを加速させる量子コンピュータの市場予測、需要探索-』
http://www.aqu.com/quantum/ に反映されている。

量子コンピュータは、AIディープラーニングとの連携でAI市場を加速させる。このた
め、量子コンピュータによる産業革命への期待、ビジネスチャンス創出に期待する声
が多い。

市場ではIBM、Google、NTT、アリババなどの大手IT企業や、D-WaveSystemsなどの
スタートアップが積極的に開発製品化を進めており、R&Dなどのテスト導入や、無料の
クラウドサービスによる需要開拓、共同研究、ソフト、アプリ開発などが進展してい
る。また量子コンピュータ周辺領域でも、量子の特性を生かした、画期的な技術開発
が創出されているのが注目される。

たとえば、量子コンピュータではないが、量子現象に着想を得たデジタル回路を搭載
する疑似的な量子コンピュータであるデジタルアニーラ(富士通)の場合は、組み合わ
せ最適化問題を得意とし、高速計算が可能、スーパーコンピュータ「京」をもってし
ても実に8億年の計算時間が必要となるケースが、1秒以内で計算できてしまうとい
う。また、量子の性質を応用した探索アルゴリズムとして、連続値量子アニーリング
という技術を創出したケース(デンソーと東北大学の共同研究)もある。これは、量子
コンピュータそのものではなく、通常のPC でも使える新技術である。(将来的には組
み込み型の可能性もあると考えられる。)

このように、量子コンピュータ市場は、量子現象の特性を生かし、従来のコンピュー
タ技術との融和をはかりながら、市場のすそ野が拡大してゆく可能性が高い。事実、
IBMでは、ハイブリッド方式によるシステム化を提案している。

量子コンピュータの開発製品化や、量子現象に着目した研究開発は、AIビジネス市場
をより発展させるという意味でも、大切な役割を担っていると考えられる。

  『 量子コンピュータの開発動向と市場予測に関する調査 』
 -AIビジネスを加速させる量子コンピュータの市場予測、需要探索-
  http://www.aqu.com/quantum/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
量子コンピュータに期待する、4人に1人強。会社員2100人アンケートで
量子コンピュータによる産業革命に期待する声、新たなビジネスチャンス創出との声も
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一般企業で働く会社員、経営者、2100人にアンケート調査を実施したところ、量
子コンピュータに対する期待は29.6%で、4人に1人強の人が、量子コンピュー
タを前向きととらえていることが分かった。この調査結果は、先端テクノロジーの調
査会社、AQU先端テクノロジー総研が実施したアンケート調査で分かった。

アンケート調査の結果、量子の性質は不思議である、と思う人は、26.0%であ
り、量子コンピュータに期待する、という人も同程度の26.9%となっており、4
人に1人強の人が、量子コンピュータを肯定的にとらえていることが分かった。

なお、これらの詳細は同社発刊の、『量子コンピュータの需要探索と関連市場動向に
関する調査』-AI機械学習を加速させる量子コンピュータの開発動向、需要動向-
http://www.aqu.com/quantum-need/ に反映されている。

量子コンピュータの応用分野として、どのような分野に関心があるか、質問したとこ
ろ、医療(個人医療の最適化など)42.9%が最も多く、続いて、 IT(機械学習
の高速化など)、製薬(特効薬開発など)、 航空宇宙(最適化機械設計など)、自動
車・交通(都市交通の最適化など)、化学(分子設計最適化など)となった。この
他、金融(ポートフォリオなど)、物流(物流最適化など)、法律(過去の膨大な判
例から適合抽出等)などがある。

量子コンピュータのこれからの可能性、未来について意見を聞いたところ、量子コン
ピュータによる産業革命に期待する、など、明るい未来を感じさせる意見が多く寄せ
られた。とくに、AIとの組み合わせで世界が大きく変わる可能性があり、「今まで
できなかったことが、あらゆる分野で期待でき、科学の発展とともに、生活水準の向
上を期待する。」(36歳、男性、会社員・事務系)、「今までの概念が変わり新しい世
界が動き出す。」(60歳、男性、会社員・その他)、といった意見が多くみられた。ま
た、急激な人口減少の中で人工知能などが果たす役割は大きく、「AIなどの可能性
をさらに画期的、飛躍的に高めると共に、新たなビジネスチャンスを創出することを
期待しています。」(61歳、男性、会社員・事務系)との意見が聞かれた。

量子に関連したノーベル物理学賞では、日本人の受賞が多く、日本は基礎研究に貢献
してきた。そこで、今後の量子コンピュータのビジネス展開にあたって、世界との競
争が激化する中、日本企業の使命、役割について意見、感想を聞いた。

その結果、予想以上に、日本のこれからの役割に期待している、との意見が多く寄せ
られた。
とくに、日本人の特徴を生かした取り組みが大切との声が聞かれる。たとえば、「日
本人の特徴である、粘り強さと作業の正確さを生かして、他の国にはできないことを
成し遂げてもらいたいです。」(29歳、男性、会社員・その他)、「これまでも日本は
「富士通の京」のような優秀なコンピュータを作ってきており、日本人独自の強みを
生かした分野があると思っており、日本らしさを生かして是非頑張ってもらいた
い。」(51歳、男性、会社員・事務系)など。

また、この分野で世界をリードしてもらいたい、との声が強かった。たとえば、「日
本が中心になって、世界的規模で発展して欲しい。」(31歳、女性、会社員・その
他)、「基礎技術・基礎研究については、日本は強いかもしれないが、応用する点にお
いていつも他国に後れを取るので、量子コンピューターの分野では応用分野も含め
て、リードしてもらいたい。」(46歳、男性、会社員・事務系)、「最先端分野で再び
日本企業が脚光を浴びるような成功を遂げてほしい。AIの次を考えることを期待し
たい。」(55歳、男性、会社員・事務系)など。

いっぽう、量子コンピュータ市場への戦略としては、これまでの教訓を生かし、日本
独自の視点とともに、全体的構想戦略が大切であるとの声が聞かれる。「日本は基礎
技術の応用が弱いと思う。日本独特の課題にテーマを絞って、応用を検討することで
世界に先駆けた応用実績を作れるのではないか。日本独特の課題であれば、課題の原
因究明につながる情報も豊富にある。原因がわかれば、解決方法を考える事は日本の
得意とするところ。そして、同じような課題を抱える国に対して解決方法を提供でき
ると思われる。」(47歳、男性、会社員(技術系)」、「レーザーネットワーク方式
は、限定的なので、最終目標を広範囲に応用できる量子ゲート方式も並行して開発す
べき。安心して研究開発できる体制と資金をこの分野の研究開発に向けるべし。」
(67歳、男性、経営者・役員)、「世界的な量子コンピュータの開発競争が進んでい
るので、国を挙げて量子コンピュータの専門人材づくり、専用のソフトウエアなどを
開発できる人材育成に取り組むべき。」(29歳、男性、会社員(技術系)、「ほかの分
野との合わせ技で、新たな価値を生み出す。」(60歳、男性、会社員(技術系)など。
全体的に、量子コンピュータと日本のミッションに期待する貴重な意見が多かった。

      『量子コンピュータの需要探索と関連市場動向に関する調査』
   -AI機械学習を加速させる量子コンピュータの開発動向、需要動向-
             http://www.aqu.com/quantum-need/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ICO、クラウドマイニング、有望市場の可能性!ただし、市場の健全化が課題!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

暴騰暴落などめまぐるしい仮想通貨市場に対して、中長期的観点から、調査報告書が
まとまった。

とくに、調査ABCシナリオに基づく市場予測を行ったが、楽観Aシナリオでは、2
028年にも、金ゴールドの資産水準に、仮想通貨総資産が達することが分かった。
またニュートラルな視点で今後の市場のテーマについて調査したところ、ICO(資
金調達)、クラウドマイニング(採掘)市場がビジネスとして有望、かつ魅力的側面
があると分かった。

いっぽう、仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンは、世界的にも金融、不動
産、流通、医療、音楽、エネルギーなどで実用化へ向けて研究加速しており、世界で
はスタートアップに巨額の投資資金が流れており、大きな潮流となっている。ブロッ
クチェーンのグローバル市場は、年率、45~55%前後の成長が見込まれ、202
2年には、3,000百万ドル規模になると予測。当初金融分野中心の市場形成だが、
2021年には非金融分野の占める割合が金融分野を上回るようになるとみられてお
り、不動産、流通、医療、音楽、サービスなどの非金融分野の動向が注目される。


 『仮想通貨ICO、クラウドマイニング、ブロックチェーンの市場予測に関する調査
-暗合通貨新時代のICO、マイニング、ブロックチェーンの未来戦略-』
http://www.aqu.com/mining-ico-blockchain/


━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━
        先端ビジネス ! 調査報告書のご案内  ☆。.:*:.:*:・'゜
━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━

◆タイトル
『 量子コンピュータの開発動向と市場予測に関する調査
-AIビジネスを加速させる量子コンピュータの市場予測、需要探索-』
http://www.aqu.com/quantum/
◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 137頁

◆タイトル
『仮想通貨ICO、クラウドマイニング、ブロックチェーンの市場予測に関する調査
-暗合通貨新時代のICO、マイニング、ブロックチェーンの未来戦略- 』
http://www.aqu.com/mining-ico-blockchain/
◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 251頁

◆タイトル
『AIスピーカー及び、ヒアラブル端末の市場動向、市場予測に関する調査
-スマートスピーカー、スマートイヤホンの需要拡大をとらえる-』
http://www.aqu.com/ai-speaker-hearable/
◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 280頁

◆タイトル
『AIスピーカー及び、ヒアラブル端末の需要動向に関する調査
-スマホ・NEXTの可能性、スマートスピーカー、ヒアラブルの大潮流-』
http://www.aqu.com/ai-speaker-hearable-need/
◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 140頁

◆タイトル
『脳波ビジネス、BCIビジネス、市場開発に関する調査
-脳波特許の動向と注目企業機関、需要動向を調査-』
http://www.aqu.com/brain-bci/
◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 204頁

◆タイトル
『IT、生命科学の融合領域におけるビジネス開発、研究開発、市場予測に関する調査
-AIビジネス、脳波ビジネス、ウェアラブル・サービス等の新潮流-』
http://www.aqu.com/it-bio/
◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 526頁



・。・☆・。・★・。・☆・。・★・。・☆・。・★・。・☆・。・★・。



→ 貴社固有のテーマで、調査レポートを提出します。→ info@aqu.com
   http://www.aqu.com/usr/bin/perl/mail/mail.cgi?id=custom


    。・°°・☆・°°・。☆。・°°・☆・°°・。☆。・°°・☆・°°・。


   【ビジネスの成功へ向けて、新規事業開発を多角的に支援】
    http://www.aqu.com/shinki-kaihatsu.html


□□■■□□■■□□■■□■□■□■□■□■□■□■■□□■■□□■■□□
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
====================================================================
※ 【 超シャープな最先端感動ビジネス、秘密の話 】と連携中!
○電子メールマガジン
【 最先端ビジネス、企画と構想への道】   2018/5/3号
発行編集人 AQU先端テクノロジー総研 Katsumasa Koyasu
◇【最先端ビジネス、企画と構想への道】
Home Pages: http://www.aqu.com/infinite21/
 「最先端ビジネス、企画と構想への道」 バックナンバー
  http://archive.mag2.com/0000141427/index.html
◇ ご意見・ご要望・お問合わせは E-Mail:info@aqu.com
◇メールマガジンの登録(解除)
http://archive.mag2.com/0000141427/index.html
【Copyright (C) 2009-2018 AQU先端テクノロジー総研  All Rights Reserved.】
 転送の場合、全文を転送下さい。
==========================【最先端ビジネス、企画と構想への道】============
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
□□■■□□■■□□■■□■□■□■□■□■□■□■■□□■■□□■■□□
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ