初心者のための商圏分析セミナー

  • ¥0

    無料

商圏立地をとりあえず簡単に1次判断したいという人のための「商圏分析セミナー」です。楽して自分で出来ることを目標に、エリアマーケティングの専門会社がわかりやすく解説します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
初心者のための商圏分析セミナー
発行周期
隔週刊
最終発行日
2016年07月26日
 
発行部数
218部
メルマガID
0000141980
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            2016.7.26/第71号/(株)ワンズ

●初心者のための「商圏分析セミナー」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

商圏立地をとりあえず簡単に1次判断したいという人のための「商
圏分析セミナー」です。楽して自分でできる事を目標に、エリアマー
ケティングの専門会社が分かりやすく解説します。

○簡単な分析で店舗成功のチャンスを高める
_______________________________

 ネットで簡単にデータ入手できる、しかもほぼフリーで入手出来る
時代になって来ました。ただ、データとして持っているだけでは、何
の役にも立ちません。

 そこで、誰でも簡単にできるデータを成功アクションにつなげる分
析Tipsを紹介しています。今回は、その10回目です。情報プラ
ス、ちょっとした計算で出店や既存店見直しなど成功のチャンスが拡
がります。

 ここでの方法は、GIS(地図情報システム)を使った方法のみを
紹介します。GISもネット上で、無料で利用できるようになりまし
たし、もはやGIS活用は不可欠という前提です。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

No.71
エリアマーケティングをビジネスに120%活用する方法(10)
-商圏調査から立地調査へ-

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


●商圏調査をさらに活かす方法

 一般的に、GIS(地図情報システム)を使用した商圏調査レポー
トは、現地に行っただけでは把握出来ない、人口・世帯、商業の実態
を明確にするものです。

 この商圏調査レポートで、出店の可能性の判断ができた次のステッ
プで必要となるのが、現地での立地調査です。

潜在性、特性は充分なのに、中心街区から外れていたり、街の主要動
線上に無かったりした場合、オープン後、集客に苦戦するのは目に見
えているからです。


●立地調査が重要に。
_______________________________
 
 そこで、実際に現地に行って、判断する立地調査が重要になってき
ます。そこで、汎用的で簡単に街区、立地調査のチェックリストを作
成してみました。首都圏の場合、基本的に駅立地の商業集積が多いた
め、その想定で考える事としました。


■立地評価チェックリスト例

1.どの駅出口街区が有望か。 
  □ 乗降客数はどの出口が多いか
  □ 駅前に大型商業施設や、商業集積があるのは
  □ 団地など人口が集中したエリアが後方にあるのは

2.街の主要動線上に位置しているか。
  □ ショッピングセンター、商店街など大きな集客施設と駅まで
    の動線上にあるか
  □ 人口の多い居住地と駅までの動線上にあるか

3.周辺の店揃えは、自店と相乗効果が狙えるか
  □ プラスに働く業種が多いか
  (例えばシューズショップだったら、ウェア関連のショップが、
   通りに出店している立地が有望です。)
  □ 直接競合となる店舗が少ないか
  □ 購買頻度、動機が似ている業種が多いか
  □ 同じターゲットの業種・業態が多いか
  □ 繁盛店多いか

4.通行客は自店ターゲットと合っているか
  □ ターゲットとする性別・年齢の通行客が多いか
  □ 通行客の多い時間は、自店の営業パターンと合っているか
  □ 通行客の来街動機は、自店のスタイルと合っているか

5.街の推移と将来的な可能性は
  □ 街の今までの業種変化と、増えてきている業種は
  □ 街の人の好みを反映して繁盛している店のタイプは
  □ 撤退していっている業種とか、店のタイプは
 (この辺りは、地域居住の知人がいればベストです。いなければ、
  街角景気判断では無いですが、タクシーの運転手さんとか、地元
  居酒屋のマスター、不動産屋さんの情報が有力です。)

 これらを現地でチェックして、有望であれば出店成功の確率が
高いと言えます。現地調査は、多少アナログであっても経験則が
機能すると思われます。


●商圏調査と立地調査を合わせて検討。
_______________________________

 商圏調査で、一般的な来街範囲で充分な潜在需要がある。また、狙
うターゲットも多く、商業も活性化しているなど特性把握をまず実施
します。これで、可能性が高ければ、上記の街区・立地調査をしてポ
イント的な候補地の優劣を判断する訳です。

 この調査は、その業種・業態を熟知したオーナー、店長が実施する
事で、より適切な判断・評価が出来ると思われます。商圏調査・分析
の次のステップで、この街区・立地調査を実施する事で、さらに出店
成功の確率が高まるはずです。



 図表を含む説明を当社webサイトで紹介しています。関心のある
方は、ぜひこちらもご覧下さい。下記URLからどうぞ。
http://www.wonds.co.jp/WONDS_Site/html/area-research-tips-l01.html

(今号は、以前発行したメールマガジンの改訂更新版です。)

 最後まで、お読みいただきありがとうございました。「読んだよ。
」という方は以下のURLクリックお願いします。
http://clap.mag2.com/uaiwajaewa


 この商圏分析Tipsに関して、ご質問があればfacebook「店舗開
発Q&A」で受け付けております。以下のURLからお気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/pages/%93X%95%dc%8aJ%94%ad%82p%82%60%8a%94%83%8f%83%93%83Y/114384511978475?sk=wall

______________________________
■PR■
 
 →商圏分析を、さらに個別課題に即し、専門家の視点を加えたサー
ビスを、弊社では実施しています。概略は、「潜在需要調査」のペー
ジをご覧下さい。
http://www.wonds.co.jp/WONDS_Site/html/juyou.html

_______________________________

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
を利用して発行しています。
配信中止はこちら      
http://www.mag2.com/m/0000141980.htm
_______________________________


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
マガジン:     初心者のための商圏分析セミナー
発行者:      加茂 隆(C)Copyright 2016
バックナンバー:  http://www.wonds.co.jp/
ご意見・ご感想等: info@wonds.co.jp
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ