ぜんそく大事点

  • ¥0

    無料

呼吸器学会認定専門医が喘息(ぜんそく)、アレルギー患者さんにお送りする、日本一わかりやすいぜんそくの原因、症状、治療、医療、健康食品、そしてサプリメントに関する情報メールマガジンです。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
ぜんそく大事点
発行周期
週刊
最終発行日
2012年06月29日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000142717
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ぜんそく大事点 第218号
───────────────────────────────────

 こんにちは。ぜんそく大事点です。
 永らくご無沙汰しております。


 このメールマガジンも、2004年11月22日に創刊して以来、
 早いものでもう8年目となり、217号(+臨時号)刊行して参りました。


 しかし、最近ではめっきりお目にかかる機会も減って参りました。
 まぐまぐさんからも、間隔が開いていることで注意をいただいております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<読者の方からのメール>AYAさんより
───────────────────────────────────


先生こんにちは!

以前・・・もう5年?くらい前になるかもしれません^^;
(現在小学4年生の)息子の喘息のことでメールさせていただきました
AYAと申します

当時喘息で小児科を定期通院していた息子が
咳が止まらず眠れないほどなのに
救急病院で発作では無いと言われ
どうしたらいいのか困り果てて
ノイローゼ気味で先生にメールをしたことがありました。
そこで後鼻漏というものを知り、
耳鼻科へも通院しはじめてからとても良くなりました。
アレルギー性鼻炎も発症してしまっていたのですね。

その後、喘息と鼻炎をトータルで診ていただける
アレルギー科の病院を探し、
小1で「フルタイド吸入」をやめることができ、
アレルギーの薬の「セチリジン」と「シングレア」を飲んでいましたが
小3でシングレアをやめ、セチリジンのみとなり、
小4でついにセチリジンもやめることができました。

7年間以上通った定期通院がついに終わり、
発作らしき発作は数年起きておりません。
先生本当にありがとうございました!!!

先生のメールマガジンや、喘息クイズのブログなどに
出会わなければ
間違いなく息子の治りはもっと遅かったことと思います
本当に本当にありがとうございました



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<Nより>
───────────────────────────────────


 AYAさん、メールをありがとうございます。

 定期通院が終わったとのこと、本当によかったですね。


 間違いなく、きっちりと治療に向き合っていただいたAYAさんの
 努力の賜だと思いますが、このメルマガが何かのお役に立てたのだとしたら、
 大変うれしいことです。


 このように経過のご報告をいただき、ありがとうございました。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 7年間あまりこうして休み休みでもメルマガを続けてこられたのは、
 こうして色々な形でいただく、皆さんの「お声」でした。


 これまでに多くのご質問をいただき、それに回答させていただくことで、
 何よりも私自身が、大いに勉強させていただきました。


 医学的にも、知識があやふやであったり、
 きちんと説明するためにガイドラインや文献を確認したり、
 そういう意味の勉強もあります。


 それ以外に、普段の診療を通しては、なかなかわからない、
 患者さんの生の声を聞くことができた、
 これも大きな勉強であります。


 また、読者の皆さんの大きな励ましの声をいただき、
 これが本当にうれしいものでした。


 特にまぐまぐ!大賞の際には、本当に多くの方々の
 あたたかいお言葉をいただき、とてもうれしかったことが思い出されます。



 メルマガの内容を使って、ブログも、かなり充実させることができました。
 喘息患者さんがわからないことがあって調べていただいても、
 大概のことにはお答えできるのではないか、と自負しています。



 この7年間で、随分一般の方、あるいは一般開業医の先生方にも
 「吸入ステロイド」が知られてきた様に思います。


 また、合剤の登場で、「吸入ステロイド=効く」と患者さんに
 実感していただけるようになり、合剤を使われるケースも、
 少なくとも私の周りでは増えてきました。


 これまでに行ってきた情報発信も、少しは
 正しい治療の普及に貢献できたかな、とは思っております。





 ただ、やはり実感しているのが、
 「呼吸器専門医、あるいは呼吸器の知識がある医師の不足」
 です。


 これまでにいただいたメールにも、
 正しくガイドラインに基づく治療を受けておられない、
 そういう患者さんが見受けられたことも事実です。


 これまでは、患者さんに正しい情報をお伝えすることが
 医療の質を上げるのではないか、と考えていたのですが、
 やはり、医療側への直接介入が必要であると痛感するようになりました。


 大学にいる自分としては、ここ大学において
 「呼吸器専門医、あるいは呼吸器の知識がある医師の養成」が
 急務であるという気持ちが強くなりまして、日々の活動の軸足を
 教育・育成の方向に移しているところです。



 そちらの活動で、時間の余裕がなくなってしまい、
 このメルマガについては、定期刊行ができず、刊行間隔が開いたことで、
 残念ながら休刊、廃刊ということになります。


 これに関して皆様に特別な手続きをいただく必要はございません。



 ブログはこれまで通り、維持して参りますので、
 ご質問などありましたら、そちらでいただけましたら幸いです。





 今後も喘息をお持ちの皆さんが、少しでも健やかな日々を
 過ごしていただけるよう、祈念いたしております。


 長い間のご愛読、ありがとうございました。



 そして、これまでにこのメールマガジン刊行にご協力いただいた
 まぐまぐ!さんにも感謝したいと思います。
 7年間、ありがとうございました。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ぜんそく大事点 発行人 ドクターN


 ホームページ
 http://drenu.sblo.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ