ド素人がインターネットで年収1億円を稼ぐ方法!

  • ¥0

    無料

ネットビジネス参入し、わずか1年で1億円を稼いだ男菅野一勢がその秘密を伝授するメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
ド素人がインターネットで年収1億円を稼ぐ方法!
発行周期
不定期
最終発行日
2018年02月13日
 
発行部数
15,502部
メルマガID
0000143628
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > ネットマーケティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


ども。菅野です。

前回紹介したコミットの動画見てくれました!

僕がなぜ年商50億円を達成することができたのか?

昨日、公開されたセッション2で
その秘密を余すことなく語ってるので、
まだ見ていないと言う人は今すぐどうぞ!

→ http://www.itm-asp.com/cc/224123/q81n0U0C


すでに見た人はわかるとおもうけど、

動画の中で、
1他力、2他力と言ってるので
勘違いする人もいるかも知れないw

なので、ちょい補足します。

他力を使うのは、人生において超重要。

俺が尊敬してやまない斎藤一人さんに

「もし生まれ変わっても
人生でこれだけは、
失いたくないものは??」

と、質問したときも、
「他力かな」とおっしゃてました。

当時、

「他力本願でお金持ちになる人
自力本願で貧乏になる人」

という本を出版したばかりだったので、
すげー興奮したのを今でも覚えてます。

ただ、自力のない人に他力はない。

だって、自分よりいけてない人に
ついていきたいなんて思わないもんねw

だから他力を使いたければ
まずは自力を鍛えること!

それで、他力がついてきたら、
追い越されないよう自力を磨き続けること。

人が動くのは自分のメリット。
これは孫氏の時代から変わらない。

だから自分と一緒にいる
メリットを感じさせなくなったら
そこで他力も尽きるよ。

そしてなんでも完璧すぎるのもダメ。
ある分野では突破してる
けど、その他はからっきし。

だからそこを埋める人たちが活きてくる。

自分の得意分野わかっていて、
弱いところは弱いと認めてきちんと頼る。

そうすれば、他力も活きる。

ぶっちゃけ、俺自身は今も
ワード、エクセル、パワポできません。。

だから、そこは頼りっきり。

そして、新規事業もパートナーに頼りっきり。

でも、なぜ彼らは俺と組むのか?

常に事業について、アンテナ張ってるから。
自分で起業家の集いしたりして、
情報収集してるし、それをきちんとシェアしてるからね。

それが、きちんと次に活きてきてるからこそ、
パートナーもWINWINなわけで。

だからこそ、今が成り立ってると思うよ。

だからこそ、
自力→他力という構図を忘れないように。

まずは自力で稼ぐ力を身につける!
そっから足りないものを他力で埋める。

そして、我以外皆師匠の精神で、
他力に頼りまくる!

でも、なんかあった時は、
自力で解決する力は損なわない。

俺とお前、辞めたらどっちが
困るか勝負しようか!?

くらいの自信なくして他力は使えない。

他力本願で自力ない人は
マジでヤバイと思うので
そこは勘違いしないでね(^^)

というわけで、
コミットよろしくー

→ http://www.itm-asp.com/cc/224123/q81n0U0C

 
**********************************************************
発行者名:株式会社ホットライン
発行者住所:東京都千代田区神田須田町2-2-5須田町藤和ビル6F
お問合せ先:gatturi@1hotline.net
**********************************************************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ