こっそり覚える野球審判

  • ¥0

    無料

人に知られずこっそりお勉強、野球審判のノウハウ!!規則はもちろん、審判ノウハウすべてをマスター!ライバルをアッと言わせちゃおうというメールマガジンなのです。目からうろこのノウハウ満載!!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
こっそり覚える野球審判
発行周期
不定期
最終発行日
2017年09月01日
 
発行部数
1,508部
メルマガID
0000144152
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > 野球 > その他
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌





■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━0001号★■


『こっそり覚える野球審判』 通称「こっそり審判」


『こっそり覚える野球審判』のご購読ありがとうござます。





通称 『こっそり審判』は、今の自分の審判技術に満足せず、

常に技術の向上を目指す方に向けた、メールマガジンです。

現状で満足されている方が多い中、前向きな貴方に発行致します。


『こっそり審判』は、誰も勉強していない時に、こっそり勉強して
みんなをあっと驚かしちゃおうというメールマガジンなのです。

ですから、『こっそり』読んでください。こっそり!




審判技術は簡単ではないですよね! 
そして、奥が深い!!!

少しでも審判を経験された方でしたら、そうお感じになると思います。
でも、ポイントさえ押さえる事ができれば、少しは楽しくなると思います。


知っていると思うことでも、繰り返し覚える事で、審判として新鮮な頭脳で、
試合を楽々運営しちゃいましょう!!
それでは始めましょう。



もちろん最初は、これですよね!!


プレイボール!!!



(ここまでは、はじめてご購読される方のために毎回同じです。)



★★メールマガジン『こっそり覚える野球審判』★0001号★★★★★★★



◆まずは自己紹介◇◇◇


皆様、はじめまして!!

『こっそり覚える野球審判』を発行しております、鷲谷 亘と申します。
よろしくお願い致します。

私は、セ・リーグに18年在職していましたが、視力の減退で引退しました。
現在は野球審判用品輸入販売の会社を運営しております。

WEBサイトは、以下のURLです。
http://www.go-stop-call.com/

素人が作ったWEBサイトですが、ハッキリ言いまして素人丸出し!!(泣)



このGO-STOP-CALL.COMのなかで『未公認野球規則』という
掲示板がありますが、ご利用の皆様は熱心な方ばかりです。

感謝あるのみです。

『未公認野球規則』に興味がある方は、こちらをクリック
        ↓
http://8324.teacup.com/rulefile/bbs



そこで、もう一つ技術的また精神的に皆さんにアドバイスできたらと思い、
メールマガジン『こっそり覚える野球審判』を発行する事に致しました。

『未公認野球規則』は、どなたもご利用頂けるようになっておりますが、
そのために、実際は制約があります。
正直、書きたくても書けないケースもあります。



『こっそり審判』では、『未公認野球規則』で書き切れない事を、
こっそり書く事が出来れば良いなと考えていますのでお楽しみに!






■━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


●『こっそり審判』的 用語の定義

●『こっそり審判』的 2人制アンパイアシステム

●『こっそり審判』的 今回のポイント

●『こっそり審判』的 編集後記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■『こっそり審判』的 用語の定義
----------------------------------------------------------------------


2.02 APPEAL「アピール」


守備側チームが、攻撃側チームの規則に反した行為を指摘して、
審判員に対してアウトを主張し、その承認を求める行為である。



★アピールという言葉を使うのは、守備側チームが規則違反の攻撃側チームの
 選手のアウトを主張する時だけであって、その他の場合はアピールとは
 言いません。

 通常は、よくあるのが、攻撃側が審判員に対して、
 「どこ見てんだ!セーフじゃないか!!へたくそ」というような、
 綺麗な言葉?を使いますが、これは単に抗議している事であって、
 「アピール」にはなっていません。ただの文句!!

 「アピール」は認められていますが、
 「抗議・文句」は認められていません。
 
 つまり、審判員が規則の適用を誤っているのでは?というときに限り、
 「アピール」は認めらるという事になります。


 巷では、
 「抗議・文句」は監督と当該の選手は可能だというご意見もありますが、
 なんら根拠のないご意見と言わざるを得ません。


 しかし、「抗議・文句」があった場合は、簡潔に説明して、
 すぐにお引取り願うのが、審判としての技術となるわけですが、
 これがなかなか難しい!
 最初から、審判が間違っていると、決め付けているのですから。
 
 貴方なら、どのように監督・選手にお引取り願いますか?
 
 
 
 こちらまでご意見を、こっそりどうぞ!!
 magmag@go-stop-call.com
 
 次回の『こっそり審判』で発表したいと思いますので、
 どしどし貴重な経験談をどうぞ!
 (本名の他に、ハンドルネームもお書きのうえ送信ください!!)
     ↓
 magmag@go-stop-call.com
 
 


『こっそり審判』からのポイント解説は次号で。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■『こっそり審判』的 2人制アンパイアシステム
----------------------------------------------------------------------


 0001号では、どこを見れば、上手くシステムが機能するかという事を、
 少しお話したいと思います。


 2人制・3人制・4人制・6人制のシステムがありますが、
 どのシステムでも、ポイントは幾つかあります。



 2人制システムの場合は、
 特に打球を追った時の目線の動きが大切になってきます。

 これは、どのシステムでも応用が可能ですので、お話したいと思います。



★貴方は、塁審です。

 走者無しで、打球を追った場合、
 野手がその打球を処理するまでの間、貴方はどこを見ていますか?


 野手の動き
 打球の行方?


 如何でしょうか?

 どこに目線が行っているでしょうか?
 
 正解は
  ↓
  
  ↓
  
  ↓
  
  ↓
  
  ↓
  
 それでは、こっそり教えましょう!
 
 
 
 それは、打者走者の動きと球審の動きです。(あっ、言っちゃった!)
 
 もちろん条件はあります。
 それは、野手が打球に追いついて、捕球体勢にはいる事が確実な場合です。
 つまり打球に野手が追いついている場合ですね。
 
 
 打球を野手が捕球する瞬間までは、審判員はどこに目線が行っていても
 構いません。
 打球が空中にある時間は、とても審判員として貴重な時間です。
 その間に貴方は打者走者の動きと、球審の動きを確認する事が
 出来るはずです。
 
 この目線の動きをマスターできれば、
 2人制システムを楽ぅ〜に運用出来るようになります。
 
 
 
 簡単なようで、これはハッキリ言って難しいです。
 
 この目線の事は、どの審判関連の本にも書いていません。
 実践から学んだことですが、こっそり教えてしまいました。
 このノウハウをいち早くマスターできちゃうのは、
 『こっそり審判』をご購読されている方のみです。ラッキー(笑)
 


ひじょうに役に立った、または全然役に立たなかった、
または、これから『こっそり審判』を応援しようというコメントは
こちらからどうぞ送信下さい!(特に熱い応援メッセージは大好きです!)
magmag@go-stop-call.com



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■『こっそり審判』的 今回のポイント
----------------------------------------------------------------------


今回のポイントは、目線の動きでした。


この目線の動きを、マスターするか、しないかで、
人より一歩先に行けるかどうかが決まります。
ぜひトライしてみて下さい。


2人制だけでなく、3人制・4人制・6人制にも応用が可能です!
試合の時だけではなく、シュミレーション可能ですので、
イメージトレーニングでも、実力がアップです。

なぜ、貴方がスイスイ〜ッと動けるようになったか、
仲間の審判は、不思議がること間違いなし!!



ご検討をお祈り致します!!




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■今週のお薦め書籍
----------------------------------------------------------------------


◆◇◆◇◆プロ野球 審判だからわかること◇◆◇◆◇◆◇◆◇


元セ・リーグの審判部長が、自分の審判人生を語る!!

今だから話せるあの監督・選手この試合

審判生活38年の元アンパイアがすべてを明かす!


長嶋、王、星野等とのやりとりから、『巨人寄り判定』の真偽まで
皆さんがお知りになりたい事をすべてお書きになっています。



球審の時に、ストライクゾーンで迷ったら・・・・・。
調整の仕方が分かります。


興味のある方はクリック!
        ↓
http://item.rakuten.co.jp/rbooks/1711149/





----------------------------------------------------------------------
 ■ 『こっそり審判』的 編集後記
----------------------------------------------------------------------

遂に創刊号が発行されましたが、如何でしたでしょうか?


一生懸命に作成しましたが、何せ書くのは素人。(泣)
でもようやく『こっそり審判』を発行する事ができました。
ご購読の皆様ありがとうございました。


ご購読されて、励ましのメール、哀れみのメール、ご質問等がありましたら、
以下のメールアドレスまで頂ければ幸いです。

件名は【応援】【哀れみ】【ご質問】でお願い致します。
magmag@go-stop-call.com



メールの内容に関しましては、『こっそり覚える野球審判』または
GO-STOP-CALL.COMのWEBサイトで使わせていただく場合が
ございますので、もし「それは困ります」という方は、申し訳ありませんが、
その旨、メールに記載されて下さい。

また、このような事を取り上げて欲しいというような、ご提案があれば、
どしどしメールを下さい。お待ちしております。

件名は【ご提案】でお願い致します。

magmag@go-stop-call.com


★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆


  ◆発行者:GO-STOP-CALL.COM 鷲谷 亘
 
  ◆発行周期:不定期ですが、なるべく多く発行するつもりです。
 
  ◆発行者WEB:http://www.go-stop-call.com/
  【審判用品輸入販売 GO-STOP-CALL.COM】
 
  ◆発行者E-mail:magmag@go-stop-call.com(熱い応援メール大好きです!)
  ◆配信システム:まぐまぐ http://www.mag2.com/
  ◆配信中止はこちら:http://www.mag2.com/m/0000144152.html

 ※転載・引用したい方は、ぜひご一報を!
 
 

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★
   Copyright(C)2004 GO-STOP-CALL.COM  All rights reserved.





メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ