【血統フェスティバル】メルマガ

  • ¥0

    無料

著者サイト

各レース印は3頭のみの回収率重視予想。2016年4月2日山吹賞◎ミライヘノツバサ単勝14.9倍!4月2日ラジオ関西賞仲春特別馬連65.0倍的中!過去に2010年志賀島特別◎○▲(2番人気、5番人気、12番人気)で3連複501.2倍を1点的中!など。難しい血統知識不要で血統予想が身につきます。「サンスポ公認競馬SNS『ウマニティ』」予想コロシアム第2回公式大会優勝!!第6回大会2位、第26回大会5位など。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

□■□■□■□■□■□■□■□■□

    第58回 宝塚記念(GI)

   先着100名様限定!
◎-穴【1点馬券】を特別無料公開!

    ▼ココをクリック!▼
http://www.tkeiba.net/?ad_code=p10123

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年に続き堂々のファン投票1位、今年に入っても、大阪杯、天皇賞を制しその勢いが止まらないキタサンブラックが主役的な立場であることは、誰しもが認めるところである。
実は、大阪杯がGIに昇格したことにより、今年から『春古馬三冠』が新設。
キタサンブラックが宝塚記念を制すると、レースでの獲得賞金だけでなく春古馬三冠達成のボーナス2億円も同時に手中に収めることとなる。

今年のメンバーであれば、春古馬3冠達成も目前かに思えるが……。

それに異を唱えるのが某関係者だ。

「キタサンは強い。そら認めるよ。でも、今度はレース前から完全に“1強ムード”だろ。それこそが死角なんだ。思い返してみぃ?大阪杯の時はマカヒキがいたし、天皇賞の時はサトノダイヤモンドがいた。今回みたいな“1強ムード”ではなかったんだよ。つまり、あの時は他陣営のマークも分散していたわけ。『前を捕まえに動けば後ろにやられるし、後ろを気にしてたらキタサンに逃げ切られる』ってね。今度はどの陣営もキタサン徹底マークは明らかだろ。これまで以上にキツイ競馬になる」

なるほど、この話は一理ある。さらには、

「キタサンはタフな馬だけど、やっぱりGI3戦は体力的にも楽じゃないだろう。前走がレコード決着でキツい競馬をしてることはユタカも認めてるからな。状態面はしっかり見極めんとダメだよ」

今年は、JRAが各厩舎に出走を促したという話があったように、出走してくるメンバー全馬が必ずしも勝負というわけではない裏事情がある。だからこそ、当社シンクタンクだから入手できる”本物の裏情報”が一層重要になる今年の宝塚記念は“絞って厚く狙えるレース”という結論に達した。

そこで、シンクタンクを初めてご利用頂く会員様に限り、宝塚記念の【◎-穴1点勝負】を特別無料公開することが決定。
ただし、入手できるのは先着100名様限り。
表には出回らない、本物の情報で狙い撃つ”馬券の真髄”を未体験の方は、ぜひ味わって頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第58回 宝塚記念(GI)

   先着100名様限定!
◎-穴【1点馬券】を特別無料公開!

    ▼ココをクリック!▼
http://www.tkeiba.net/?ad_code=p10123

メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
【血統フェスティバル】メルマガ
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年06月24日
 
発行部数
2,216部
メルマガID
0000144990
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 競馬 > 競馬全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ