ウェブアクセシビリティ入門

  • ¥0

    無料

高齢化社会が訪れ、福祉ビジネスも広がりつつある今、あなたのサイトは障害 者や高齢者に配慮されていますか? 電子政府化考想の実現のため、ウェブサイトのアクセシビリティがJIS化さ れました。 本誌はそのJISの基本と必見のノウハウをお届けします。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
ウェブアクセシビリティ入門
発行周期
月間プラスアルファ
最終発行日
2010年11月15日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000145212
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
インターネット・パソコン > ホームページ作成 > アクセスアップ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

ウェブアクセシビリティ入門 第122号
音声でも読める印刷で実現する「聴く読書」シンポジウムのご案内


皆さんこんにちは。
望月優です。

今回は、11月20日の土曜日に企画している「聴く読書シンポジウム」を紹
介致します。


目の見えない人達が書籍をスキャンして音声で聴いて読書していることをご存
知でしょうか?
印刷離れが嘆かれる昨今、逆に印刷物に少しずつ歩み寄ってきている人達がい
ます。
それは目の見えない人達、視覚障害者です。

視覚障害者の読書と言えば、点訳や音読された図書を読むことがよく知られて
います。しかし、最近では、活字の図書をそのままスキャンして音声で読み上
げる読書が「第3の波」として徐々に広がりつつあります。
OCR技術で印刷物に書かれている文字をデータ化し、それを合成音で読み上げ
る技術がこの「耳で聴く読書」を実現しています。
しかし、デザイナーの皆様のほとんどは、この事実を知らずに印刷物を作成し
ています。
その結果、視覚障害者が印刷物を音声読書機に掛けたとき、たまたま読めるデ
ザインの印刷物なら読めますが、読めないスタイルの印刷物なら読めないとい
う現実が存在します。

このシンポジウムは、出版社、編集者そしてライターの皆様に視覚障害者も書
籍や雑誌を購入して読むことのある顧客だということを知っていただくととも
に、音声でも読める印刷物の作り方を具体的に会得していただくことを目的と
しています。
音声でも読める印刷物の作成ノウハウは決して難しいものではありません。い
くつかのポイントを抑えていただくだけで視覚障害者が読書機を用いて独力で
読める印刷物が作れます。

皆様のおこしをお待ちしています。

日時:2010年11月20日(土)
 シンポジウム 13時30分~16時30分
 交流会 17時~19時
参加費:無料
交流会:3千円
■場所:日本医療労働会館 2階会議室(台東区入谷1-9-5)
※東京メトロ日比谷線入谷駅から徒歩5分、またはJR鴬谷駅から徒歩15分
 当日の連絡先  090-7239-7859(望月剛)

【日比谷線入谷駅からのアクセス ことばの地図です】
 1 上野方面から東京メトロ日比谷線を進行方向一番後ろに乗り、
   入谷駅に着いたら、すぐホーム脇の2番出口の改札を通り、階段を上が
ります。
 2 階段を上がったところ左にある横断歩道を渡ります。
   (階段を上がった右手にコンビニのサンクスがありますのでサンクスを
背にして、
   横断歩道を渡ります)
 3 横断歩道を渡って、そのまま直進し、メガネ屋さんを左に見てどんどん
進みます。
 4 ドラッグストアも左に見てそのまま150メートルほど直進します。
 5 コーヒーショップのコロラドを過ぎ、隣の酒屋さんの角=仲入谷交差点
をそのまま
   渡りすぐ左に曲がります。
 6 40メートル行くと右手に白い8階建てのビルの医療労働会館があります
  (竹が目印です)。その自動ドアを入ってください。2階が会議室です。

 シンポジウム・プログラム
 13:30  開会挨拶(プリントアクセシビリティ研究会代表 望月優)
http://www.amedia.co.jp/mypage/yuu/

 13:40  講演「全盲(シーンレス)エッセイストの読書生活~
      視覚なしで人生を楽しむ日々」 (エッセイスト 三宮麻由子)
http://www006.upp.so-net.ne.jp/hashiyasume/

 14:40  クイズ:それは音声で読める印刷物ですか?(プレゼントあり)
 15:00  休憩
 15:10  プリントアクセシビリティのコツ
     (OUTSIGHT GRAPHICS デザイナー 後藤圭介)
      音声でも読める印刷物の作り方について具体的に解説します。
 16:00  本からオーディオブックを作成するソフトのデモンストレーショ

      あなたの読書生活にも視覚障害者の読書文化を取り込んでみませ
んか?
 16:30  閉会
 17:00  交流会
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――
◆主催:プリントアクセシビリティ研究会
◆協力:(株)LA MAPPA企画 バリアフリー会議【Club-Lamappa】
  OUTSIGHT GRAPHICS
◆お問い合わせ先:株式会社アメディア内 プリントアクセシビリティ研究会
 TEL:03-5286-7511 FAX:03-5286-2567
 
お申し込みは以下のページからお願いします。
http://www.webaccessibility.jp/print/symposium.html


●編集後記

今このメルマガを書いている11月15日、白鳳が破れました。
残念なような、良かったような、複雑な気分です。
でも、江戸時代の名横綱谷風の連勝記録に並んだのですから、すごいですね。

--------------------




■ウェブアクセシビリティは、どんな方にも読み易いサイト作りの心配りです
本誌発行理念↓
http://www.amedia.co.jp/melmaga/webaccess/rinenn.htm#hontai

本誌バックナンバーサイト↓
http://www.webaccessibility.jp/magazine/

望月優 個人サイト↓
http://www.amedia.co.jp/mypage/yuu/


 今回もここまでお読み頂き、本当にありがとうございました。

-----------
発行日 :2010年11月15日
発行人 :望月優(モチヅキ ユウ)↓
http://www.amedia.co.jp/mypage/yuu/
発行元 :株式会社アメディア↓
http://www.amedia.co.jp/
〒169-0051 
東京都新宿区西早稲田2-15-10西早稲田関口ビル3F
電話番号 :03-5286-7511
FAX番号 :03-5286-2567
----------------------------------------
このメールマガジンは、『まぐまぐ』
http://www.mag2.com/
の無料サービスを利用して発行させて頂いております。
購読の解除はこちらから↓
http://www.amedia.co.jp/melmaga/webaccess/sayonara.htm
----------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ