「どこでも暮らせる!」メルマガ・ヤフオク支援隊

  • ¥0

    無料

◆メルマガ+ヤフオク初心者支援、送料格安、梱包発送下請け、外注紹介、ノーリスクの週末起業で始めましょう! ◆最新号以外のバックナンバーはHPに案内しています。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
「どこでも暮らせる!」メルマガ・ヤフオク支援隊
発行周期
不定期
最終発行日
2006年06月30日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000147016
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > オンラインショップ運営

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆                               ◆
●   「どこでも暮らせる!」メルマガ・ヤフオク支援隊    ●
○               ○ 
■○■― 2006年6月30日 第0019号 ―― <発行:951部> ■○■ ★
                   



 ご無沙汰しておりました。 水木堂です。<(_ _)>


 自宅の自力リフォームで精根尽き果て、、、、寝ておりました。

ヤフオクは、そのリフォームの材料を仕入れるために利用すると
いった程度でした。



 まだ未完成の家に引越したので、まだまだ落ち着きません。

あと半年後ぐらいに、支援隊の活動を再開したいと思います。



 
 ※※※ ヤフオクの疑問!とその回答 ※※※


『入札件数が複数あるのに、入札者は一人である。とは、
どういうことか。』


 ==== 答え ====

 一人の人が、一度入札して、入札額を上げて入れなおししたことが
わかってしまいます。

 よくない出品者だと、それを見て吊り上げされてしまう。

 だから、入札する時は、自分がその商品を欲しいギリギリの価格をしっかり
考えて、入札して下さい。

 吊り上げといったこと以外でも、こまめに入札するような事をすると、
そのオークションが目立ってしまい、人を呼び、落札価格の上昇につながって
しまうのです。

 入札はこっそり、密かにが鉄則。


 
 ―――― 編集後記 ――――

 いきなり、編集後記です。(-_-;)

最近、主夫をしているので、ついワイドショーを見てしまいます。

 「失楽園」の渡辺淳一が日経に掲載した小説「愛の流刑地」の
特集をしていました。

 それをみて、オークション統計ページ(仮)<私が寝ている間に
オークファンへ>で検索、、、、

 上下巻で、2000円前後だったので入札したところ、その日
(6月28日)から500円程度、落札価格が上昇したのでした。


 恐るべしワイドショー


 皆さん、水木堂がそれをゲットするまでは、「愛の流刑地」の
入札をお控え下さいますようお願いいたします。


では、また、

まぐまぐから『半年間発行のないマガジンについて』とうような
件名のメールをもらわないうちに、、、、


 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 メールマガジン:「どこでも暮らせる!」メルマガ・ヤフオク支援隊
 発行元:水木堂:unabetu@yahoo.co.jp  
 ホームページ: http://suimokudou.com
 講読の登録、解除は、ホームページでおこなうことができます。
      
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 




















メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ