オオクワ研究家が明かす!黒いダイヤで儲ける方法

  • ¥0

    無料

本当は儲かる黒いダイヤ【国産オオクワガタ】のビジネス事情を裏から暴露し、経験と研究をもとに誰も明かさなかった本当の黒いダイヤ・オオクワガタを商売にする方法にフォーカスしたメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
オオクワ研究家が明かす!黒いダイヤで儲ける方法
発行周期
不定期
最終発行日
2018年02月08日
 
発行部数
358部
メルマガID
0000147457
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > SOHO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★★★★オオクワ研究家が明かす!黒いダイヤで儲ける方法★★★★★★
        
☆~☆~☆      早く仕込めば大きく育つ?!      ☆~☆~☆
             

2018.2.8 発行      第112号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 


 今日もお読み下さりありがとうございます!



久しぶりの配信となりました^^。



まだまだ冷え込みが厳しく、オオクワは冬眠中。


冬の期間、業者間の取引は、ほとんど無く・・・あっても幼虫の取引程度です。


成虫の取引価格も基本的にお安くなります。



ですので、昨年(2017年6月羽化)のワイルド新成虫ですが、お安く販売しています。

コッソリ。ヒッソリ(笑)


さすがに天然物ですので、そんなに多くの手持ちはありません・・・。

 http://www.ookuwakan.com/magpro.htm


現在、冬眠中ですが、今年の繁殖には即使える個体です。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■幼虫期間を長くすればデカくなる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


通常飼育で成虫管理されている場合、当然今の時期オオクワは冬眠中です。


オオクワガタは、寒くなると動きを止めジッとしている・・・。


暖かい時には動き回る・・・。


そんな昆虫です。



なので。

季節に関係なく、今の時期でも暖かくしてやれば、活動します。

交尾~繁殖も可能なわけです。


通常、基本的にオオクワガタの場合、春頃暖かくなれば冬眠から目覚め、
活動を始めます。


そして、餌の食いが良くなれば、ペアリング可能となり、繁殖させる事が
出来るわけです。


スケジュール的には、5月~7月頃にペアリング~割り出し・・・って
感じですかね。

マット飼育、菌糸ビン飼育ともに通常約1年後に成虫となります。



ただ、幼虫期間が長いほど大きく育ちます。


と、言う事で。

飼育に慣れてくれば、比較的リスクが低く簡単に幼虫期間を長くする方法として
2月後半から飼育温度を上げてやり、早く産卵させて幼虫期間を長くする・・・。

このような飼育方法があります。



具体的には。

2月後半から暖かくなる4月後半まで、20度~25度の管理温度で飼育します。


この場合、3月頃には成虫の食いが良くなりますので、そのままペアリングに
持ち込みます。


そして産卵させ、4月後半から5月初めに割り出しをして、マット飼育や
菌糸ビン飼育で幼虫を成長させます。


あとは通常飼育でOKです。


この場合、おおよそ2~3ヶ月程度幼虫期間が長くなりますので、大きさへの
期待値が高まります。

って言うかやはり大きく育ちます。



ちなみにもっと幼虫期間を長くして大きく育てる方法として、「秋仕込み」が
ありますが、翌年の夏の温度管理が難しく、失敗する確率が相当高いと言われて
います。


ただ、やはり80ミリを狙うならこの「秋仕込み」が有効ですね(笑)



ま~。でも。

少し早く「仕込み」するだけでも、結果はやはり変わってきますので、
先ずは「通常飼育」で慣れてくれば、この2ヶ月ほどの管理温度での早めの
仕込みに挑戦されてみてはいかがでしょう?














▼本メールマガジンの購読解除(配信不要)はこちら
 http://www.ookuwakan.com/magoff.htm




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行■ 不定期

 ■発行者    オオクワブリード館
 ■責任者    マツモト
■発行サイト  http://www.ookuwakan.com/
  メール:info@ookuwakan.com
----------------------------------------------------------------------
▼オオクワガタ飼育 無料メールマガジンはこちらです!

 ■発行マガジン オオクワガタを低コストで大きく育てよう
         http://www.mag2.com/m/0000144886.htm
         ~交雑・雑種問題やオオクワガタ飼育術~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2004-2018 FamilyLine All rights reserved.













メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ