3分間!進化塾

  • ¥0

    無料

タイムマネジメントメルマガ!日常の行為の改善で、精神的に大きく進歩しましょう。3分で出来る、昨日の自分より今日の自分をバージョンアップするためのアイデアをお届けします。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
3分間!進化塾
発行周期
不定期
最終発行日
2009年11月20日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000147479
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > 一般常識

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

営業は準備が9割!の小幡です(^o^)
⇒ http://bit.ly/3S7UW

先日、ビジネスブックマラソンの土井さんの会社が5周年ということでパーティ
ーに行ってきました。

たくさんの著者の方や現在執筆中でこれから本を出す方とお会いしてきました。
印象に残ったのは、その場でビジネスにつながる話をしてくれる人ですね。

僅かな時間の間に相手の心をつかむ話し方が出来る方は、やはり立ち振る舞い
も素晴しい。

小幡も何人かの方とビジネスが始められると考えています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.今日のバージョンアップ
2.今日の行動
3.編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この日は、「1億人を巻き込むマーケティング」ということで、日本コカ・コー
ラ株式会社会長 魚谷雅彦さんと音楽プロデューサーのつんく♂さん、コピー
ライターの谷山雅計さんの講演がありました。

『こころを動かすマーケティング』魚谷雅彦(著)
⇒ http://bit.ly/2IkevF
『一番になる人』つんく♂(著)
⇒ http://bit.ly/4cq3v6
『広告コピーってこう書くんだ!読本』谷山雅計(著)
⇒ http://bit.ly/pyqAF


著作権の関係で講演の内容を公開できないのですが、大事なことは眼の前の人
をファンに出来ない限り、1億人の心は動かないということです。

ビジネスでファンを作るのとリピートしてくれるばかりか、クチコミもしてく
れるのです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.今日のバージョンアップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例えば、飲食店をオープンして初日にたった1人のお客さんしか来ませんでし
た。

このたった1人のお客さんに誠心誠意のおもてなしをしたところ、次の日、別
のお客さんを連れてきたのです。

もちろん、この日も2人のお客さんに誠心誠意のおもてなしをします。

すると翌日、この2人がそれぞれお客さんを連れてきました。

さて、ここで問題です。このように感動のおもてなしを毎日続けて、お客さん
がお客さんを連れてきたときに1ヶ月後には何人のお客さんが来るでしょう?


1日目が1人
2日目が2人
3日目が4人
4日目が8人
5日目が16人







31日目は、?人



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2.今日の行動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


売上があがらないと新しいお客を増やさなきゃと思ってしまうのですが、実は
今いるお客さんが何故、あなたの商品を買っているか判っていないんです。

儲からない理由は、「1回きりのお客様」ばかり集めているからなんですね。

お客さんが、リピートしてくれて、さらにクチコミでお客さんを連れてきたら
1ヵ月後には何人の人が並ぶのでしょうか?

理論上、1ヵ月後の31日目には、1,073,741,824人のお客さんが列を作ることに
なります。

あくまで理論なので10億人の人が集まることはありませんが(笑)

でも、リピートのお客さんが増えて行列が出来るだけでもスゴイことなんです。



眼の前に全力を尽くす。


これがリピートを呼ぶ方法です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

営業のコンサルティングをしているときに「どこにアプローチしたら良いかわ
からない」と言われるのですが、「今のお客さんはどんな人ですか」って聞く
と答えられないんですね。

売り方を考える前に売れている理由を分析したほうが早いと思うのですが。

このあたりは、下記の本に詳しく載っています。

『「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!』高田靖久(著)
⇒ http://bit.ly/1xCsuW

今日までアマゾンキャンペーンをやっているようなので、興味のある人は是非!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『3分間・進化塾』  発行者:小幡英司

http://www.1salesman.net/magazine.html

・『3分・進化塾』の購読を解除する場合はご自身でお願いします。
⇒ http://www.mag2.com/m/0000147479.htm

・ご意見、ご感想、取材申込、講演依頼などがございましたら、
こちらのメールアドレスまで
⇒ mailto:info@1salesman.net

・どんなことでも遠慮なく容赦なくメールをお送り下さいませ。
必ず全てのメールに目を通します。

・広告その他でご案内しているサービス・商品をご利用になられて
のトラブル等について、当方では一切責任を負いかねますので予め
御了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ