【 LPI-Japan 】 L P I 通 信

  • ¥0

    無料

『LPI通信』は、Linuxやオープンソース関連のニュースやLPIC受験に関する情報、Linuxの利用に役立つTipsやテクニック、LPIC合格者の声などを皆様にご提供するメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
【 LPI-Japan 】 L P I 通 信
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年06月15日
 
発行部数
2,706部
メルマガID
0000148025
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > パソコン・IT系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

上記は広告です。LPI-Japanとは関係ありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■「OSSとOpen Technology」についての情報マガジン
■ 【 LPI-Japan 】LinuC通信
       第321号[2018年06月15日]
------------------------------------
https://linuc.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!LPI-Japanメールマガジン編集局です。

■例題解説の間違いのお詫びと訂正■
2018.03.30発行の【「エルピーアイジャパン通信第316号」の下記の例題解説の回答に間違いがございましたのでお詫び申し上げ訂正いたします。
http://www.lpi.or.jp/ex/102/ex_3297.shtml
<正>
答えは 「1. at now +10min」と「2. at 00:00」です。
<誤>
答えは 「1. at now +10min」です。

上記例題にて学習をしていただきました皆様には、ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。

本日も、Linux/OSS業界の最新ニュースや、LinuCの例題解説など、皆さまに役立つ情報をお届けします。

□□□ CONTENTS xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
01: LinuCリリースに伴う、優待プログラム、キャンペーン
02: LPI-Japan事務局からのお知らせ
03: LinuC無料技術解説セミナー情報
04: LPI-Japanアカデミック認定校からのお知らせ 
05: LPI-Japanビジネスパートナーからのお知らせ 
06: Linux 豆知識~ 知っておきたいLinuxにまつわる四方山話
07: びぎねっと 宮原先生のコラム ~基本的なコマンドを再確認
08: Linux/OSS News
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 01│LinuCリリースに伴う、優待プログラム、キャンペーン
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┓
┃1┃ 期間限定LinuC取得経過措置プログラム 
┗━■ ━━━━━━━━━━━━━━

LPIC認定者なら簡単な手続きでLinuC(リナック)の認定も無料で取得できます!
また、5年以内に、1試験でも合格しているかたも、LPICの合格履歴が引き継がれます。
 ●対象期間:~2018年8月31日まで
 ●対象者:LPIC認定者および、合格者
【詳細・お手続方法】 https://ma.educo-j.or.jp/caf/Xamman/candidate_area?linuc20180615


┏━┓
┃2┃ LPIC有意性の期限切れの認定者様への「LinuC取得優待プログラム」
┗━■ ━━━━━━━━━━━━━━

「LPIC」の有意性の期限切れの方は、同一試験につき2回まで、50%OFFで「LinuC」の受験が可能です。
【詳細・お手続方法】https://linuc.org/linuc/lpic.html#s-2


┏━┓
┃3┃ よくある質問
┗━■ ━━━━━━━━━━━━━━

Q
LPICの資格(レベル1、2、3)を取得済みです。同時にLinuC(リナック)の認定を取得することはできますか?

A
2018年8月31日までに限り、LPIC認定者様に優待プログラムを用意しております。
上記期間内は、有意な「LPIC」の認定を取得している場合、受験者マイページにて同意のうえログインすれば、同一レベルの「LinuC」の認定を取得できます。
その後、有意性の期限の期間内に「LinuC」の上位レベルの試験に合格すれば、上位レベルの「LinuC」の認定を取得できます。
(LPICの認定が取り消されることはありません。)

<受験者マイページ>
https://ma.educo-j.or.jp/caf/Xamman/candidate_area?linuc20180615


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 02│LPI-Japan事務局からのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━

□■ オープンソースカンファレンス2018 Hokkaido(7/6-7)後援・参加のお知らせ ■□
【詳細】http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20180706_01/

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ LinuC学習教材書店キャンペーン ■□
期間中に対象のLinuC対応書籍をフェア実施中の書店でご購入いただいた方にLPI-Japanオリジナル「LinuC学習ノート」をプレゼント!
【詳細】http://lpi.or.jp/news/information/page/20180214_01/

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ 「登録インストラクターコミュニティ」に登録しませんか? ■□
LPIC/LinuC、OSS-DB、HTML5各種認定を取得している方、ぜひ登録しませんか?
このコミュニティでは、インストラクターの方々やインストラクターを目指す方々をサポートし、またインストラクターとしての活躍の場を広げるための活動を展開しています。
【詳細】 https://www.lpi.or.jp/instructor/index.php/

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□□■ アカデミック認定校制度説明会(LinuC/OSS-DB/HTML5/OPCEL) ■□
 開催日/毎週木曜日実施:【6月】21、28日 【7月】5、12、19、26日
【詳細/お申込】https://www.lpi.or.jp/school/index.php

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ ビジネスパートナー制度説明会 ■□
 開催日/毎週火曜日実施:【6月】19、26日【7月】3、10、17、24日
【詳細/お申込】https://www.lpi.or.jp/bp/


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 03│技術解説無料セミナー情報
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
北海道会場 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ■ Linux従事者必見!LinuC レベル1ポイント解説セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 北海道 / 札幌コンベンションセンター 〔開催日:7月7日(土)〕
 http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20180706_01/#lpi_event_01


 ■ HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1ポイント解説セミナー
   ~資格保有による制作現場のホンネ教えます
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 北海道 / 札幌コンベンションセンター 〔開催日:7月7日(土)〕
 http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20180706_01/#lpi_event_02


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
東京会場 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ■ Linux技術者認定試験 LinuC レベル1技術解説無料セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:6月30日(土)〕
 http://www.lpi.or.jp/news/event/2018/06/event_20180630_01.shtml


 ■ Linux技術者認定試験 LinuC レベル2技術解説無料セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:7月28日(土)〕
 http://www.lpi.or.jp/news/event/2018/07/event_20180728_01.shtml


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 04│LPI-Japanアカデミック認定校からのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━

● MGTカレッジ  ●●
●●━━━━━━━━●

基礎から学べるIoT/ビックデータのための大規模分散システム基盤構築セミナー
第9回 Hadoop/Spark入門
https://mgt-college.connpass.com/event/90096/

ビッグデータ/IoTの活用を支援する「Hadoop」と 「ApacheSpark」 のセミナーです。
Hadoop及びApache Spark の概要を学び、インストールを行い、円周率計算、
ワードカウントの分散処理の効果を実習を通して体験します。

日程 :2018年6月23日(土)13:30~16:30(受付開始 13:00)
場所 :新宿セミナールーム(新宿区西新宿7丁目4番4号 武蔵ビル 2F)
  ※JR新宿駅,西武新宿駅,小田急線新宿駅,京王線新宿駅 徒歩10分
参加料:5,000円(前払い)、6,000円(当日会場払い)



● NECマネジメントパートナー株式会社  ●●
●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

Linux管理業務に従事する方、必見!マシン実習で学び、即戦力を目指せ!
【詳細】https://www.neclearning.jp/search/coursemap/A06004010_02.html

Linuxシステム管理         :6/19-21、7/18-20、8/22-24、9/18-20
→ Linuxネットワーク管理1   :6/22、9/21
→ Linuxシステム管理2    :6/25-26、9/5-6
→ Linuxインターネットサーバー構築基礎 -Web・DNS・メール-:7/2-3
→ Linux Webサーバー構築 -Apache・CMS・SSL-       :8/2-3
→ LAMPによるWebアプリケーション構築           :8/22-24
→ Linuxトラブルシューティング              :9/3-4
→ Linuxセキュリティ                   :9/12-14


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 05│LPI-Japanビジネスパートナーからのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━

● SUSE(ノベル株式会社) ●●
●●━━━━━━━━━━━━━●

【 2018年7月5日開催! 】
日本ヒューレット・パッカード/SUSE共催イベント(無料)
クラウドネイティブ時代におけるEnterprise Kubernetes Platform

DevOps,AI, 自動化に欠かせないコンテナオーケストレーションシステムである
Kubernetesのメリットや活用に際しての課題を検証し、お客様のIT基盤の本番環境
にどう活かすべきか。HPEとSUSEがご提供するエンタープライズ向けソリューション
とお客様へのメリットをご紹介します。是非ご参加下さい!

■日時:2018年7月5日(木)15:00-17:20(開場:14:30)
■場所:フクラシア東京ステーション https://www.fukuracia.jp/tokyo/access/
■詳細およびお申込みはこちら
⇒http://h50146.www5.hpe.com/events/seminars/info/seminar5.html


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
06│Linux 豆知識
  │~ 知っておきたいLinuxにまつわる四方山話
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━
今回は、「/lib」「/usr/lib」ディレクトリとライブラリについて。

「ライブラリ」とは、プログラミングを行う際によく利用するパーツをまとめたものです。そして、「/lib」「/usr/lib」ディレクトリは、標準的なライブラリを設置するディレクトリです。

標準的なライブラリは「/lib」や「/usr/lib」に置かれますが、これ以外のディレクトリにライブラリを置くこともあります。この場合、「/etc/ld.so.conf」にライブラリが配置されているディレクトリのパスを記述します(現在では「/etc/ld.so.conf」は「/etc/ld.so.conf.d/」配下のファイルをすべて読み込むという形式になっているので、このディレクトリの中にパスを記述したファイルを置くことになります)。
このファイルを編集した場合、ldconfigコマンドを実行し、「/etc/ld.so.cache」ファイルを作成・更新する必要があります。ライブラリを必要とするプログラムは、「/etc/ld.so.cache」ファイルの中からライブラリを探し出すという仕組みになっています。

この作業の流れはLinuC レベル1の主題103の出題範囲となっているので、しっかりと押さえておきましょう。


■コラム作成者
株式会社びぎねっと 代表取締役社長 宮原徹氏

※上記の解説とその内容については、コラム作成者の監修です。


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
07│びぎねっと 宮原先生のコラム
  │ ~ 基本的なコマンドを再確認
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━
このコラムでは、基本的なコマンドについて、あらためてその機能や便利な使い方などを解説していきます。今回は「ldconfigコマンド」について解説します。

豆知識で出てきたldconfigコマンドですが、単に実行すると何も表示されないので、動作がよく分かりません。その場合、-vオプションを付けて実行すれば、動作が確認できます。

○ldconfig -vの実行例
# ldconfig -v
ldconfig: /libx32 の情報取得 (stat) ができません: そのようなファイルやディレクトリはありません
ldconfig: パス `/usr/lib' が二回以上与えられました
ldconfig: パス `/usr/lib64' が二回以上与えられました
ldconfig: /usr/libx32 の情報取得 (stat) ができません: そのようなファイルやディレクトリはありません
/usr/lib64/mysql:
libmysqlclient.so.18 -> libmysqlclient.so.18.0.0
/lib:
/lib64:
libpcap.so.1 -> libpcap.so.1.5.3
libgd.so.2 -> libgd.so.2.0.0
libtcmalloc_minimal_debug.so.4 -> libtcmalloc_minimal_debug.so.4.2.6
(略)
/lib/sse2: (hwcap: 0x0000000004000000)
/lib64/sse2: (hwcap: 0x0000000004000000)
/lib64/tls: (hwcap: 0x8000000000000000)


こんな感じに、たとえばMySQLのライブラリが別ディレクトリにあって、見に行ったりしていることが分かります。これらの結果に基づいて/etc/ld.so.cacheが作成されます。

/etc/ld.so.cacheの内容を確認したい場合には、ldconfigに-pオプションを付けて実行します。

○ldconfig -pの実行例
ldconfig -p
299 個のライブラリがキャッシュ `/etc/ld.so.cache' 内で見つかりました
p11-kit-trust.so (libc6,x86-64) => /lib64/p11-kit-trust.so
libz.so.1 (libc6,x86-64) => /lib64/libz.so.1
libxtables.so.10 (libc6,x86-64) => /lib64/libxtables.so.10
libxslt.so.1 (libc6,x86-64) => /lib64/libxslt.so.1
(略)


何かライブラリが不足しているエラーが発生したような時には、この出力結果と見比べてライブラリが参照されているかをチェックし、必要に応じてldconfigコマンドの実行、ライブラリ読み込みの設定ファイルの修正などを行うことで問題解決を行いましょう。


□今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
 ご質問・ご意見はこちら → mail@lpi.or.jp
□構成:宮原 徹(株式会社びぎねっと)


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━
08│Linux/OSS News

━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━
▽18/05/10 「CentOS 7(1804)」リリース
https://lists.centos.org/pipermail/centos-announce/2018-May/022829.html

▽18/05/10 「Scientific Linux 7.5」リリース
http://ftp.scientificlinux.org/linux/scientific/7.5/x86_64/release-notes/

▽18/05/10 「PostgreSQL 10.4/9.6.9/9.5.13/9.4.18/9.3.23」リリース
https://www.postgresql.org/about/news/1851/

▽18/05/21 セキュリティに特化したLinuxディストリビューション「Parrot 4.0」リリース
https://blog.parrotsec.org/parrot-4-0-release-notes/

▽18/05/21 「BIND 9.12.0/9.12.1」に脆弱性、修正版がリリース
https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2018/20180521-01.html

▽18/05/31 Ubuntuベースの軽量Linuxディストリビューション「Linux Lite 4.0」リリース
https://www.linuxliteos.com/forums/release-announcements/linux-lite-4-0-final-released/


◆ニュースコメント◆
今回は、「CentOS 7(1804)」と「Scientific Linux 7.5」リリースについてコメントを。

「CentOS」は、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のソースコードから、商標などを取り除いたLinuxディストリビューションであり、Red Hat社からの正式な支援を受けており、RHELとの完全互換性を目指しています。
「Scientific Linux」もRHELをベースにしていますが、頒布元はFermi National Accelerator Laboratoryであり、高エネルギー物理学などの分野で利用されるパッケージが追加されています。

「CentOS 7(1804)」と「Scientific Linux 7.5」は、先日リリースされた「Red Hat Enterprise Linux 7.5」をベースとしています。いずれも、OpenSCAPとRed Hat Ansible Automationとの統合、ディスク省スペース化「Virtual Data Optimizer(VDO)」など、RHEL 7.5で利用できるようになった機能が加わったほか、いくつかの古くなった機能や技術が削除されています。

新しいバージョンは、新規にインストールするだけでなく、パッケージ管理システムyumを利用することで、前バージョンからのアップデートが可能となっています。ただし、ディストリビューションまるごとのアップグレードには(低いとはいえ)失敗のリスクがありますので、大事なデータはバックアップを取ったのちアップグレードするようにしてください。


□構成:宮原 徹(株式会社びぎねっと)
□関連リンク
LinuC試験の出題について:https://linuc.org/linuc1/

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

今号のコンテンツはいかがでしたでしょうか?
ご意見をお待ちしております。mail@lpi.or.jp

■学習に役立つ情報
・試験対策
 http://lpi.or.jp/guide/preparation.shtml
・技術解説無料セミナー等のご案内
 http://lpi.or.jp/news/calendar/event.shtml
・試験範囲と概要 https://linuc.org/linuc/levels.html
・出題範囲
 レベル1)https://linuc.org/linuc1/range/
 レベル2)https://linuc.org/linuc2/range/
 300試験)https://linuc.org/linuc3/range/300.html
 303試験)https://linuc.org/linuc3/range/303.html
 304試験)https://linuc.org/linuc3/range/304.html
・受験予約 https://linuc.org/exam/

★LPI-Japanアカデミック認定校一覧
http://lpi.or.jp/school/list/
★LPI-Japanスポンサー一覧
http://lpi.or.jp/sponsor/list/
★LPI-Japanビジネスパートナー一覧
http://lpi.or.jp/bp/list/

『エルピーアイジャパン通信』は、OSSに携わるすべての方とLinux技術者認定試験の受験に挑戦される方のための情報マガジンです。
最新のOSS業界の情報をキャッチしながら、認定取得に向けた知識情報など、役立つ情報を掲載しています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
次回発行予定日は2018年6月29日(金)です。お楽しみに!


■ ご意見               mail@lpi.or.jp
■ アドレス変更、配信中止      http://lpi.or.jp/mail/index.shtml
■ LinuC ホームページ        https://linuc.org


━【LPI-Japan】エルピーアイジャパン通信
No.321(2018年06月15日)
発行:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
                    
Copyright 2018 LPI-Japan
【LPI-Japan】本コンテンツの掲載記事を許可なく転載することを禁じます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ