めざせ!気象予報士・お天気キャスター

  • ¥0

    無料

17歳で気象予報士試験に合格した藤田真司は、20歳から気象キャスターを6年余り担当した後、2005年春に気象予報士塾を開講した。天気予報が好きな人、気象予報士になりたい人、お天気キャスターを目指す人にはぜひ読んでほしい。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
めざせ!気象予報士・お天気キャスター
発行周期
隔週月曜日
最終発行日
2018年04月16日
 
発行部数
1,062部
メルマガID
0000148369
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > その他の資格 > 気象予報士

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号





================================================================
■めざせ!気象予報士・お天気キャスター
                      2018年4月16日(月) No.344
================================================================

こんにちは、藤田真司です。
新年度がスタートして、半月が過ぎました。
まだまだ忙しい日が続くと思いますが、
隙間を見つけて受験勉強を進めていきたいですね。

間違えて『気象予報士試験対策講座』のほうで、
本メルマガを発行してしました。
こちらのメルマガを購読されている方には、失礼いたしました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第338話 目の前の問題と格闘するのが受験勉強です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回も、合格を勝ち取られた方の合格体験記を一部引用して、
それに私がコメントを加える形でご紹介いたします。


> 6回目の試験直前には、問題文を読み「何を回答させたいのか」を想定し、
> それを図で確認するというアプローチができるようになってきました。
> 要するに出題者の問題文に込めた出題意図が何となく分かり始め、
> そして、これが実力なのだとわかった気がしました。
■Bさん(男性・50歳代・地方公務員・技術士(総監・建設部門)・東海地方)
http://rojiura.jp/taikenki49.html#3

Bさんは6回目の受験で完全合格を手にされていますので、
上記の記述内容は、合格直前における受験勉強、
具体的には実技試験の勉強への手応えを示しています。

天気が好きな受験生にとって、実技試験は誘惑の多い分野でもあります。
天気図などの資料を眺めていると、ついつい引き込まれてしまい、
問題とは関係の無い事柄について思索が広がりがちです。

何事も興味を持って学ぶことは大切ですから、
こうした過程を一概に否定するわけではありません。
それだけ、気象の世界は魅力的であることの証拠だと思います。
しかし、試験問題と関係の無い視点で資料を眺めていても、
受験勉強にならないのも事実です。

「趣味」と「受験勉強」を明確に区別し、
意識的に、「受験勉強」に取り組むことが大切です。
具体的には、「目の前の問題を理解することに全力を投入する」というのが、
気象予報士試験合格への最短経路だと考えます。

実技試験の勉強における必須学習要素の1つが、「題意の把握」です。
天気が好きな受験生にとって、これは地味な学習に思えることでしょう。
「理科の試験なのに、現代文の勉強?」と感じるかも知れません。
でも、実技試験に強くなるためには、
題意の把握を正確にできるようになることが必須なのです。

なぜなら、試験は「出題者の問いかけに答える」という形で構成されるからです。
何を問われているのかを適切に掴まねば、得点につながりません。

題意の把握が正確でなかったことによって、
「資料は読めているが、解答としては間違い」といったミスが起こります。
私はたくさんの答案と日々向き合っていますが、この種の誤答は多いのです。
(題意の把握が正確であるかどうかは、答案を見ればすぐに分かります。)

逆に言えば、この点を克服すれば、まだまだ得点が伸びるということです。
問題文に目を通し、題意が何であるかを読み取り、
それに基づいて資料を参照し、得られた解答要素を答案に落とし込む。
作成した答案の添削を受けることで、炙り出された課題を解決する。
こうした学習サイクルを続けることによって、
実技試験の実力を大きく高めることが可能だと私は考えます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【藤田真司の気象予報士塾】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第49回試験では、17名の元受講生の皆様が合格を勝ち獲られました。
これは合格者全体の1割超であり、開塾13年の当塾としては過去最高実績です。
教材から個別指導まで、全て藤田真司が一貫してサポートを行います。
合格に向けて、一緒に頑張りませんか?
http://rojiura.jp/service.html


■第49回試験で合格を勝ち獲られた方の合格体験記より

> 藤田先生の塾に入ることで少しでも疑問に思ったことは、
> すぐにメールで質問をすることで、
> その問題で、もやもやすることもなく次に進めたことが大変心強かったです。
> 本当に結構質問させて頂きました。
> 中には、こんな質問もするのかよと思われた質問にも快く答えて頂きました。
●Cさん(男性・64歳・定年退職(元中学校理科教員)・東京都)
体験記の全文は→http://rojiura.jp/taikenki49.html#4


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇編集後記◇

先日の第49回試験で合格された元受講生の方からのお申し出により、
私と一緒に対談記事を作ることになりました。
対談記事は、実に10年ぶりです。

10年前の対談「気象予報士試験に合格できた私の勉強法」
http://rojiura.jp/taidan.html

すでに対談は終えていて、今は原稿の整理を進めています。
山あり谷ありの受験生活を経て、合格を勝ち獲られた経験談は、
きっと全ての受験生の皆様に役立てていただけると、確信しています。
完成次第、当塾ホームページやTwitterにてお知らせします。


=================================================================
●本誌のバックナンバー閲覧・購読解除は下記のURLにてご利用できます。
(購読解除の作業はご自身で行って下さいますよう、お願いします。)
http://rojiura.jp/yohoshi.htm
--------------------------------------------------------------------------
■■藤田真司の気象予報士塾ホームページ http://rojiura.jp/
■■E-Mail: m@rojiura.jp(メルマガ用) weather@rojiura.jp(塾業務用)
■■取材・執筆・編集:藤田真司(藤田真司の気象予報士塾・塾長)
■■まぐまぐ版<http://www.mag2.com> マガジンID:0000148369
■■melma!版<http://www.melma.com>マガジンID:m00132676
=================================================================










メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ