1日5分「楽々投資家への道!」はココにある!

  • ¥0

    無料

著者サイト

FX,CFD,ETF,REIT,株式,商品先物,全ての投資・投機・トレードには、サバイバル&成功し続ける為の共通原則があります。日本テクニカルアナリスト協会・認定テクニカルアナリスト(CMTA)【なみのりヒロ】のテクニカル分析無用宣言!<=1日5分の「楽々投資家!」改め

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「あほ」ちゃうか???「GPIF株の自主運用、当面見送り 厚労省が改革案」って勘違い!1日5分「楽々投資家」への道 ―98号―2016.2.16-
http://ameblo.jp/rakurakutoushika/
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ご無沙汰してます。突然復活してごめんなさい。。。

って、いまは読者のみなさんいませんが。。。



「あほ」ちゃうか???「GPIF株の自主運用、当面見送り 厚労省が改革案」って勘違い!

って

どんな???

と思います?




とんでもない勘違い・・・

投資の経験者は、、、、「あぁ~あぁ~」やっぱりね・・・


とつぶやいているでしょう。。。。


ダメダメのキーワードてんこ盛りです。


「GPIF株の自主運用、当面見送り 厚労省が改革案」
日本経済新聞の記事です。。。

2016/2/16 10:00

今日の記事。。

引用しますね。。。


「厚生労働省は16日、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の改革案を自民党の会合に示した。理事長に権限が集中する現在の運営体制を改め、専門家らを加えた合議制に変えるのが柱だ。焦点だった株式の自主運用の解禁は当面見送る。」

なんで???と思いました。。

「 自民党の社会保障制度特命委員会の作業部会は同日、厚労省が示した改革案を了承した。厚労省は改正法案としてまとめ、今国会に提出する方針だ。」


で??

「 当初、解禁を検討していたGPIFによる株式の自主運用は経団連や連合の反対が強いことに加え、相場の大幅な下落で政府・与党内でも慎重意見が強まった。改正法案の施行から3年後をメドに再検討するとした。」


はぁ~???


今でしょ?
始めるなら。。。。「プロ」に任せて。。。。


「 合議制の新組織は金融の専門家や労使の代表ら10人で構成する。運用面では、リスク回避に限り、使えるデリバティブ取引を増やす。」

「合議制」・・・・ダメダメ1です。

合議制だからパフォーマンス(運用成績)ダメなんです。

あんたら~・・・・そんなこともわかってへんで、、、、自主運用に踏み切ろうとしたの????


自民党の社会保障制度特命委員会の作業部会は同日、厚労省が示した改革案を了承した。厚労省は改正法案としてまとめ、今国会に提出する方針だ。


続きは、機会があれば・・・あぁあぁ~

メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
1日5分「楽々投資家への道!」はココにある!
発行周期
週刊+α (アルファ)
最終発行日
2016年02月16日
 
発行部数
7部
メルマガID
0000149106
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 初心者向け

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ