英語で学年トップをねらう勉強術

  • ¥0

    無料

中学3年生のみなさん、受験が日々迫ってきていますが勉強は順調に進んでいるでしょうか?このメルマガでは日頃の中間・期末テストはもちろん、入試も意識した力をつけていくための情報を毎週配信しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
英語で学年トップをねらう勉強術
発行周期
週1回(月)
最終発行日
2017年07月24日
 
発行部数
495部
メルマガID
0000149524
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 中学生向け > 英語

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

┏★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  中学英語の勉強法(中学3年生) 第546回 2017.07.24
   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆★┛


《今回の内容》


1「tell 人 to 他の文 part1」

2「編集後記」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは、西川かなめです。


2回にわたって塾に通う目的のお話をしました。


1回目
「塾に通っていれば成績が上がる。塾の先生がなんとかしてくれると
思っていても、自分の努力がなければ何の意味もないですよ。」


2回目
「塾に通わず独学でも勉強はできるけど、理解できないことに出くわ
したときに時間の短縮になる。」


という内容でした。
今回はまた別の角度からのお話をしてみます。



<塾に通っている生徒がたくさん>

私が小学生や中学生だったころは子供の数が多い時代でした。
その頃から学習塾はもちろんありました。

しかし塾に通っている生徒の割合は今よりも少なかったと思います。
これは感覚的なもので、きちんと調べたわけではありませんが中学生
の頃でもクラスの半数程度が通っているという印象でした。


それに対して現在はというと、これも私の生徒に聞いている感覚ですが
中学生になると2/3から3/4の生徒が通っているのではないでしょうか。


現代は子供が少ない、いわゆる“少子化”の時代になっているにもかか
わらず、昔より大手の学習塾も増えたため生徒の取り合いになっています。


入試制度もどんどん変わってきて分かりずらいので塾にお願いしようとい
う面もあるかもしれませんね。



<学校の授業>

このように昔よりも塾に通っている生徒の割合が多くなってきている現在、
最近あることを生徒からよく聞くようになりました。


それは私が生徒に対して、

「ここは塾で前にやったけど、学校でももう習ったかな?」


と質問すると、

「先生(これは私に対して)!そこはほとんど説明してくれなかったよ。学校
の先生が『みんなは塾でやってもう知っているから大丈夫でしょう。』って言
って。」


もしかしたら、みんなの中にも経験がある人がいるかもしれません。
学校の先生が



“塾で習っているから知っているでしょう。”



といってほとんど説明をしないというのです。
これはもちろん全ての先生がそうではありません、一部の先生です。


しかしこんなことを何度もされてしまうと、実際に塾に通って理解している生
徒は問題ないですが、そうでない生徒はたまったものではありませんね。


様々な学校でときどき耳にします。
ですから、これを読んでいるご父兄の方々は「こういうこともあり得る」という
ことを認識しておいた方が良いでしょう。


特に独学で勉強をしていて、基本的に学校の授業をベースにしている人は注意が
必要です。



「こういうこともあるから塾に通ってください。」ということを言いたいのでは
ありませんが、実際に起こっている授業もあるということを知ってもらいたかった
ので書いてみました。



夏休み中は夏期講習のためちょっとお休みをさせていただきます。
次回は8月28日月曜日に配信しますね。^^



それでは今回の内容を見ていきましょう。^^ /



<無料で使える英語の勉強のサイト>

中1英語の文法と練習問題
http://chuichi-eigo.info/


中2英語の文法と練習問題
http://chuni-eigo.info/


中3英語の文法と練習問題
http://chu3-eigo.info/



「英語で学年トップをねらう勉強術」
http://gakunentop.client.jp/index.html


「~中学英語(中3編)~中学英語の勉強法」
http://eigo-gakushu.com/eigo3/index.html


「教科書ガイド.com 中学英語 教科書準拠ワーク」
http://kyokasho-guide.com/en2_2.html


不規則動詞の一覧表をダウンロードできます ↓


「不規則動詞一覧表」(確認テストも一緒にどうぞ)
http://gakunentop.client.jp/fukisokudoushi-dl.html


______________________________


【tell 人 to 他の文 part1】


次のカッコ内に適する語を入れて文を完成させなさい。

1.あなたは彼にここにいるように言いました。
  You (   )(   )(   ) stay here.

2.私の父は私にパイロットになってもらいたがっています。
  My father (   )(   )(   ) be a pilot.

3. 私に新しい自転車を買ってもらえるようにお母さんに頼んでみよう。
  I'll (   )(   )(   )(   ) buy me a new bike.


______________________________


【解答・解説】


1.あなたは彼にここにいるように言いました。
  You (   )(   )(   ) stay here.


この問題は「彼にいるように言いました」となっていることから


「人に~するように言う」
→「tell 人 to」


このパターンだということが分かります。


見落としがちなのが「言いました」となっているので過去形にする
ところですね。


ここでは次のようになります。


「あなたは彼にここにいるように言いました」


   ↓

「あなたは」
→「You」


「彼にいるように言いました」
→「told him to stay」


「ここに」
→「here」


   ↓

「You told him to stay here.」



正解)

「You told him to stay here.」
(あなたは彼にここにいるように言いました)


______________________________


2.私の父は私にパイロットになってもらいたがっています。
  My father (   )(   )(   ) be a pilot.


今度の問題でも同じように考えてみましょう。
ここでは「私にパイロットになってもらいたがっています」となっ
ているので、


「人に~してもらいたい」
→「want 人 to」


のパターンになっていると分かります。


「私の父は私にパイロットになってもらいたがっています」

    ↓

「私の父は」
→「My father」


「私にパイロットになってもらいたがっています」
→「wants me to be a pilot」

    ↓

「My father wants me to be a pilot.」


気をつけるのが主語が「My father」なので「wants」と三人称単数
のSがつくところですね。


「wants me to be」で「私になってもらいたい」となります。
「be」が「なる」という意味です。



余談ですが、もしもこの問題で日本文が次のようになっていたらど
うしますか?



「私の父は私にパイロットになってもらいたいと思っています」



えっ!「思っています」とあるから「think」を入れるのかな?と
思ったりしませんでしたか。


こういう日本語であっても英語では同じです。
覚えておいてください。



正解)

「My father wants me to be a pilot.」
(私の父は私にパイロットになってもらいたがっています)


______________________________


3. 私に新しい自転車を買ってもらえるようにお母さんに頼んでみよう。
  I'll (   )(   )(   )(   ) buy me a new bike.


最後の問題です。


これも同じように考えると「お母さんに買ってもらえるように頼
む」というパターンだと分かります。


「人に~してくれるように頼む」
→「ask 人 to」


これにあてはめていきます。


「(私は)私に新しい自転車を買ってもらえるようにお母さんに頼んでみよう」

   ↓

「私はお母さんに買ってもらえるように頼んでみよう」
→「I'll ask my mother to buy」
 ※「ask 人 to」のパターン


「私に新しい自転車を買う」
→「buy me a new bike」
 ※「buy 人 + 物」(人に物を買う)のパターン


*説明の関係上、上の説明で「buy」を2回使っています。

   ↓

「I'll ask my mother to buy me a new bike.」



正解)

「I'll ask my mother to buy me a new bike.」
(私に新しい自転車を買ってもらえるようにお母さんに頼んでみよう)




次回は「tell 人 to 他の文 part2」を練習していきます。^^




PS1.

教科書ガイドを使って中間テストや期末テストなどの定期テストの
準備をしておきましょう。日ごろの予習復習に役立ちます。


「教科書ガイド.com 中学英語 教科書ガイド」
http://kyokasho-guide.com/en2_1.html


「教科書ガイドの有効な使い方」
http://gakunentop.client.jp/teikitest.html



PS2.

勉強している単元の内容にぴったり合ったワークの問題に慣れてお
くことは中間テストや期末テストの対策には一番です。
問題のパターンや傾向を事前につかんでおきましょう。


「教科書ガイド.com 中学英語 教科書準拠ワーク」
http://kyokasho-guide.com/en2_2.html



PS3.

「e点ネット塾」
http://goo.gl/5jRaq


<こんな人に向いています>

・自分だけで勉強をしようとしても進めれらない人

・分かるまで繰り返し説明を聞きたい人

・普通の通信教育だと参考書と変わらず進められない人

・クラブ活動と塾の時間が合わない人

・塾の帰りが暗くて不安という人

・雨の中毎回送ってもらうのが大変な人



PS4.

「中学英語の勉強法(中学1年生)」
http://www.mag2.com/m/0001169114.html

「中学英語の勉強法(中学2年生)」
http://www.mag2.com/m/0001181850.html

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━□■


【編集後記】


今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。


関東地方でも梅雨が明けました。
しかし私の住んでいる埼玉南部ではほとんど雨が降っていません。


ところが一部の地域のみに「線状降水帯」という聞きなれないものが現れて
とんでもない被害を起こしています。


また最近「ゲリラ豪雨」という言葉も聞きますが、本当に一部地域に集中的に
バケツをひっくり返したような豪雨が降っています。


世界的にこういう現象が起こっているようです。
本当に必要なところに必要な分だけ降ってくれればと切に思うこの頃です。



次回は「tell 人 to 他の文 part2」を練習していきます。^^


それではまたお会いしましょう。
See you next time.


西川カナメ

************************************************************

発行メルマガ:英語で学年トップをねらう勉強術

発行責任者 :西川カナメ

発行者サイト:英語で学年トップをねらう勉強術
       http://gakunentop.client.jp/

登録の解除 :http://www.mag2.com/m/0000149524.html

************************************************************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ