楽しい《たとえ話》で直観的に分かる物理の考え方

  • ¥0

    無料

著者サイト

開講わずか2年で、東大、京大、医大の合格者を輩出する驚異の「物理ネット予備校」。その講師(「微積で楽しく高校物理がわかる本」著者)が、物理初心者でも楽しめるように、たとえ話で物理を熱く語る人気メルマガ!発行者サイトでは、読者の感想も読めます。

   

メールマガジン最新号

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
       楽しい《たとえ話》で直感的に分かる物理の考え方
                2012/9/20 341号 3509部
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
配信解除はこちら→ http://phys-yobiko.com/
究極の物理学習法→ http://ameblo.jp/tahara-phys/
ものごとを抽象化すること。

田原です。
こんにちは。


僕がフィズヨビでやりたいことは、

  ポジティブな空気にあふれた学び空間
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
を作ることです。


そのためには、血の通ったコミュニケーションが不可欠です。


顔を合わせて話せば心が通じやすいのは、表情や声の様子などから、
非言語的な情報がたくさんやり取りされるからだと思います。


ネット上だとやり取りされる情報が限定されるので、
その分だけコミュニケーションがとりにくくなりますが、
それでも工夫することで、解決可能など思っています。



たとえば僕が作る講義が、肉声と手書き文字を使っているのは、
物理を教えているときの感情を表現したいからです。


手書きのペンの動きにも、僕の感情が乗り移るし、
声にも感情が乗り移ります。


授業を受けているときの受講生の反応はリアルタイムでは
分かりませんが、講義を受けてくれた人が感想を送ってくれるので、
時間差で反応を知ることができます。


たっぷりと書いてくれた感想は、授業で表情から読み取れる
情報よりもはるかに豊富な内容を持っています。


このように、フィズヨビは、何よりもコミュニケーションを大切に
してやってきたのです。


ほぼ1ヶ月に1回行っているイベントは、僕にとって直接みなさんの存在を
感じることができる貴重な機会です。


イベントを一番楽しみにしているのは、実は、僕かもしれません。


ネット上でイベントを行う場合、どのようなIT技術を利用すればよいのか、
今までいろいろな試行錯誤をしてきました。


それぞれよいところもありましたが、不満な点もありました。

・掲示板 → 表現力に欠ける
・USTを使った講義 → 「僕VSみんな」という構図になってしまう
・3D会議室を利用してアバターで講演会 → 操作が難しい
・phys-com内でのチャットイベント→ サーバーが落ちた


それで、少し前から、Facebookを利用したらどうだろうかと
考え始めました。


Facebookなら、画像や動画をUPするのも簡単で表現力のある
コミュニケーションができますし、お互い平等な立場で交流することが
できます。


操作もそんなに難しくありませんし、サーバーが落ちる心配もありません。


さらに、勉強のモチベーションを維持したり、お互い刺激しあったり
することも可能です。


社会人で勉強されている方は、特にモチベーションの維持が学習の
成果に直結しますよね。


Facebookのグループが、モチベーション維持のためのツールとしても
使えるのではないかと思っています。


サーバー上に「ポジティブな学び空間」を作りたいと思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■田原のオンライン講演会「ゴールを目指すための物理勉強法」
───────────────────────────────────

今回のイベントでは、今の時期に絶対に必要な情報を惜しみなく出します。

日時:9月23日(日)21時~22時
タイトル:「ゴールを目指すための物理勉強法」

内容:

夏休みまでは、基礎を固めることを主として勉強してきたと思いますが、
そろそろ志望大学で合格点をとるための勉強法へシフトしていきましょう。

そのためには、

(1)センター物理対策
(2)過去問を使った問題演習
(3)完全記述式の解答の書き方

などについて情報を集め、試験までの学習スケジュールの中に組み込んで
いく必要があります。

リアルタイム講演会では、(1)~(2)の内容についてお話しする
(テキストにして投稿する)と同時に、皆さんからのリクエストや質問に
可能な限りお答えしたいと思います。

★★★★ 田原のチャレンジ問題もあります!★★★★

また、盲点になりそうなテーマについて、講演会の中で

「田原のチャレンジ問題」

を出題します。

皆さんからの反応を見て、さらにその場で問題を作ってアップしたり、
その場で解説を作ってアップしたり、フェイスブックならではの
インタラクティブな試みをしたいと思っています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【参加方法】

●フェイスブックにアカウントを持っている人

FBにログイン後、イベントページにアクセスして、
指示に従ってください。

→ https://www.facebook.com/events/370147626395349/

●フェイスブックにアカウントを持っていない人

(Step 1)アカウントを作る
http://www.facebook.com

(Step 2)ログインした状態で、下記のURLをクリック

→ https://www.facebook.com/events/370147626395349/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2012年センター物理解説講義を無料公開【期間限定】
───────────────────────────────────
今回のイベントのテーマの一つは、センター物理対策です。

そこで、最新のセンター物理の過去問の解説講義を期間限定で無料公開します。

公開期間は、2012年9月23日23時59分59秒までです。


問題のダウンロードはこちら


解説講義はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=wzaN2kqKRNw


フェイスブックで上記のイベントページを「シェア」して下さった方には、
さらに、

(1)センター物理対策のポイント~特有問題とは何か~ (動画・約20分)
(2)センター物理の第1問・小問集合で高得点を取るためのプリント

の2つをプレゼントします。

プレゼントをGETする詳しい方法は、フェイスブックのイベントページに
書いてありますので、FBにログインした状態でこちらのURLを
クリックしてください。

→ https://www.facebook.com/events/370147626395349/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料講座実施中
───────────────────────────────────

○田原の物理 基本編 第1講

 「物理とは何か」からはじまって、力学を学ぶフレームについて説明して
 います。まずは、この講義を聞いてください。

※微積分を使って高校物理を学べるPDFテキスト
 『田原の必修物理(力学)』もダウンロードできます。


○田原の物理 応用編 第1講

 くりかえし衝突の問題を、v-tグラフを使って解くと、おどろくほど
 簡単に解けます。規則性を見抜くことの重要性が分かります。


○田原の物理 センター編 第1講

 センター物理の出題傾向の説明と、頻出テーマの解説をしています。


○田原の物理 大学編力学 第1講

 大学での試験対策などに役立つのが大学編です。



○物理のための数学入門 第1講 三角関数

 物理を勉強するには、数学の知識が必須。三角関数を基礎から説明します。


これらの無料講義へのお申し込みはこちら

 → http://phys-yobiko.com/muryo0.shtml

○医学部学士編入試験の大学別出題傾向分析

 各大学の過去問を分析し、学習アドバイスをまとめています。

 学士編入対策講座を公開中
   Aセット:力学・電磁気
   Bセット:熱力学・流体力学・波動・原子

 → http://phys-yobiko.com/gakushi

○弁理士試験(選択科目)の物理対策

 フィズヨビでは、弁理士試験の選択科目として基礎物理学を薦めています。
 「基礎物理学」の対策講座をリリースしました。
 過去問の解答3年分をphys-comにUPしています。

 → http://phys-yobiko.com/E1.shtml


----------------------------------------------------------------------
発行者:田原真人
E-mail:info @ rikasougou.com(このメルマガに返信してもO.K.)
 (迷惑メール防止のため@の前後に空白を入れています)

Copyright(C)2012 Kumanekosha. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
僕は、授業中に受講生の反応を見ながら、

「それじゃ、この問題はどうやって考える?」

と言って、即興で例題を作って黒板に書き、考えてもらうということを
よくやりました。



DVD講義を撮影したときも、その場で問題を作って黒板に書き、

「それじゃ、一時停止ボタンを押して解いてみてください。」

といったら、ディレクターさんに、そんな人は初めてですと笑われました。



今回のイベントでは、ぜひ、これをやりたいです。

たとえば、みなさんからの

「こういう問題が出るとよく間違えます!」

という投稿に対して、すぐに、その場で例題を考えて、

「それじゃ、この問題を考えてみてください!」

とUPし、みなさんが考えている間に急いで解説を作り、
答がバラバラと投稿されてきたころに、

「それでは、解説します!」

といって、解説動画をUP!なんてことができたら面白そうです。


はじめてやることなので、うまくいくかどうか分かりませんが、
もしうまくいったら、新しい可能性が開けるかもしれません。


きっと楽しいし、9月から学習スケジュールを立てるときに、
本当に役立つものになると思います。



田原のオンライン講演会「ゴールを目指すための物理勉強法」
→ https://www.facebook.com/events/370147626395349/









メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
楽しい《たとえ話》で直観的に分かる物理の考え方
発行周期
週刊
最終発行日
2012年09月20日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000149962
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > 自然科学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ