2回中山3日目やや重-中央地方競馬マガジン

  • ¥0

    無料

★★★優駿エッセイ賞・次席受賞!!★★★回顧は競馬のまぐまぐ連載中の濃厚おさらい!!競馬を楽しむためのメルマガ!!名古屋で冠レース!!読み物メイン!提言、クイズ、グルメ、豆知識等!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
2回中山3日目やや重-中央地方競馬マガジン
発行周期
原則週2回。号外あり
最終発行日
2013年06月03日
 
発行部数
1,431部
メルマガID
0000150903
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 競馬 > 競馬全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

字でレースを読む競馬マガジン
「2中3」(2回中山3日目やや重)

2013.06.03発行(第1254号)
月曜版

=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

本日の番組表

◎ニュースヘッドライン

○重賞回顧
「安田記念(G1)」

========================================================================

オルフェーヴル、ジェンティルドンナ、フェノーメノ…そしてロードカナロア。
もしかしたら、僕たちは競馬の歴史の中でも、稀有な地点にいるのかもしれませ
ん…。


◎ちまちまブログ更新。地方も海外も。中山開催の際はパドックフォトも随時。
http://blog.livedoor.jp/rapercent/

(あ)

========================================================================
◎ニュースヘッドライン
------------------------------------------------------------------------

・ダービー(英G1)、ルーラーオブザワールドが制覇。
・フォゲッタブル、乗馬に。

========================================================================
○重賞回顧
「安田記念(G1)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6/2 東京11R 安田記念(G1) 芝1600m 3歳上 良
------------------------------------------------------------------------
パドック画像、観戦記はコチラ
→http://blog.livedoor.jp/rapercent/archives/1623297.html

恐れ入ったとしかいいようがないロードカナロアの勝利。正直、マイラーではな
いと思ったが、1分31秒5という時計で勝ちきったのだから、文句なしのマイ
ル王だ。

シルポートが久々に逃げて前半33秒9というやや速いラップ。流れるペースで
やや縦長の隊列の中、ロードカナロアは中団の一角で待機。スピードは現役屈指
ゆえマイルのペースで行き過ぎる危険性もないではなかったが、さすがに折り合
い面では安定しているだけに、そしてこの速いペースということもあって、無理
なく脚をためられる位置。ただ、問題は後半。果たして、いつものような脚が使
えるかという点だったのだが…。何しろ、このレースはワンペースでなかなかペ
ースが変動しない。もちろん、そのことは先行馬にとってはタフな流れとなるこ
とで、ある程度のスタミナを要求することとなるが、同時に後方の馬にも単なる
決め手だけではなく、それなりの地力が必要とされるレースでもある。しかし、
それは結局杞憂に終わった。外を回して直線ではいつもの伸び脚。上がり3ハロ
ンは33秒3。後半の半マイルは46秒2と過去10回で最速タイの高速決着。
最後まで息が入らないペースでの差し切りはスプリントG1で見せてきたこの馬
の得意技。400m延長ぐらいでは、全く問題なし。最後はショウナンマイティ
の強襲にあったが、クビ差凌いで完勝。

スピードの持続力と決め手を併せ持つタイプ。スプリントカテゴリからマイルに
挑戦して成功するというのはなかなかない例だろうが、こういう競馬を観た後で
は果たしてスプリントがベストなのだろうかという疑問さえ浮かぶ。高速のペー
スで脚をためて使うというのは、今の日本競馬で理想的なタイプだろう。ダイワ
メジャー、あるいは現役ではロゴタイプ、昨年のカレンブラックヒルあたりのよ
うに一定のラップを刻み続けて押し切るという先行タイプのスピードスターは多
くいるが、同じぐらいスピードをもっていてさらに中団から差せるという二段ロ
ケットを持っている馬は少ない。その意味では、稀有なタイプといえるだろう。
距離については気性面も含めてもっと長くてもこなせる気さえする。ある意味で
はオルフェーヴルを超える、今までの日本競馬界にいないタイプなのかもしれな
い…。この後の路線選択が楽しみだ。岩田騎手のファイト溢れる騎乗も光った。
今回はマイル仕様の仕掛け。いつもなら、とにかく前の馬を自分のタイミングで
かわせばいいというレースだったが、今回は長い直線と距離延長を踏まえて「ゴ
ールから逆算して仕掛けた」とのこと。冷静に差し切った。

2着ショウナンマイティは昨年も狙っていたこのレースで好走。この馬も32秒
台という極限の決め手を使っているが、位置取りの差だろう。相手が悪かったと
言えばそれまでだが、距離がもう少しほしいところだろう。中距離カテゴリから
の参戦馬。異なる路線からの2頭がワンツー。混戦のマイル路線のレベルが問わ
れる結果ともいえる。3着はダノンシャーク。決め手勝負で持ち味が生きた。直
線で勝つ馬にぶつけられたのは若干残念だが、最後は離されているだけに現状の
力の差は大きい。最後、デムーロ騎手は岩田騎手に何を言っていたのだろうか…。

4着マイネイサベルは健闘。今回は脚をためる競馬で展開がはまった。前走は先
行して3着。しかし、陣営はその内容に不満だったか今回は差し。決して前走の
柴田騎手の乗り方は間違いではないと思うが…。どちらも展開に沿ったいい騎乗。
5着サクラゴスペルはスタートで後手も最後はインをついてうまく乗った。距離
は関係がないのだろう。意外に奥が深そう。6着ダークシャドウはこのペースで
は忙しすぎた。9着ダイワマッジョーレは上位馬とほぼ同位置ながら届かず。4
コーナーでやや外を回しすぎて遅れてしまったか…。ただ、上がりはこの中では
平凡な33秒6。58キロとこのレベルでの力の差もあった。

10着に終わった2番人気のグランプリボスはパドックからうるさかったが、こ
のペースでも折り合いつかず。以前、よくあった負けパターン。前に壁がつくれ
ずに前半で消耗してしまい、直線でもスムーズさを欠いた。注文が多いタイプだ
けに…。12着ナカヤマナイトは、タメができるペースでないと厳しい。その意
味では東京のマイルは合わないと思うのだが…。申し訳ないが、参戦する価値は
あったのだろうか…。東京なら中距離。中山ならマイルでも面白い気はするが。
14着カレンブラックヒルは成長力に疑問。こんな簡単に止まらないはず。ただ、
時計面での裏づけがなかったのも事実で。これぐらいなのかもしれない。

◆次回の期待馬-ロードカナロア

========================================================================
ご意見・ご感想や投稿はa_coffee_summer@hotmail.co.jpまで
結果・成績等は、必ず主催者発表のものと照合し確認してください。
メルマガを利用して発生した損害及び損益等は一切責任を負いません。
記事の無断転載は禁止します。
重賞の格付け標記は、昨年以降は新格付け、一昨年以前は旧格付けです。
過去のレースに関する記事中では当時のレース名、年齢標記を用いています。
「唯名論」はミリメートル氏に著作権が帰属します。
発行者 skipper's corp.
(skipper’s corp. are A, hako-o, sakuraba and S-san. )
HP  http://www.2n3.jp/i/ura 
マガジンID: 0000150903
このメールマガジンは『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/を利用して発行し
ています。
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000150903.htm
========================================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ